嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えの大事な部分を解説(要約・感想)

「嫌われる勇気」の概要

著書概要

題名 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

著者 岸見一郎 古賀文健
フロイト、ユングと並び、心理学の三大巨頭と称されるアルフレッド・アドラーの思想を紹介する本です。
自分に自信が持てず、自分の環境を嘆き、幸福感を感じられずにいる青年が、哲学者であり、アドラー心理学の使徒である哲人を訪ねます。
本書は、青年と哲人の忌憚のない対話形式により、アドラーの思想の考え方を掘り下げていきます。

世界はどこまでもシンプルである、人は変われる、誰もが幸福になれる。

問題は、色眼鏡を外して世界を直視する勇気があるか、自分自身の勇気の問題である。

アドラー心理学の使徒である哲人は断言します。

 

そこからアドラーの思想を考える夜がスタートします。

 

各章の構成と要点

本書の場合、要約を簡潔にしすぎると、一体何を書いているのかわからなくなってしまうため、ある程度詳しく書いてしまっています。

先に内容を知りたくない方は飛ばしてください。

第一夜 トラウマを否定せよ

アドラー思想の基本的な考え方として「目的論」があります。

目的論の反対は原因論であり、因果応報に代表される、私たちの多くが普段から持っている考え方そのものです。

 

トラウマは原因論の産物です。

「過去に何らかのトラウマがあり、外に出るのが不安になり、今引きこもっている」といったように今ある自分の原因を過去に求める考え方です。

 

通常、私たちにとって一般的な考え方ですが、これを真っ向から否定します。

過去に起こったことは、現在の自分と関係無い、過去の原因ではなく今の目的を考えるのが目的論です。

 

つまり、今引きこもっているのは、”引きこもることを目的としているからだ”という考え方です。

 

引きこもりたいから、不安という感情を作り出していると考えます。

 

更に言えば、今自分が不幸であると感じるのであれば、自らの手で「不幸であること」を選んだからということになります。

過去に起こったことをどう捉えるかは今の自分次第であり、結局自分が決定しているのです。

 

「大切なのは何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである」とアドラーは言っています。

多くの人が変われないのは、ひとえに変わることを選択できないからです。

勇気を出さないからです。

 

変わることで生まれる「不安」と、変わらないことでつきまとう「不満」。

いつも後者を好んで選択しているということです。

 

第二夜 すべての悩みは対人関係

アドラー心理学の根底となる概念です。

すべての悩みは対人関係にあり、完全に個人的で内面的な悩みなど存在しないとしています。

そして他者との競争意識が悩みや不幸に繋がるとしています。

 

対人関係の軸に競争があると、人は対人関係の悩みから逃れられず、不幸から逃れることはできません。

 

人と比べて勝った負けたという軸があると、周りの人のことをみんな敵だとみなすようになります。

社会的成功を収めながら幸せを実感できない人が多いのは、彼らが競争の中に生きており、敵で溢れた世界にいるからだと哲人は話します。

 

競争の軸で考えなければ、人々は自分の仲間なのだと思うことができ、世界の見え方は全く違ってきます。

競争の意識を持たず、権力争いに挑まないことが重要です。

 

アドラー心理学では、他者を敵ではなく仲間だと思えるようにするための、行動目標と心理面の目標があります。

 

行動面の目標

①自立すること

②社会と調和して暮らせること

心理面の目標

①わたしには能力がある、という意識

②人々はわたしの仲間である、という意識

これらの目標に対して、「人生のタスク」と呼ばれる人間関係の課題に、逃げることなく向かい合うことで達成できるようになります。

 

すなわち、仕事のタスク、交友のタスク、愛のタスクの3つです。

 

仕事の関係、友人関係、そして夫婦、家族関係それぞれに、逃げることなく関係を構築することです。

どんな素晴らしい人であっても、欠点をあげようと思えば、いくらでもあげられるものです。

つまり世界は簡単に敵だらけになる可能性に満ちています。

 

人は容易にそちらに、つまり欠点をあげつらい敵とみなす方向に逃げてしまいがちです。

そうなることを回避し、仲間であるという意識、対等な関係を構築しようと決断できるのは、他でもない自分自身です。

他人や環境のせいではありません。

 

第三夜 他者の課題を切り捨てる

アドラー心理学では承認欲求を否定します。

人の評価を求めることは、人の人生を生きることに他ならないからです。

 

承認欲求がもたらす危険性は、褒めてくれる人、認めてくれる人がいなければ、適切な行動を取らないということです。

他人の期待を満たすために生きるのではなく、自分自身の価値観に沿った人生を生きることが大事だという視点です。

 

そこで出てくる概念が「課題の分離」です。

 

自分の課題か、他者の課題かを明確に分類し、他者の課題には踏み込まないことです。

他者の課題に踏み込むことで争いや軋轢が生まれ、人間関係の悩みに繋がります。

 

誰の課題かを見分ける方法はシンプルです。「その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か?」を考えてください。

 

「勉強しなさい」と親が子供に言うのは、親が子供の課題に踏み込んでいるということになります。

しっかりと見守り、気にかけ、必要な援助はしますが、最終的に勉強をすることを選ぶのは子供です。

 

まずは自分の課題と他者の課題の境界線をしっかり引くことから始めます。

 

人間関係に話を戻すと、自分のことを他人がどう思うかは他人の課題であり踏み込んではならないのです。

自分の価値観に集中することです。

 

そうなれば今よりも他人に嫌われることは多くなりますが、対人関係の悩みから解放され、自由を手にします。

 

幸せになる勇気とは、嫌われる勇気でもあるということを哲人は言っています。

 

他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない。つまり自由になれないのです。

 

第四夜 世界の中心はどこにあるか

対人関係のスタートは、前章の「課題の分離」です。

そしてゴールは「共同体感覚」とされています。

悩みの源泉が対人関係にあるように、幸福の源泉も対人関係にあります。

他者を仲間だと見なし、そこに「自分の居場所がある」と感じられることを、共同体感覚といいます。

 

自分の居場所があると感じることは、すなわち、自分が共同体に対して貢献できている価値のある人間だと主観的に思えることです。

 

そこで初めて自らの価値を実感することができます。

共同体感覚を養うためのアプローチとしていくつか紹介されています。

 

一つ目は、「自己の執着」(自己中心的)から「他者への関心」に切り替えていくことです。

 

前章で承認欲求を否定し自分の価値観に沿った生き方を提唱しながら、ここでは、他者への関心が語られます。

一見矛盾に思えますが、説明としては以下の通りとなっています。

 

承認欲求を持つ人は、他者を気にはしているが、その実は自分の評価、見られ方を気にしているのであって、自己の執着に他ならない、ということです。

よって他者への関心への切り替えにあたり、承認欲求は排除すべきものということになります。

 

その上で、自分は共同体の一部であり、世界の中心にいるわけではないという認識を持つことが求められます。

共同体の一部として、他者にどう貢献するか、与えていくか、すなわち「人生のタスク」に挑んでいくことが必要になってきます。

 

もちろん、人生のタスクにおいて、不要な関係も出てきます。

例えば、正当に意見を述べることによって崩れてしまう程度の関係なら、こちらから捨ててしまってかまわないと述べられています。

 

共同体はいくつも存在し、大きな枠組みでは、国家、世界、宇宙も含めて共同体と認識できます。

迷った時は、より大きな共同体との関係を意識することを勧められています。

 

二つ目は、横の関係を築くことです。

縦の関係は上下関係であり、褒める、叱るなどの行為を伴います。

これらの行為の背景にある目的は、相手を操作することです。

課題の分離ができていない状態です。

 

劣等感も、競争意識も、そもそも縦の関係があって生じてくる意識です。

「お互い違った人間だけど、対等」という立場に立ち、縦の関係から抜け出すことが必要です。

 

三つ目は、勇気づけのアプローチです。

これは横の関係を築いた先にあり、「ありがとう」、「嬉しい」など、上下関係の評価を伴わない感謝の言葉です。

これを聞いたときに人は、他者に貢献できていることを認識します。

 

以上のようなアプローチにより、共同体にとって有益なのだという意識を醸成することができ、仲間がいる居場所を見つけることができるようになります。

 

第五夜 「いま、ここ」を真剣に生きる

まず前章の補足を兼ねて、「他者への関心」へ移行するための方法が示されます。

必要になるのが、「自己受容」、「他者信頼」、「他者貢献」です。

 

自分の状態を正しく認識すること、他者を無条件で信頼すること、他者に貢献している自分を実感することです。

 

この前提がなければ、共同体感覚には到達することができません。

そして、最終的に哲人は幸福を次のように定義します。

幸福とは、貢献感である。

 

本当に貢献できているかについての結果は、目に見えないことがあり、また他者が決めることです。

「感」とついているのは、貢献できたという主観的な感覚をもって貢献とみなすという意図があるからです。

 

共同体感覚を目指すために身につける他者貢献からくる「貢献感」こそが幸福であると定義しているのです。

 

最後に、哲人は、人生を刹那の連続として捉え、今この瞬間を真剣に生きることの重要性を説きます。

 

原因論的な考え方における人生は過去から現在、未来へと繋がる一つのストーリーとして認識されます。

一方、アドラー心理学では、過去と現在の関係は無く、未来への繋がりもありません。

 

今、ここにいる自分の選択にのみスポットを当て、全力を出していくことが大切であるという考え方です。

今、ここを真剣に生きないことを「人生最大の嘘」と呼び、過去を引きずること、未来を見てばかりいることを批判します。

 

哲人は、「人生の一般的な意味は無い、人生の意味は自分で与えるものだ」というアドラーの言葉を引用します。

自分が変われば、世界が変わるということを青年は再確認し、二人の長い対談は幕を閉じます。

レビュー・感想

本書を読んだきっかけ

本書が発売されて間もないときに、何気なく題名が気になり購入し、一度読んだことがありました。

私が以前本書を読んだとき、自分の中で改善したいポイントは、敵対心という軸でした。

本書は、原因論的な考え方を否定し、目的論に基づき考え方が展開されるところから始まります。

 

現在の世界に生きる私たちの考え方とは大きく異なる視点で語られている点に衝撃を受けました。

「人は誰でも、今日からでも、この瞬間からでも幸せになれる」という立場をアドラー心理学はとっています。

これを聞くと、非常に簡単なことのように思えるのですが、そのためには、今までの考え方やモノの見方を一新する必要があります。

 

論理としては非常に明確に書かれておりわかりやすいのですが、実践するには大変な根気と困難と時間が必要なように感じました。

月日が経つにつれて、その斬新な考え方は、私の頭から離れていき、気づけば、思い出すことも無くなっていました。

 

発売から5年以上経過した今でも、書店に行くと本書は目立つところに置かれています。

それだけ多くの人を惹きつけているのでしょう。

 

当時、アドラー心理学に興味が湧いたため、関連するような本を数冊読みましたが、本書が一番わかりやすく、アドラー心理学の要点が詰まっていると感じました。

そこで、購入してから5年近く経った今、もう一度読み直してみようと思ったのです。

 

感想

一読して、新しい発見があったように感じましたが、内容を頭の中で繰り返し吟味するうちに少し混乱を覚えたのも事実です。

世界はシンプルであるということは、他人ではなく、自分次第で世界の見え方や繋がり方をいかようにでも決められるということだと解釈しています。

 

複雑で敵意ある人に囲まれているような世界も、シンプルで友好的な世界も自分の考え方次第であるということです。

 

本文中の青年同様、頭の中で理解することまではできるものの、これらを行動に移して、さらに継続していくとなると、途轍もないパラダイム変換を迫られることになります。

 

最終的な、共同体感覚、他者への貢献感を持った時に、果たしてそれが幸福となるのか、その結論にも疑問を拭い去ることはできません。

 

競争意識を全てにおいて排除して、権力争いから身を引く、横の関係を築き、勇気づけのアプローチや他者への関心を高めて、他者を仲間だと認識する。

これが本当に現実社会において遂行できるのか。

 

特にビジネスをする人、ビジネス集団において成立するのかという疑問です。

新しい視点を吹き込まれた反面、何となく腑に落ちない気持ちになったというのが正直な感想です。

 

一方、少しずつでも、自分の考え方に取り入れていけそうな学びがあったことも事実です。

主に序盤の考え方です。

 

目的論的な考え方、課題の分離、横の関係を作ること、勇気づけのアプローチ。

これらは、人のせいにしない生き方、人に過度に依存しない生き方、対等な人間関係を作ることに大いにためになる考え方です。

実行してみる価値は十分あると思います。

 

まずは、家族や交友関係、地域社会など入りやすいところから実践していけるのではないかと考えています。

大きな共同体において、より多くの他者を仲間だと思えるようになるのには時間が相当必要でしょうし、そのような境地になれるのかどうかもわかりません。

 

しかし、まずは小さな共同体における他者貢献、仲間意識、共同体感覚を身につけるだけでも、今とは随分世界が変わってくるのではないかと思い直してみたのです。

 

もともと、原理原則として物事は表裏一体です。

不幸があるから幸福という概念が成立し、敵がいるから仲間を認識することができます。

 

そう考えた場合、いきなり大きな共同体、例えば会社全体、地球全体の中で考える必要はなく、

敵がいて競争のある共同体があってもかまわないと勝手に解釈しました。

 

少しずつ、自分の居場所となる共同体と共同体感覚を大きく育てていくことが現実的であり、正しい進み方なのだと思います。

まずは、変わるという決意をすることから始めて、根気強く、反省を繰り返しながら改善していくことが必要なプロセスです。

 

賛否両論ある内容で、人によっては理解に相当苦しむような箇所も本書には存在しますが、人間関係を築く上での重要なエッセンスがあることにも気づきます。

知識として知っているだけでは本書は何の意味も持たないことは5年間経過してよくわかっています。

 

読んでみて損することはないはずです。一度ご覧になってはいかがでしょうか。

 

嫌われる勇気

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

他にもオススメの本、話題の本を紹介していますので、こちらも興味のある方はご覧ください。

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。今回は、中村天風さんの名言が詰まった、「幸運をひらく166の言葉」という本を紹介します。心の状態が不安定な時に読むことをおすすめします。中村天風 幸運をひらく 166の言葉(著者)中村天風 (公益[…]

中村天風
あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。歴史に興味を持つのには、ある程度きっかけが必要です。学校の授業や受験の記憶がある人の中には、歴史が好きではないという人や意味がないと考えている人もいるのではないかと思います。 […]

坂の上の雲 あらすじ
あわせて読みたい

カーネギーの人間関係論の名著「人を動かす」こんにちは!Jimmyです。人間関係の秘訣が書かれた名著、「人を動かす」(原題:How to win friends and influence people)。1936年の発行[…]

人を動かす カーネギー
あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。哲学は、古代ギリシャ哲学がよく知られていますが、長い歴史の中には様々な哲学者がいます。普段生活していても、ことあるごとに、昔の哲学者の言葉が引き合いに出されることも少なくありません。&nb[…]

哲学 入門

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

嫌われる勇気
最新情報をチェックしよう!