食生活改善を今日から実行すべき理由、食の管理も自己投資!

たまたま参加したイベントにて得た気づき

こんにちは!Jimmyです。

先日、とある縁で、映画の上映イベントに参加しました。

内容に特段興味があったわけではなかったのですが、推薦者が強烈に推してくれていたため参加してみようと思ったのでした。

 

イベントの趣旨は長くなるので省略しますが、食について圧倒的な刺激がありました。

映画は、その名も「美味しいごはん」

大阪に実在する「御食事ゆにわ」というお店の店長ちこさんを追いかけたドキュメンタリーです。

 

ゆにわは、いわゆる「厳選された食材」を使用した家庭料理(日本人食)を提供するお店です。

まず、お米や野菜をはじめとする食材、水、作り方、そして食を大切に思うことへのこだわりがすごいのです。

「食べ方を変えれば、生き方が変わる」と仰るちこさん。

 

見ていると、「ゆにわ」に行くためにわざわざ大阪(楠葉)に引っ越しをした人、出世路線を断ち切ってゆにわに参画した人、ゆにわの食事を口にして涙を流す人、不登校児童が心を開くようになったなど、にわかには信じがたいエピソードが放映されていました。

 

ちこさん自身も、過去に人生につまずいた時に、美味しいおむすびと出会って人生が好転したとのこと。

事実として、上映後にちこさん本人と、関係する人たちが登壇されていましたが、生き生きとした態度と笑顔、その雰囲気を見るにつれて、大げさな表現ではなかったのだと思えるようになりました。

 

食に対して、それほどの影響力があると自信を持って話している様子はある意味カルチャーショックでした。

意識を変えるにあたり、大変いい機会だったと思います。

 

これを見た後は、ご飯を炊くこと、料理するとき、食べるときに、少しだけ気持ちが入るようになりました。

ある意味意識革命です。

中年のサラリーマンは不健康集団だった

普段の食生活にどれほど気を使っているでしょうか。

食事は本当に大事だとつくづく思います。

 

結婚している人は、家族がご飯を作ってくれたり、栄養のことをしっかり考えたりしてくれるかもしれません。

一人暮らしをしている人は特に、普段の食事に偏りが生まれがちです。

家族がいても仕事が忙しかったり、飲み会などお付き合いの機会が多かったりすると、食生活は乱れていきます。

 

私もサラリーマンをしている頃、毎年健康診断を受けていたのですが、職場では、悪い結果の慰め合いや不健康自慢が行われていたことを思い出します。

20代の人はまだまだ健康な人が大半なのですが、40代以上になると、多くの人が数値を悪化させています。

 

お酒の席が多かったり、残業が多く、夕食を食べる時間が深夜になったり、運動不足になったり、ストレスを溜め込んでいたりと、不健康になる要素はいくらでも挙げられます。

 

多くの人が、健康診断でA判定やB判定にならないのも納得できます。

たまに見かける程度で、ほとんどの人は再検査が必要というC判定以下の結果でした。

 

長年積もりに積もった生活習慣によって、身体はどんどん蝕まれていくのです。

生活習慣、身体を司る最も大きな要素は食事です。

 

毎日飲み歩く、深夜に夕食をとる、朝食を食べないなどの習慣が長年続いた結果、中年になると、驚くほど身体に影響を及ぼすことがわかります。

普段はあまり気にしないので、(もしくは気にしていられないので)気づいたら健康を害していたという人が非常に多いように感じます。

 

私がいた職場では、多くの人が40代、50代で急に老け込んでいきます。

50代に入れば、もう人生下り坂で、引退を待つのみといったような哀愁すら漂わせていました。

 

今の時代、50代でも60代でも若々しい人はたくさんいます。

大変生き生きしており年齢を感じさせません。

そのギャップに驚きを隠せません。

 

そのような事例を見聞すると、当時の職場にいる不健康自慢の人たちは、そんな人生で本当に満足なのだろうか?と疑問に思いました。

疑問どころか、恐怖に感じていたのを思い出します。

 

私もサラリーマンをしていた頃は、30代手前で健康診断はC判定になり、その後悪化の一途を辿っていきました。

忙しい中でも、健康的な食事の重要性を定期的に見直すことが必要です。

食生活の改善は、そのまま人生を左右するような重要な要素であると思います。

食生活 改善

自分を酷使することに酔っていませんか?

日本人のサラリーマンに多い感覚をズバリ申し上げます。

自分を酷使することに酔っている人が大変多いです。

 

忙しくしていてご飯を食べられなかった、残業が何日も続いている、それでも飲みに行って睡眠時間も少ないなど、武勇伝のように語る人、嬉しそうに語る人が非常に多いのです。

あたかも、身体を酷使していることが、勲章であるかのように話していて満足そうです。

 

とにかく、たくさん会社にいて働く人が評価される伝統が息づいている日本社会です。

自分の満足感、達成感を長時間労働や身体を酷使することに置き換えている人が発生する要因です。

これは考えものです。

 

本当に身体を酷使する場面なのかどうか、よく考えてみるべきです。

付き合い残業や、大して重要ではない会議資料、月に何度もあるお付き合いの飲み会に参加することが、そんなに大事な使命なのでしょうか。

酷使し結果として得られるものは何なのでしょうか。

乾坤一擲!人生の勝負時はいつ?

乾坤一擲

日々の食生活を改善することは未来の自分への投資と同じです。

自分の人生のピークはいつになるでしょうか。

サラリーマンをしている人で、今がピークだと言える20代の人はほとんどいないと思います。

 

踏ん張らなければならない局面はきっと十数年、もしくは数十年後にやってくることでしょう。

 

その時に、身体が健康でなければ何もできません。

気力も湧きません。

踏ん張りがききません。

 

英語や資格の勉強に費用も時間もかけている人は多くいますが、食生活に投資する人は少ないように感じます。

投資といっても、高いものを買う必要はありません。

 

お酒を適量に控えたり、深夜の暴飲暴食をやめたり、朝食をとるようにするなど基本的なことを実行するだけです。

 

アスリートの多くは、若いうちが人生のピーク(少なくともアスリート人生においては)です。

まさに勝負の時期です。

そのため、アスリートたちは、食事による身体の管理に人一倍気を使っています。

 

ピークがまだ先にあるはずの多くの若手サラリーマンが、若い時期を不健康になるような食生活を送っていては、肝心な勝負の時に力を発揮することなく終わってしまうでしょう。

これは人生において本当に残念なことです。

食生活改善には新たな気づきを!役立つ方法をご紹介

食生活の改善

不健康になりたい人などいません。

健康のためには食事が大変重要なことは誰もが知っています。

 

わかっているけれど、習慣はなかなか変えられないというのが正直なところではないでしょうか。

 

仕事も忙しく、プレッシャーもある、朝も早いし、付き合いもある。

しかも今は、健康である(目立った異常は見えない)。

 

食生活の改善がどうしても後回しになってしまう原因はここにあります。

緊急性がありません。

そんな時は、新たな価値観や、新たな気づきを得ることが必要です。

 

何となく食生活を改善する必要性を感じていても、何もしないまま気がつけば年齢を重ね体調に異変をきたしているということになりかねません。

 

新たな価値観や気づきを得て、すぐに今日から意識するように動くべきです。

病気になって初めて気づくようなショック療法では遅すぎます。

 

というわけで、冒頭の映画に戻ります。

この映画「美味しいごはん」を見ると、とりあえず、食べ方を変えれば生き方が変わるという、普通に生活していては信じられないことを信じる気持ちになります。

少なくとも健康な食事への関心は高まります。

 

新たな気づきと価値観が、刺激として脳に植えつけられている状態です。

このような状態の時にこそ習慣は変えられます。

 

一日の最初に食べるものの選び方、食材への見方、考え方を変え、映画を真似して作るようにしていると、

何だか本当に美味しくなるように思えるのです。

「食」への考え方を変えていくチャンスになります。

 

今後も、上映イベントが不定期に行われているようですので、興味がある方は是非ご覧になってください。

きっかけを作るのに大変良い機会になるはずです!

 

HPがありました。ご参考までに。 https://oishi-gohan.com/

 

この映画の良いところは、前向きなところです。

食生活改善というと、「今のままの食生活を続けると病気になる」とか、「健康を害する」、「偏った食生活を何十年続けた人の末路は・・・」のように、恐怖を煽って、改善を促す方法が多くあります。

 

一方、この映画では、食に対する素晴らしさ、意識の持ち方などを前向きに変えてくれる構成になっているので、気持ちも前向きに、そして楽しく変えることができるのではないかと思います。

 

食生活を改善することも自己投資の一部です。

いいモチベーションを保って、来るべき勝負の時に力を発揮できる自分を作っておきましょう。

 

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

あわせて読みたい

心技体で疎かにされがちな「体」こんにちは!Jimmyです。今回は心技体の大切さと、その中でも「体」への関心を高めることの大切さについて書いていきます。 スポーツの世界で結果を残し続け[…]

心技体
あわせて読みたい

外国人からも不評、日本人の酔っ払いが迷惑な理由こんにちは!Jimmyです。飲み屋さんが立ち並ぶ繁華街を夜歩いていると必ずと言っていいほど見かける酔っ払い。 忘年会シーズンや、休み前になると、泥酔して大騒[…]

酔っ払い 迷惑

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

食生活 改善
最新情報をチェックしよう!