人生に疲れたら読むべき、塩沼亮潤氏からの幸福のヒント

人生に疲れたら立ち止まって読んでみよう

こんにちは!Jimmyです。

日々慌ただしく過ごす毎日でも、時には人生について考えることもあるでしょう。

忙しく働いているのに、仕事もそれなりに順調なのに、なぜか幸福感を得られないこともあるのではないでしょうか。

 

ふと人生について、根本的な疑問が浮かんだ時、指針となるのは、先人の知恵であり、成功者の事例であり、徳を積んだ人の言葉です。

少し人生に疲れたと感じた人のために紹介したい本があります。

 

今回は、過去にほとんど例をみない、大変な修行を満行されたご住職である塩沼亮潤大阿闍梨の著書を紹介します。

 

書かれている内容は、人生で大切な考え方についてですが、一言で言えば当たり前のことになります。

当たり前ですが、大変重要なことです。

 

そして当たり前だからこそ、普段私たちは考えることもなく、疎かにしがちになります。

 

当たり前のことを人に説いて、響かせることほど難しいことはありません。

 

昔から、親や先生からも日常的に大切にしなさいと教えられてきたことばかりです。

当たり前のことを言われても、聞き流してしまうのが人の性です。

 

そんなことは知っている、わかっていると思ってなかなか心に響かないのです。

 

そこで、今回ご紹介する塩沼大阿闍梨なのですが、

とんでもない過酷な修行をされたすごいお坊さんなのです。

 

過酷な修行に加え、当たり前のことを日常の行として長年積み上げられてきたからこそ導ける言葉があります。

 

並大抵ではない修行を満行された人が悟った人生の境地とは何なのか、それが俗に言う「当たり前のこと」を大切にすることであったということです。

一読してみると感じるものがあるはずです。

人生 疲れた

著書の紹介

著書: 人生でいちばん大切な三つのことば

著者: 塩沼亮潤

 

著者紹介、塩沼亮潤大阿闍梨のすごさ

まずは、著者が経験(満行)されたすごい修行を紹介します。

過去1300年で2人しか達成したことがないと言われている、大峯千日回峰行という修行です。

(ちなみに、「千日回峰行」の修行という意味では、他にも満行された方はおられます。大峯山における千日回峰行満行が1300年に2人だけということです。)

 

大峯千日回峰行とは、奈良県吉野にある大峯山にて合計1000日間で、地球1周分の距離を歩く修行です。

高低差1300メートル以上の山道48キロを16時間もかけて往復します。これを4ヶ月間連続で1日も休むことなく行います。

これが1タームです。

 

山頂には雪が降ることもあれば、山をくだると三十度を超える暑さということもあるそうです。

もちろん、高性能の登山靴は履かずに草鞋(わらじ)です。

身支度は当然自分で準備する必要があります。

 

さらに修行の後半になると、「四無行」と呼ばれる最も過酷な修行が待っています。

9日間、食べない、飲まない、寝ない、横にならない状態で、ただひたすらお経を唱えます。

まさに極限状態です。

 

通常人間は3日ほど水分を断てば死に至ります。

どれほど過酷な修行なのか想像もできません。

そして過去に達成者がほとんどいないというのも頷けます。

 

この修行をしている人は、常に短刀を身につけており、修行が満行できない場合、断念する場合は自害するという昔からの掟がある厳しいものです。

ちなみに大阿闍梨(だいあじゃり)とは、この修行を満行した人に与えられる称号です。

著書の概要と学び

そんな塩沼亮潤大阿闍梨が、千日回峰行での極限状態でどんな心境になったのか、そしてどんな悟りを得たのか、人生を生きる上での大事な考え方が書かれています。

 

冒頭にも書いた通り、おっしゃっていることを簡潔に述べれば、日常生活において、昔から言われてきた、人として当たり前のことを大事にするということに尽きます。

 

それは3つの言葉に集約されています。

ありがとうという「感謝」、すみませんという「反省」、はいという「敬意」です。

本当に簡単な言葉で表されていますね。

 

千日回峰行の中で、極限状態になった時に、どんな心境になったかを、以下のように語られています。

なんでもない当たり前のことが涙が出るほどありがたく、三度三度の食事をとることも涙があふれ、いま生きていることに感謝がつきません。

そこから少しづつ人生でいちばん大切なことが感じられるようになってくる。

それが、上に述べた、感謝、反省、敬意という言葉です。

 

塩沼氏が極限状態で感じた大切なことは意外にも、私たちが小さい時からよく言われている人として大切なことに相違ありません。

そんな当たり前の中に、人生の大切な要素があり、

幸福を感じることができる人間になるために必要な感覚があるということがわかります。

 

もう少し詳しく、本書の言葉を参考にしながら、幸福になるための心構え、ヒントを以下に書いていきます。

是非参考になさってください。

高僧共通の認識、日常こそが「行」である

お坊さんにせよ、一般の方にせよ、自分自身の日常をきわめていくところに人生の行があるのです。

人に見えないところも含めて、1日1日を精一杯に生きること、日常の当たり前のことを大切にすること。

規則正しい生活、正しい行いをしていると、人生が不思議と良い方向に運ばれていくと塩沼氏は実感されています。

 

朝起きて、仏様や自分が信じる偉大なる存在に対して(宗教は関係ないそうです、祈りはどんな宗教にもあるものです。)手を合わせ、「今日も1日よろしくお願いします、精一杯生きてきます」と心の中で唱えることが大事です。

 

嘘をついてはいけない、人と会ったら挨拶をする、お師匠さんから頼まれごとがあれば「はい」と気持ちよく返事する。

毎日向かい合う当たり前のことだからこそ、毎日同じ調子で続けることが難しいと指摘されています。

 

当たり前すぎて、挨拶や返事などは誰も深く研究をしません。

でも実は、「はい」の一言、「ありがとう」、「すみません」の一言に態度、感情、敬意が出ます。

いつも同じように誠意を持って続けることを、本書では繰り返し説かれています。

 

偉いお坊さんでも、苦手な人がいた

どんな人にでも分け隔てなく、同じ気持ちで、敬意を払うことが大事であり、塩沼氏はそれが確実にできると断言されています。

一方で、昔は苦手な人もいて、その人に対してよくない感情をぬぐい去れなかったことも振り返っておられます。

 

偉いお坊さんでも、全ての人に敬意を持って接する、同じように振る舞うことがなかなかできなかったということです。

よって、そのような感情があっても普通の人であれば致し方ないことだとも仰っています。

 

すぐに好きになれなくても、「この人を本当に好きになれますように」という小さな気持ちだけは、心のどこかに持ち続けて決して忘れないでほしいのです。

 

嫌なことを言われたら、気分を害するようなことをされたら、怒りや憎しみの気持ちがどうしても一瞬は先に立ってしまうものです。

しかし、1%でもよいのでこのような思いも頭のどこかにとどめておくべきだと指摘されています。

それが3%、4%と少しづつ大きくなっていき、やがては本当に好きになれる可能性があるからです。

苦闘しながら経験を積み重ねていくうちに、人の痛みや苦しみがわかる魅力的な人間になれるということです。

 

嫌な人に対する考え方、どんな人にも敬意を払う

塩沼氏は、ご自身の人生を振り返って、自分に対してよくないことをしてくる人も含めて、全ての出来事に意味があったと思えるという旨を仰っています。

 

神様や仏様が、嫌だなと思っている人の言葉や行動を通して、自分を鍛えてくれた。

 

そう考えればこれまで出会った多くの人が、実は嫌な人なのではなく、尊敬できる人たちであって感謝しなければならない。

どんな人にも敬意を払い、出会った人たちとの調和を心がけるべき、

他人は変えられないが、自分の心の持ちようは変えられる、ということです。

 

心の針をマイナスの方向にふれさせない

本書では頻繁に、「心の針」という表現が出てきます。

心の針を常にプラスの方向にふれさせることが大事だとされています。

 

心の針がマイナス(つまり怒りとか憎しみ、妬みなどの感情です)に一瞬だけふれることがあっても、それを自覚して、すぐに切り替え、光り輝く世界へ生きていくようにつとめること、

そうするとだんだん見える世界も変わっていくと塩沼氏は仰っています。

 

肝要なのは自分の心です。

それこそ日常の積み重ねです。

繰り返しますが、日常こそが「行」だということでしょう。

 

幸せの基準を一瞬のものから日常のものへ

美味しいものを食べたい、もっと遊びたい、もっと寝ていたいというような一瞬の幸せを追い求めるだけではなく、生きるべき道をしっかりと歩んでいこうと自分に言い聞かせて、

どんな時でも心がマイナスの方向に向かないよう、足ることを知り、本当の心の幸せに向かって生きていくという幸せの基準を自分のものにすること。

人間が成長できるかどうかのポイントは、ささいなことにも感動できるかどうかにあると塩沼氏は仰っています。

 

たとえ今はわからなくても、いつかわかる時がきて、その時に、「ああ、こうだったんだ」と、ごく普通のことに対して感謝の気持ちでいっぱいになる。

この幸福感が悟りを得た人の感覚なのでしょう。

 

修行道場はすべてが満ち足りている環境ではありません。

足るを知り辛抱するなかで、なるほど人生とはこういうことかと気づくために、質素であり簡素な環境で訓練します。

毎日おなじことをおなじように情熱をもってくりかえしていると、やがていつの日か、とても自然なかたちで真のこころの幸せと出会うことができるでしょう。

 

信仰心とは自らをコントロールする心

鍛錬がないと、もっと食べたい、遊びたい、楽をしたいという方向に必ず向かってしまうのが人間です。

だからこそ、信仰心をもって自分をコントロールすることが必要です。

 

いつもお天道様が見ているという素朴な信仰心を持つことです。

 

善い願いは、まわりまわって自分に帰ってくることを塩沼氏も確信しておられます。

自らの至らぬ点や、胸の内にくすぶる悪い感情を日々反省し、こころの針をプラスに向けておくことです。

他者ではなく、常に自分を省みる必要があります。

 

上昇気流にあるときも、それに乗って一気に飛び立とうと思ってはいけない、

地に足をつけて地道に淡々と歩く、それが人の道だと塩沼氏は指摘しています。

 

器の大きな人間とは

器量は技術や知識ではないと断言されています。

日常の中で人徳を磨くことが大事です。

 

どんな人にも敬意を払い、こころの針をプラスにしていると、いつの間にか雰囲気が出来上がっているということです。

 

辛くても苦しくても、感謝、反省、敬意を忘れないこと、それらが積み重なって年輪のように大きくなっていく、

そして理屈抜きに感じてもらえる、これが器の大きな人間です。

 

こんなエピソードが書かれています。

塩沼氏が長年、絶えず人徳を磨き、日常の行に励んだ結果、昔嫌いだった、苦手だった人と再会したときも、

他の人と全く同じような気持ちで相対することができたそうです。

 

胸を張ってにこやかにしただけで、相手はうつむいて、終始居心地が悪そうにしていたそうです。

何も言わなくても、相対しただけで、圧倒的な器量の違いがはっきりと伝わるということです。

 

リーダーとは?

リーダー、一家の大黒柱、経営者などはどうあるべきかについて述べられています。

 

一つ目は、かげから徳を積むこと。

みんなが動きやすい環境を作るために、かげからさりげなく上手に演出すること。

 

二つ目は、困難な状況では矢面に立つということです。

全責任を負って、即断即決で解決し、解決したら再び任せる、そして自分は通常時と同様に淡々と生きる姿を示すこと。

 

そして、上に立つ人が指導したり叱責する時の大前提は、120%の愛情です。

厳しくてもついていけるのは、指導された者が愛情を感じ取れるからです。

 

師弟関係はまず、お師匠さんを尊敬しなければ成立しません。

ひとはだれでも、尊敬できないひとの言うことは聞きません。

自分を棚に上げて、口先ばかりできれいごとを並べるひとの言葉を聞けますか?

筋道の通らない生き方をしている師匠に説教されても、とても聞く気にならないでしょう。

尊敬される大人であってこそ、子どもや弟子に真の生き方を示すことができるのです。

 

人脈とは?

神様、仏様への感謝を持ち、どんな人にもわけへだてない生き方をしていると、その人の周りにはどんどん人が集まってくる、これが人脈です。

そして自分を心から慕ってくれる人たちこそが人生の宝であると塩沼氏は仰っています。

 

夢に向かって道を開くには、角がとれて、丸くなることです。

志が純粋で、謙虚であれば、自然と良き方向に運ばれていきます。

まとめ

塩沼亮潤大阿闍梨が過酷な修行と鍛錬を通じて得た悟りとは、私たちにとって決して目新しいものではありません。

「当たり前」と言われていることです。

 

当たり前すぎるが故に、だれもが疎かになりがちで、極めることが難しいことなのかもしれません。

 

日常こそが行であり、お坊さん、一般人を問わず、日常生活における当たり前のことを当たり前に、毎日情熱を持って同じようにできること、これが目指すべき姿です。

 

そのような土台があってこそ、真の幸福を見いだすことができるということです。

その指針となるのが、人生で大切なこととして紹介されている、

「感謝」、「反省」、「敬意」なのです。

 

どれも、親から、先生から、至る所で言われてきたことです。

しかし自分自身を振り返ると、これらの大切なことを忘れるような経験は山ほどしてきました。

 

ときに怒りの感情に支配され、ときに傲慢に、ときに欲望に溺れ、そして仕事では単純な損得勘定で動くことが習慣化していました。

 

現代の日本人が、物質的に豊かになっても、また経済的に成功しても、世間的な地位と名声を得ようとも、悩みが尽きず、幸福感を得られない理由を明確に突きつけられているように感じます。

 

すぐに、偉いお坊さんのような境地にはたどり着けるはずはありません。

何度も読んで、何度も心に誓っても、日常生活では、やはり腹は立ちますし、イライラします、嫌いな人に敬意を払う心境にはなりません。

 

しかし、本当に大切なこと、そして幸福とは何かということを見つめて日々反省し、1%でもそのような気持ちがあれば、それが少しづつ2%、3%になっていくと塩沼大阿闍梨も仰っています。

 

本書に書いてあることは、長い人生の指針となる言葉が詰まっています。

疲れた時、方向性を見失った時に読み直して、心の針をプラスに持っていくことが大切だと感じます。

是非参考にしてみてください。

塩沼亮潤

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

あわせて読みたい

毎年お盆に聞いていたお経こんにちは!Jimmyです。今回は般若心経を唱える効果について書いていきます。 幼少期、実家ではお盆になると、法要のため毎年お寺からお坊さんをお招きして、お経をあげて[…]

般若心経 効果
あわせて読みたい

神社に参拝して、地域の神様に感謝することこんにちは!Jimmyです。最近マインドフルネスという言葉をよく聞きます。 毎日、前向きに、正しい心を保ち続けていたいものです。 私のよ[…]

神社 参拝
あわせて読みたい

正しいストレス発散方法の基本こんにちは!Jimmyです。日々ストレスをどのように発散しているでしょうか。 ストレスは、目指す目標を達成するために、ある程度は必要なものです。ストレスがある程度あっ[…]

ストレス 発散法

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

人生 疲れた
最新情報をチェックしよう!