哲学入門、短時間で主要な哲学者の要点を学びたい人におすすめの本

こんにちは!Jimmyです。

哲学は、古代ギリシャ哲学がよく知られていますが、長い歴史の中には様々な哲学者がいます。

普段生活していても、ことあるごとに、昔の哲学者の言葉が引き合いに出されることも少なくありません。

 

今回は、古代ソクラテスから最近まで、主要な哲学者の考え方の要点を、1冊で学ぶことができる本を紹介します。

「自分の頭で考えたい人のための15分間哲学教室」という本です。

まさに入門編、人間・人生の様々なテーマを考えるきっかけとして適した本であると思います。

 

哲学の必要性

哲学は、宇宙の真理、存在とは何か、何が存在しているのかといった根源的な問いに始まり、人間とは何か、何のために生きているのか、存在意義とは何か、そして人生観そのものに行き着きます。

哲学について、過去には様々な哲人が色々な考え方に基づき世界のあり方や物事の存在について議論されてきましたが、なぜそんなことを議論する人が昔から絶えないのか。

それは、哲学は自分の生き方を考える上で必要であるからです。

 

本ブログでは、生き方、働き方、リーダーシップ、資本主義などを主なテーマに扱っていますが、これらのことを考えていれば、哲学はまず無視できない分野と言えます。

いきなり、目に見えるものは全て存在しているのかという問いから始まることはありませんが、自分のやりたいこと、価値観、生きる意味などを考えていれば、多くの場合本源的な問にたどり着くことになると思います。

そこで自問自答し、また他の人の考え方をよく聞いて、そしてまた考えていくことで、自分の軸となる考え方が出来上がって、そしてそれが信念となってブレない自分が形成されていくのだと思います。

 

それは、知識や技術と同じくらい、またはそれ以上に重要であり必要なものです。

迷った時に決断のヒントとなり、進んでいく原動力となるのは技術やノウハウではなく、その人の信念そのものだからです。

 

哲学は入りにくい、難解で、敬遠される

哲学は自分の生き方を考える上で必要だとわかっていても、これまでの人間の歴史における様々な哲学的な考え方を本から学ぶむのは容易ではありません。

そもそも証明のしようがなく正解がない上に、概念が私たちの日常生活から随分離れているため理解もしにくいと言えます。

 

私も高校生の時に、ある哲学の本を読んだ時に、すぐ挫折したことがあります。

ソクラテスとプラトンあたりの考え方を詳しく読んでみたのですが、イデアの説明だけで随分拒否反応を示していたのを覚えています。

 

難解で、しかも答えがないところにのめり込んでいける人は良いのですが、そうではない人の方が大多数です。

まして、現代社会で職を得たり、仕事をしたりする上では必要のないものとされてしまう傾向にあり、実際に求められていることは、技能でありコミュニケーション能力であり、合理的な思考であったりします。

 

そういった社会の必要性に応じた”能力”はわかりやすくもあるのですが、

哲学のような本源的な問題を考えたことがないと、困難な場面で、簡単に目的と手段を混同してしまったり、自分が何をするべきなのか、自分にとって大切な行動は何かを判断できなくなります。

事実、そんな状態に陥っている人が少なくないと思います。

 

会社の規則に従って、利益に貢献することは間違いなく正解なのか、お金を持っていれば幸せなのか、自分が思っている正義は本当に善なのか。

これらの問や常識に疑問を持って考えてみることができる人は、

組織をまとめる側からすれば面倒な存在になりがちであることも注目するべきポイントです。

歴史を振り返れば明らかですが、為政者が、思考や思想を促すような知識層を迫害する例もあるほどです。

 

だからこそ、基本的に組織にいると、このような根本的な問には行き着かないように、絶対的な規則、方針を人に与えて疑問を持たないように、ある意味考えないように仕向けているわけです。

そのような角度から見ても、哲学は入りにくいと言えるかもしれません。

 

哲学の入門編としてぴったりの本

『自分の頭で考えたい人のための 15分間哲学教室』

自分の頭で考えたい人のための 15分間哲学教室

アン・ルーニー著

本書の概要

章ごとに27のテーマが設けられています。

各テーマ毎に、主要な哲学者数名の考え方が示されています。

 

より根源的なテーマで言えば、『あなたが「あなた」である理由』(第7章)、『「森の中で倒れた木」は存在するのか』(第2章)のように存在や意識、魂についてのテーマがある一方、

『「平等」は難しい』(第20章)、『「戦争」と「恋愛」ではすべてが許される』(第18章)など、より日常に近く善悪や正しさの定義を考えさせられるようなテーマ、

『新しいiPhoneはあなたを幸せにするか』(第10章)、『人間はAIを恐るべきか』(第23章)のような現代風のテーマも設定されています。

 

登場する哲学者は、ソクラテス、プラトン、アリストテレスなどの古代ギリシャの哲学者から、近現代の哲学者まで含まれています。

中世期のアクィナス、ホッブズ、近代期のデカルト、スピノザ、カント、19世紀以降では、ニーチェ、フロイト、ハイデガーなど多くの哲学者の考え方に触れることができます。(ここに書いたのは特に有名な哲学者ですが、その他にも多くの考え方が示されています。)

 

本のタイトルにもある通り、おそらく1章は15分足らずで読めるような内容になっています。

途中で「もういいや」と挫折することも少なくなるはずです。

 

おすすめの理由

短時間で要点をおさえる

わかりやすくテーマが設定されているおかげで、要点について短時間で学ぶことができ、そして考えることができます。

一つのテーマに、主要な哲学者の考え方が複数示されているため、違った角度から考えることができる点もポイントです。

何より、1章あたり15分程度で読めるため、1つのテーマで思考があちこちに飛んだり、別のテーマが混ざったりすることがありません。

おそらく深掘りしていけばどんどん難しくなるのでしょうが(各哲学者の著書を原文訳等で読めば、果てしなく長い時間がかかる)、ポイントが絞られているため、読む側としてはありがたいと言えます。

余談ですが、本書は日本語への翻訳も上手にわかりやすくされている印象です。

 

好きなテーマから読んで考える

テーマが細かく27に分けられているため、自分の好きなテーマから入っていけます。

より根源的なテーマに興味がない人は、後半の身近に感じるテーマから読んで問題ない構成となっています。

逆に最初の方はより観念的な話が多いので、苦手に感じる人は後半の面白そうなテーマから入っていくほうがよいと思います。

例えば、第16章、『「魔女」を火あぶりにすべきか』は、善悪の基準や、正しいことはいつの時代も正しいのか?

といったテーマになっています。

普段、当たり前のように正しいこと、善いこととして考えている行動や道徳的視点についてもう一度考えることができておすすめです。

 

難解な部分を現代の視点で解説

昔、哲学に関する難しそうな本を読んだとき、「結局読んでも、理解できたのかわからない」という感想を持つことがありました。

そうなると、せっかく読んでみたものの、最も大事な”自分で考える”ことをしようと思えません。

それではあまり意味がありません。(難しい文章を読む練習にはなると思いますが。)

古代の文書も、近代の文書も、現代の視点で考えられるように最初から示されているおかげで、思考にスムーズに移ることができます。

重要なのは、それぞれの哲学者の考え方を理解することではなく、自分で問題意識や疑問が浮かんで考えてみることだと思います。

その問題提起を最初からしてくれているという点で、入門編、ちょっと教養として考えてみようという人にとってぴったりの本と言えるでしょう。

 

最後に

哲学者の考えには、最初に必ず、疑問や問があります。

繰り返しますが、考え方を学ぶことよりも、今まで当たり前だと思っていたテーマや、考えたこともなかった視点について、自分で考えてみることに意味があると思います。

1つ1つのテーマは短く区切られていますが、古代から現代までの主要な哲学者の考え方に触れ、要点を理解し、自分自身で考えることを促すのに適した本であると思います。

教養として、入門編として、考え方の整理として、自己啓発として、興味のある方は読んでみてください。

 


 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

読書、おすすめの図書について他の記事はこちら。

あわせて読みたい

人生を変えるために本の力は絶大であるこんにちは!Jimmyです。人生を変えるために、自己啓発セミナーや書籍にきっかけを求める人は多いと思います。私も、サラリーマン時代、これらのものに頼りながら自分の人生を考え続けてきまし[…]

自己啓発 本 おすすめ
あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。今回は、読むと、不思議と心が軽くなる作家・佐藤愛子さんの本「人間の煩悩」を紹介します。窮屈な社会で狭い視野、固定観念にとらわれている人生観から少し離れて、人間の本質を考えさせてくれるような言葉が詰[…]

人間の煩悩
あわせて読みたい

「道は開ける」著書概要こんにちは!Jimmyです。今回は、自己啓発分野で時代を超えたロングセラーを誇るデール・カーネギーの名著の中から、「道を開ける」(How to stop worrying and start living […]

道は開ける カーネギー

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

哲学 入門
最新情報をチェックしよう!