MONTH

2022年1月

  • 2022年1月17日
  • 2022年1月17日

『罪と罰』(ドストエフスキー)という文学との接し方

ドストエフスキー作の名著と言われているものの、長くて、内容も暗いことから手を伸ばしにくい「罪と罰」。控えめに言っても、読んでいて憂鬱な気持ちになりますが、その分考えさせられることも豊富にあります。一つの読むきっかけとして私なりに紹介します。

  • 2022年1月10日
  • 2022年1月10日

周りと同じという安心と違うという幸福

周りと同じであるという状況は安心感をもたらします。違うと不安になるものです。一方で、少なからず他者との違いにより、自分に優越感や幸福感を感じることもあります。周りと違うことをする意識は今を生きる上で大切な感覚です。

  • 2022年1月3日
  • 2022年1月3日

大事なことは何度でも繰り返し学ぶべき理由

大事な根本的なことほど、完璧になることはありません。自分は知っている、できるから学ぶ必要はないという考えがもっとも危険です。当たり前のことほど、何度も学び、考え実践する姿勢が肝心です。