中庸とは最高難易度の徳だった!どっちつかずの中途半端を推奨していない話

こんにちは!Jimmyです。

「中庸」(ちゅうよう)という言葉があります。

元々儒教の用語ですが、今でも、「偏りのないこと、中正なこと、調和が取れている」という意味で使われています。

 

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

これは、論語にある有名な言葉です。

何事もほどほどがよいという意味で、中庸の教えの代表格的な存在です。

 

こう見ると、人間出過ぎたまねはよくない、どっちつかずの立場が許されるかのようにも理解できます。

しかし、そんなことはありませんので、今一度、中庸の考え方として持つべき視点を解説します。

 

解釈は色々あって正解もありませんが、現代日本人が都合のよいように解釈してしまうのは危険です。

今回は、4つの重要なポイントに分けて解説します。

中庸とは「陰陽」の考え方が基本

中庸という考え方の基本には陰陽があります。

陰と陽です。

 

まず、陰陽と聞くと、陰はよくない、陽の方が優れているというイメージがあるかもしれませんが、

陰と陽に優劣はありません。

表裏一体で欠くことのできないものです。

 

物事は、大別してこの2つの極に分けられるという考え方です。

例えば、次のような分類です。それぞれ陽と陰になります。

天と地、昼と夜、動と静、男性と女性、親と子、膨張と収縮、夏と冬、太陽と月、剛と柔、攻めると守る、などなど。

 

これらが影響しあい、私たちの世界は刻々と変化をしていくということになります。

見ての通り、どちらかが全く無いなどということはなく、どちらも必要であり、優劣の問題ではないことがわかると思います。

 

そういうわけで、中庸の、偏りがないこととは、まず陰と陽の両極端のどちらかに偏ってはいけないというふうに考えればよいでしょう。

昼があれば夜もあるように、膨張(拡大していく)もあれば収縮(縮小を選ぶ)も必要であるということです。

 

最近、とにかく積極的に動いているという場合は、時には一人でじっくり考えることも必要である。

そんな感覚で考えればわかりやすいかもしれません。

 

中庸の教えの根底には陰陽の考え方がある。

陰陽は表裏一体で、優劣はない。

 

目立っていい!もっと大きなバランスの中で考える

中庸とは

そういうわけで、陰と陽の考え方が基本にある中庸は、

何でもどっちつかずの位置にいて、出過ぎたまねをしないことを良しとする意味ではありません。

むしろ、時には極端なことや、目立つようなことがあって当然です。

その時は極端でも、もっと大きなバランスの中で適切な位置を保っていればよいのです。

 

複数の人でバランスを取る

もちろん、一つの事象について、バランスを考えることが大切になる時はあると思います。

ある一つの企画で、積極的な考え方だけで攻めるのは危険ですので、リスクについて考えることも必要です。

外に向くことと、内を向くこと両方が必要ということです。

 

ただ、各人みんなこんな感じでいると、革新的なアイデアや、新しい発想が生まれそうもありません。

奇抜な意見や、常識を疑う視点も必要です。

反対に、悪魔の代弁者のような、敢えて問題を提起する人も必要です。

 

だから、ある人は、とことん内向きにリスクの所在や、危険な点を洗い出し、

ある人は、とことん前向きなことを考えたりすることが現実としてあるわけです。

企画が変われば、役割が変わることもあるでしょう。

そこで、しっかり議論がなされるか、もしくはそれを取り仕切る人がその視点を持っていればよいのです。

 

個人の人生の中でバランスを取る

また、個人の人生においても同様に、長いスパンでのバランスを考えるべきでしょう。

ひたすら突っ走る時期も必要ですし、ひたすら抑えて考える時期も必要です。

ひどく怒りを覚えるときがあれば、何かに立ち向かう勇気も湧くかもしれません。

失敗して学ぶこともあるでしょう。

 

また、リスクのある決断をするときがあるかもしれません。

世の中を動かしてきた人は、皆そのような人たちです。

中には異端児と呼ばれる人たちも数多くいます。

 

人生のどのステージでも、常に行動、発言ともにバランスをとって、落ち着いていればよいというものではないと思います。

そんなことをしていれば、ほとんど何も成し遂げることもできないでしょう。

多くの人が、それは肌感覚でわかっているのではないでしょうか。

 

出過ぎることをするのも、激しく主張することも、極端なことをするのも、あって構わないということです。

そのような経験があってこそ、熟練した時に、個々の事象についても、自然と中庸を維持するような振る舞いができるようになるのではないかと思います。

 

一つの事象、あるいは一人という枠組みの中だけで中庸を意識するのではなく、より大きなバランス(社会全体や長い人生として)の中で中庸を意識する。

 

ずっと同じではダメ!変わる必要性

陰陽の考え方に基づけば、状況は刻々と変化します。

それに合わせて、自らの動き方や、立ち位置も変えていく必要があります。

繰り返しますが、いつ何時でも、偏らない、中間の姿勢を保つのがよいわけではありません。

陰もあれば陽もある。

その状況、その時に応じて変わっていくことが求められます。

 

関わる人や状況が変われば陰にも陽にもなる

例えば、夫婦であれば、男性が陽、女性が陰となります。

しかし、男の子の子供がいたとすれば、女性は親として陽となり、子供が陰となります。

そして子供が成長した時に、やはり男性である子供が陽となり、女性である母親が陰となります。

 

男性も、家庭では陽の存在でありながら、会社の組織において陰の存在であるかもしれません。

あらゆる武術を嗜む武道家であれば、相手によって剛(陽)と柔(陰)を使い分けるでしょう。

そこそこ腕っぷしが強いからといって、ボクシングの世界ランカーと相対するときは、剛をもって制することはできないでしょう。

 

古い話ですが、伝説のボクサー、モハメド・アリと戦った時のアントニオ猪木のようなものです。

猪木が真正面からアリにぶつかっていけば、恐らく蝶のように舞われ、蜂のように刺されていたことでしょう。

(結果は、引き分けに終わりました。)

 

何が言いたいかというと、正しく状況を捉えることも中庸に必要な要素ということです。

 

時を見て変わる

時を見るとは、よく経営に例えられますが、

まだ会社が駆け出しの頃は、とにかく大きく目標を立てて、トップ自らが積極的に引っ張っていくことが求められます。

まさに陽の存在となって、会社を大きくしていくことになります。

 

一方、努力の甲斐あって会社が成長し、大きくなり、安定したところで、トップのあり方も変わります。

攻め一辺倒ではなく、守り(守成)も必要になります。

それと同時に、自分がいつまでも引っ張っていくのではなく、周りに任せる、育てる、一歩引いて見るという姿勢も必要になります。

 

自分が太陽であり、攻めの象徴であり、表舞台でスポットを浴び続けてきた人でも、

少しずつ陰の要素を取り入れていくことが必要になります。

そうでないと、下るスピードも速くなってしまいます。

時に合わせて自分のあり方、言動を変えていくことも中庸の教えの大事な意味であると思います。

 

中庸であるためには、状況と時を正しく捉えることが必要。

陰と陽は絶え間なく変化する。

 

中庸とは、とにかく実践が難しい

中庸とは

中庸には、調和の取れたという意味もあります。

なぜ、中庸が大事なのか、これを実践する必要があるかというと、

孔子の言うところでは、中庸を身につけることが最高の徳だからです。

 

孔子が言うのですから、中庸の目指す徳には、言わずもがな儒教の道徳的精神を指します。

天命を知るためには、中庸の徳が大切、言い換えれば中庸の徳がある人こそ、天命を知って正しい行いができるということです。

現代風に言えば、自分の生き方、自分のやるべきことを強く認識し、世の中の役に立つ存在になるということでしょう。

 

ただし、最高の徳と言われるくらいですから、難しい、つまり最高難易度にあたるわけです。

簡単にできることではありません。

「中庸が大事だから意識しよう」ではできません。

言わずもがな、AとZの意見があれば、中間のLとかMくらいを主張すればいいといったものではありません。

 

難しいことですから、そんなことは、数多く失敗して、考えて、その繰り返しの中で、物事の道理を掴んでいくしかないわけです。

何もせずに理解して実践できるようなものであれば、孔子も最高の徳などと言ったりはしないはずです。

そして、何千年も読み継がれるようなものにはならないはずです。

 

中庸の実践と理解は最高難易度。聞いて理解できるようなものではない。

何度も失敗して考えるべきもの。

 

まとめ

昔の文書を解釈するのは難しいものです。

中庸という言葉も難解で、いろいろな解釈の仕方があって然るべきでしょう。

考えて見ると、非常に深い意味があり、人が生きていく、成長するのに重要な学びがあるように思います。

 

しかし、「偏りがないこと、調和が取れていること」という表面的な意味だけを捉えてしまうと、

「なんだ、極端にならずに、中間くらいの意見を言えばいいってことね!」

という反応になりかねません。

 

冒頭の、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。

これは単に、全然水準に達していない人もダメだけど、やりすぎる人もよくないよ!と言っているのではなく、

時と状況を適切に捉えられないと、正しい行動にもならなければ、望ましい結果にもならないというふうに理解すべきでしょう。

 

先ほどの経営の例で言えば、会社が大きくなって、守りが必要な時期になっても、自分一人で何でも決断し、任せることができなければ、人も育たず、やる気のある社員も現れず、衰退していく。

そんなトップの状態が「過ぎたる」であって、よくない結果(衰退)を招くということです。

 

中庸の考え方を一新すれば、自分の人生にもきっと生きてくるはずです。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

関連する記事を、以下に掲載します。

興味のある方はこちらもご覧ください。

 

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。今回は「四書五経」についてです。もはや歴史用語になっている儒教の重要な書物、四書五経ですが、現代では必要のない教えなのでしょうか。それぞれの書物に書かれている内容と、現代の私たちが学ぶ意義[…]

四書五経

 

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。今回は論語より、「和して同ぜず」をとりあげます。今の世の中に必須な考え方である理由を解説します。 8月は、戦争(第二次大戦)のことを思い出す季節でもあり、メディアでもよく[…]

和して同ぜず

 

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。孔子や老子、孟子など、学生時代に習って知っている人が多いと思います。儒教と言えば孔子です、論語は教科書にもありました。性善説の孟子、性悪説は荀子、無為自然の老子など、断片的に覚えている人も[…]

諸子百家

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

中庸とは
最新情報をチェックしよう!