仕事の効率化のため脳の働きを理解する、夜と朝に適した仕事は?

脳内物質の存在と作用について

こんにちは!Jimmyです。

脳の働きを理解して、仕事を効率化させる方法を紹介します。

 

脳内物質の効果にあわせて仕事の内容を振り分け、効率化してしまおうというものです。

アドレナリン、セロトニン、エンドルフィン、ドーパミン、アセチルコリンなどです。

 

興奮しているときに、アドレナリンが出ているとか、

セロトニンが分泌されると心穏やかな状態になれるとか、

何かしら脳内物質と効果について、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

そんな脳内物質は、当然、その人がおかれる環境によって分泌量が左右されるのですが、時間帯によっても分泌量が異なり、それぞれ役割を持っているようです。

 

それであれば、それを上手く利用して仕事の効率を上げない手はありません。

 

そんな思いで、脳内物質と関連した仕事術の書籍を好んで読んでいます。

普段私たちの思考と行動は脳が司っています。

 

興奮するときも、幸せを感じるときも、恐怖を感じるときも、モチベーションが湧くときも、いつも脳が様々な物質を分泌し、作用しています。

 

根性論も大切ですが、脳内物質を上手く機能させるよう考える方が有効だと思います。

今回は、「仕事」という範囲に絞り、脳内物質の理にかなった仕事術を考えてみたいと思います。

仕事の効率化は午前に論理、午後に創造

 

脳の働き

複数の書籍などを参考にしてみた結果、すぐに活用でき、効果がありそうな脳の働きを1つピックアップしてみました。

 

午前中は論理的思考、午後から夜にかけては創造的思考を必要とする仕事をするのが良いということです。

 

以下は、樺沢紫苑さんの著書をもとに書いています。

 

午前中の脳は、睡眠によって前日の記憶が整理されている状態。

脳の作業効率は高まっている状態であると言えます。

 

脳内物質的には、セロトニンやドーパミンなどのアミンが優勢

この状態で向いている作業は、整合性、緻密さ、論理性と高い集中力が要求される高度な作業です。

 

例えば、文章を書く、論理的で冷静さを必要とする重要な決断、目標設定、計画立案などです。

 

一方、午後になると脳は疲れてきて、高度な論理的な作業効率は低下していきます。

その変わりに、アセチルコリンが活性化します。

 

アセチルコリンの活性化により、シータ波が出やすくなります

ひらめきや、斬新な発想が得られやすい状態のため、クリエイティブな作業に向いています。

 

脳の疲労により、論理的思考力が緩んでいることも作用し、論理にとらわれない柔軟な発想ができやすくなります。

 

そういうわけで、朝は文章を書いたり、重要な決定事項を検討したりするのが正解となります。To Doリストを作成するのもよいかもしれません。

午後は、人と会ってインスピレーションを得たり、アイデアを構築する時間に充当すればよいという結論になります。

脳の働きは理解したが、どうしても納得できない件

しかし、

物質の効果と、根拠はよくわかるのですが、どうしても長年の実体験からピンとこないことがあります。

 

朝は本当に頭が冴えているのか?という疑問がどうしても拭い去れないのです。

確かに朝を重要視する人は大勢いますし、その手の本もたくさんあります。

 

最近では「朝活」なんて言葉もあるほど、朝の活動が注目されているのもわかります。

それでも、どうしても気になるのが、夜型人間の存在です。

仕事の効率化

朝はどうしても苦手という人はたくさんいます。

私も朝が得意な方ではありません。

 

そんな私は、午前と午後では別人になると自分では思っています。

午前の私は、弱気で消極的、思い切ったことができない、保守的な人間です。

朝はなかなか行動に移せません。

 

一方、午後から夜にかけては、強気、積極的、大胆な思考をします。

前向きになり、どんどん行動を起こせる気がするのです。

 

これが35年間生きてきた実感です。

 

サラリーマンをしていた時も、朝に上司に報告するのは苦手でしたが、夕方にするときは、難なく口から出まかせも含めて、ワードが飛び出してくるのです。

 

よって午後の方が頭が冴えるように私は感じていました。

午前は、どちらかというとルーティーンワークの方が無難であると思っていたくらいです。

 

しかし朝は「ゴールデンタイム」で、論理的思考、重要な決定に最も適していることを脳内物質の分泌量により科学的に説明されています。

 

私の思い込みなのでしょうか? 

そこで実験をしてみました。

私は毎日のようにブログを書いているので、「午前と午後(夜)にブログを書く」という単純な比較をしてみることにしました。

文章を書くという意味においては、午前中の方が良いとされています。

 

樺沢紫苑さんは、午前中に執筆作業をやると、午後にやるのに比べ3倍もはかどるそうです。

果たしてどうなるでしょうか。

検証!朝と夜に文章を書いてみた結果

 

仕事の効率化

似たようなテーマを2つずつ3組作成し、朝と夜に書いたものを比べる実験をしました。

次のようなテーマです。あらかじめ、比べやすいように、似たようなテーマを設定しました。

 

実際にブログに載せています。

1つの記事に設ける制限時間は4時間としました。(ブログアップのための装飾の時間は除く)

書評については、作品への思い入れによる違いが出ないよう、普段はあまり読まない小説の書評としました。(小説の書評は初めてです)

 

よろしければ、読み比べてみてください。

検証①どうすればよいか系

検証②なぜ?理由説明系

検証③小説の書評・感想

それぞれ、妻に見てもらい、どちらが論理的でわかり易かったか、どちらが面白かったかを聞いてみました。

結果、意外にも、論理的にどちらが優れているかについてはそれほど変わらないのではないかとの反応です。

 

また、費やした時間も大差無しです。

午前の部は合計で10時間、午後の部は9.5時間。ほぼ同じと考えて良いでしょう。

 

下記の通り費やした時間と、妻の判定を記載しました。意外にも大きな差は見られない結果となりました。


脳の効率化

結果①どうすればよいか系

AM  いじめを減らすにはどうすればよいのか  3.5時間  論理○  面白さ○

PM  自殺を減らすにはどうすればよいのか   4時間   

結果②なぜ? 理由説明系

AM  なぜ、あなたは上司の前で緊張するのか?  3.5時間  面白さ○ 

PM  なぜ、あなたが仕事を辞められないのか?  3時間   論理○

結果③小説の書評・感想

AM  ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾  3時間

PM  羊と鋼の森 宮下奈都      2.5時間 論理○面白さ○

それぞれ、字数は大差ありません。ほぼ同じです。

やはり私の肌感覚の方が正しかったと一瞬思いました。

 

一般的には午前の方が、文章を書くのに向いているが、やはり人によって異なるのではないかと。

私のように夜に強い人間は、朝の脳内物質を利用して、ようやく午後のレベルに追いつくという解釈もできます。

 

しかし、よく考えてみると1点、差が出た部分に気づきました。

それは、書き出すまでの時間です。

午前に書いた方は、なかなか書き出せないのです。

 

テーマだけは決まっていましたが、中身に何を書くかは決めていませんでした。

実験のため、敢えて、書きたいテーマという観点で考えず、似たようなテーマという観点で考えたため、中身は白紙の状態でスタートしたのです。

 

午前に書いた方は、少し書き始めてもすぐに行き詰まりました。

私のブログは基本的に、私が人生で得た学びや考え方を記事にしているので、記事の源泉は私の中にあります。

 

その中から何かを選んで引っ張り出すという作業がなかなか進みませんでした。

感覚的には、午前に書いた方が時間がかかったように感じましたが、結果はほぼ変わらずでした。

 

午前の部は、一度方向性を決めてからは、集中して書けたように思います。

元となる考え方、意見、方向性を考えたら、それを補足するデータや、過去の体験等で肉付けするのですが、スムーズにできた気がします。

 

つまり、書き始めてから完成までの時間は、午前の部の方が短くできたということです。

実際に、作業時間全体はほぼ同じという結果だったので、間違いないと思います。

検証の末たどり着いた仕事の効率化

午前に論理的思考、午後に創造的な作業をするとよいというのは本当なのか。

どうすれば最も効率が良くなるのか、考えた結論はこうです。

物事のスタートは午後(夜)です。

午後(夜)に、書くべきテーマと、大まかな方向性だけは考えておき、殴り書きでも良いのでメモしておく。

例えば、目次項目や核となる主張や考えだけでも決めておく。

こんな感じで書こうというイメージを掴んでおくのです。

翌朝、それに従い文章を組み立てる。

 

実際にこうしてみると、一番スムーズに文章を書くことができました。(できたような気がします。)

先ほどお示ししましたが、私自身が考える午後と午前の自分をもう一度書きます。

 

午後は強気、積極的、大胆な思考。前向きになり、どんどん行動を起こせる。

午前は、弱気、消極的、思い切ったことができない、保守的な人間。

 

だからこそ、夜の積極的な時に(脳科学的に言えば、論理の思考が緩まり、アセチルコリンが活発になった時に)面白いテーマや中身の土台を考える。これがアイデアに相当します。

 

そして翌朝、冷静な視点で昨日考えたことを見直しながら、文章を組み立てていく。

アミン系の物質が活発化している時に、論理を組み立てるのです。


脳の働き

実際、弱気で思い切ったことができないからこそ、勢いに頼らず冷静な観点で判断できるということだと理解しています。

 

他の仕事や作業であっても同様に、大元のアイデアや、やるべき方向性を夜に考え、

翌朝冷静な視点で反省する、見直す、そして実行するという流れが一番しっくりくることになります。

 

ポイントは、夜スタート、夜発進です。

 

今回の企画、実際に書いて比べてみようと考えたのも夜寝る直前でした。

 

ひとえに、朝は論理的思考ができるから文章作成、午後はひらめきがあるから人と会ったり、創造的なことをすると言っても、よく落とし込んで考えてみる必要があったのです。

 

私の例では、ブログの記事を書くという作業を細分化し、テーマを決める、記事のポイントや中心となるエピソードを考えるのは創造的作業にあたりますので、夜にやるべきです。

 

そして、朝起きて、整理された脳で見直し、勢いで決めた部分を削除編集し、文章に落とし込んでいくと非常にスムーズに進みます。

検証し、結果を実際に出してみて考えてみなければたどり着かなかったかもしれません。

 

今までは午後に作業することが多かったのですが、今回無理やり朝起きてすぐに文章を書くという挑戦をしました。

夜型一辺倒でやるよりも、うまく朝の時間を活用しながら今後は取り組んでいきたいと思います。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

記憶の定着化に不可欠なアウトプットのすすめ

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

脳の働きで仕事を効率化
最新情報をチェックしよう!