CATEGORY

政治経済

  • 2020年6月24日
  • 2020年9月3日

選挙で誰に投票すればいいのか選び方がわからないという人へ

選挙のたびに、どの候補者に投票すればいいのか選び方がわからない、そもそも興味もないと考えている人も少なくありません。何を見て、どう決めていったらよいのか、選び方の一例を示すとともに、なぜ今後選挙に投票すること、候補者を考えることが必要であるかについても解説します。

  • 2020年4月29日
  • 2020年8月20日

MMT(現代貨幣理論)とは何か?超入門編、経済の仕組みを考えるきっかけに!

財政赤字を気にせず、国債を積極的に増発しても問題ない、景気刺激策をするべきであると主張するMMT(現代貨幣理論)とは何か、そして従来の主流経済学の考え方との違いや実現性について解説します。非常に面白い理論であるため、従来の経済常識との違いを整理して関心を深めるためにいい教材であると思います。

  • 2020年4月13日
  • 2020年8月16日

バーニー・サンダースの人生とは?政策と一貫した考え方を振り返る

バーニー・サンダースの人生と成果を自伝をもとに振り返ります。無所属でバーリントン市長として、そして唯一の連邦議員としてどのように政策を実現していったのか、そして一貫した経済的公正、弱者視点での主張はいかにして作られ、貫かれたのか、大事を成すための考え方や行動には学ぶべき点が大変多く含まれています。

  • 2020年2月26日
  • 2020年8月4日

信用創造は今後必要なくなる?資本主義の成熟と銀行の役割

デジタル通貨の議論をしていると必ず出るのが銀行の信用創造機能がなくなるとどうなるかという問題です。信用創造とは何か、今後必要なくなるのか、銀行の将来はどうなるのかについて、資本主義の成熟と経済発展、フィンテック技術の発展などの観点から元銀行員として解説します。

  • 2019年12月2日
  • 2020年7月14日

人権?経済?香港問題を巡るアメリカ、中国の立ち位置と狙い

香港人権法案が可決されました。デモが断続的に発生していたのは知っているが、アメリカも登場して複雑になっていると感じている人もいると思います。なぜアメリカが関わってくるのか、米中貿易戦争と何が関係しているのか。香港問題を巡る、アメリカ、中国、香港の立ち位置とそれぞれの狙いを簡潔に整理します。

  • 2019年7月8日
  • 2020年6月5日

ウイグル弾圧に見る中国の不確実性と日本の立ち位置

中国のウイグル自治区の弾圧がまた激しくなっているようです。中国の経済成長と今後の世界における役割を占う上で、最も気になるのがウイグル自治区をはじめとする民族問題です。これらの問題を解決できたときに、日本は中国と真に協調していく局面に入っていくのかもしれません。日高義樹氏の著書を参考に考察します。

  • 2019年6月21日
  • 2020年5月31日

中国の不動産価格はなぜ今も急落していないのか?

中国の不動産はバブルで崩壊寸前だと言われて久しいですが、今でもなぜ不動産価格が下落していないのか、実際に住んで確かめた現地の状況をもとに理由を紹介します。中国政府の不動産価格に対するコントロールは細部にまで及んでおり市場に任せることはありません。

  • 2019年5月29日
  • 2020年5月21日

政治のニュースにそろそろ注目したほうがいい理由

政治のニュースを見なくても、あまり変わらない時代が幸せだったかもしれません。過渡期の時期だからこそ政治動向に注意してある程度の見識を持っておくことが必要です。自分を守ることに繋がります。考えないと取り残される時代が来ています。

  • 2019年5月16日
  • 2020年6月24日

アベノミクスは失敗なのか?これだけは知っておくべき結果

アベノミクスにより株価が上げって企業利益も増えました。しかし新たな投資先も無く内部に溜め込み、従業員に還元しなくなりました。実質賃金は下がり続けています。アベノミクスは失敗だったのか、今までの成果を振り返ります。