教養を身につける本当の意味と方法、社会人になってからでも始めるべき理由

教養とは?

こんにちは!Jimmyです。

今回は、教養を身につける本当の意味と方法について解説します。

 

よく、「教養のある人」などという言い方を聞きます。

大学では専攻する専門分野の他に、「一般教養」の単位を取得する必要があります。

 

若干気高い響きがある言葉ですが、日本語では単なる「知識」とは使い分けているようです。

三省堂大辞林の解釈を一部抜粋します。

人間がその素質を精神的・全人的に開花・発展させるために、学び養われる学問や芸術など。

 

難しい表現ですが、人として成長するための知識や芸術ということになるかと思います。

これから、そんな教養が、自分の人生を制する上で大変重要であることについて書いていきます。

教養を身につける本当の意味

教養は社会で役に立つなんてものじゃない!

「今就いている仕事には役に立たない」として、教養を後回しにしている人も少なくありません。

つまり教養を、身につけた方がいいけれど、社会で役に立つものではないという認識を持っている人が多いのではないかと思います。

 

しかし、実際には、仕事で役に立つかどうかというレベルではなく、自分の人生を歩むのに役に立つものと言えます。

教養があった方が、かっこいいとか、頭が良く見えるといった次元のものではありません。

 

自分の人生を考える時は、色々なことに思考を巡らすはずです。

どうしたらお金をたくさん稼ぐことができるのか、

今後どんな社会になっていくのか、

自分ができる社会貢献とは何か、

自分の目指すべき人格とはどんなものか、

今社会に必要なことは何か、などなど人生の岐路に立った時には、ほとんどの人が考えることではないでしょうか。

 

これらを考える時に、教養が大変役に立つのですが、漠然としているので、いくつか例をあげて示します。

まずは、無限の可能性があることを話したいので、極端且つ大きく飛びますが、後半で分野に的を絞って解説しますので、呆れずにお付き合いください。

 

例えばお金や世の中のこと

ほぼ全ての人に関係するのが、お金や社会システムに関することでしょう。

お金に関すること、今後の世の中のことなどを考えるのであれば、政治や金融、経済、会計の知識は必要になります。

なくてももちろん考えることは可能ですが、思考のスケールも幅も、その方面の教養があるのとないのでは大きな差ができます。

何も知らないと、「世の中何か間違っている!」と言うしかありません。

 

実際に、多くの企業や国家では、人の無知につけこんで、方針や政策を通すことも多々あるわけです。

株価が上がれば、トリクルダウン効果で社会全体がよくなりますよと言われれば、そうなのだと思ってしまうのです。

また、絶対に儲かりますという投資に飛びつきやすくなってしまうかもしれません。

その方面の教養があって始めて、自分で考えることができます。(そういう意欲も湧きます。)

 

例えば社会貢献や自分の人格のこと

社会貢献や、自分の目指すべき人格などについて考えるのであれば、過去に活躍した人の歴史や思想はもちろん、もっと広範囲の物事が関係してきます。

はっきり言って、何が繋がっていて役に立つかも想像できないほどです。

逆に言えば、全く関係ないと思っていたことが役に立ったということが起こるのです。

事実、そう振り返っている成功者は多くいます。

 

芸術的な素養がある人は、感性や発想力が優れていると言われています。

茶道や華道の精神が思考や発想に影響を及ぼすかもしれません。

 

極端な話ですが、宇宙の仕組みのことから、自分のあり方を考えることだってできるわけです。

単に宇宙は広いという知識しかない人よりも、地球と太陽系、銀河系の大きさや、物質の生成・発展などを思い描きながら考えた方が、より強烈に、人間の小ささを感じることができるものです。

 

私の知人には、あらゆる人の行動を数学で考えて、色々な式を書き始める人もいました。(私は理解不能でしたが。)

 

✔️教養は、自分の生き方を考える上で有効な手段にも、力にもなる。

✔️多く持っていると、思わぬところで繋がり、化学反応のように連鎖して、思考を形成する、つまり人生の進むべき選択肢をもたらす。

 

変化をもたらすには教養は必要

「変化に対応することが大事!」、「イノベーションを推進しよう!」などと言われたことは今の時代、誰にでもあることでしょう。

重要であることに間違いありません。

 

新しいことに挑戦する時、今の社会や組織に変革をもたらしたい時、ひらめきや創造力を引き出すのにも教養は必要です。

それらのスタートは、まず常識(現状)を疑うことです。

 

ただ、常識を疑うといっても、世の中には数えきれないほどの常識があるので、ほとんどの常識について、いちいち疑ってはいられません。

「本当に挨拶は必要なのか?」などと考え始めたらきりがありません。

全てを疑って、実証主義的に検証することは不可能です。

 

そこで、当然疑うべき常識を判別する必要があるわけですが、それを可能にするのが教養です。

最初の定義で、辞書を参考にした際にも書いてありましたが、教養には”精神”性が必ず内在されています。

それが、物事を測る物差しとなり、疑うべき常識を発見するのに役立ちます。

 

そういう意味では、教養が人格を作る上で大きな影響を及ぼすと考えるべきでしょう。

挨拶が必要なのか?という考えにはおそらく至りません。

 

福沢諭吉は、伝統のみを理由にありがたがる風習(常識)に疑問を持ちましたが、言わずもがな、多くの学問を幼い頃から学んでいた結果です。

旧習を疑い、実証主義的な視点に立ち自ら確かめ、新たな考えを自分の中に宿し、また強くしていくことができたと言えます。

そして、学問で身を立てることを国民に促し、思想面で近代化をリードする存在になったのです。

 

✔️変革を起こすには、常識を疑うことから始まる。常識を疑う視点は教養がもたらす。

✔️教養が人格形成に大きな影響を及ぼす。

 

何から始めていいのかわからない人へ

教養の身につけ方とは?

何よりまず、本を読むことです。

後にも触れますが、自分の興味関心がある分野、小説からでも構いませんので、その本から得た学びを他の人に自信を持って説明できるようになるつもりで読むことがポイントです。

他人に説明できるというレベルで初めて、自分の教養になったと思うべきでしょう。

 

いきなり教室に通ったり、専門書を探したり、資格を取ったりする必要はありません。

入門書のようなもので十分です。

「会社の財務状態を知るためには会計が必要だ、会計の基本といえば簿記だ、簿記の資格を取ろう」、となる必要はありません。

時間がかかりますし、まず続きません。

まずは、決算書の読み方のような本で十分です。

「思想や哲学が人格を作る上で重要だから、まずニーチェを読んでみよう」、、、これもまず続きません。

様々な哲学者の考え方をかいつまんで簡潔に説明してくれているような本を探して読んでみることから始めた方が無理がありません。

 

なお、美術やクラシック音楽などの芸術に触れることは、教養を養う上でも創造性を発揮する上でも大変有効だとされています。

私自身、実践して得た感覚ではありませんので強くお勧めすることはできませんが、アート思考に啓発されて、絵画などに興味を持ち始めた今日この頃です。

 

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。近年、アート思考と呼ばれる考え方が注目を集めています。誰に注目を集めているかというと、起業家やビジネスマンです。 今の時代、どの企業でも必要性を認識しているイノベーション[…]

アート思考

 

人生は人生から学ぶ

何から始めたらよいのか、とっかかりがほしいという人は、歴史、偉人の伝記、思想の類がお勧めです。

人の生き方に直結しているからです。

人生は人生から学べばよいというわけです。

必ず自分の人生を考えるのに通じるものがあります。

 

歴史からは、多くの成功、失敗の事例が詰まっており、人生の教訓になる要素がたくさんあります。

多くの成功者は、歴史から学んでいます。

伝記や思想にしても、先人が、様々な修練や体験の中で考えてきたことを知ることができるため、今まで考えてこなかったような重要な視点に気づくことも珍しくありません。

 

特定の時代や人物で、興味の対象がないという人や、そもそも歴史に苦手意識があるという人は、対象を絞った本ではなく、数人の登場人物を扱っているものを選ぶとよいでしょう。

例えば、歴史上のリーダーを数人とりあげて、そこから学べるポイントを解説する本などは入りやすいと思います。

史実が長く連なっている本に抵抗を感じれば、まずはこのような本がオススメです。

 

重要なのは史実を全て覚えることではなく、そこからどう学びを得るか、自分の人生と照らし合わせて考えるかです。

史実をいくら暗記していても、それは知識に過ぎません。

教養は、人としての成長に繋がるものです。

自分の人生に活かしてこそ意味があるということを繰り返し強調します。

 

自分の生き方を考えてみる

かっこよく見えそう、知的に見えそうな「THE・教養」を探そうとする必要はありません。

もちろん、とにかく知的に見せたいということが何より重要な人はそれでもよいのですが、継続的に教養を身につけていくためには、自分の歩みたい生き方や興味関心を考えて、それに近いところから始める方が無理がありません。

 

自分もこうなりたいと思うような人の本を読んでみて、その人が習慣にしていることや、やっていることなどを学んでみるというのもよいでしょう。

私の場合の一例ですが、稲盛和夫さん→中村天風さん→瞑想→仏教のような流れで興味関心が拡大していきました。

これは、興味関心がうまく拡大した例で、これらのテーマについても本ブログで取り扱っています。

もちろん、途中で興味がなくなるものもたくさんありましたが、まずは自分がこうなりたいと思う人からヒントを得る方法はオススメです。

 

教養を身につけるのに遅いはない!

教養を身につけるには、本当に興味関心があって、意欲があるときが一番です。

もちろん、子供の頃に身につけた教養というのは、非常に強いことに異論ありません。

何でも吸収する時ですから、多少やる気がなくても、効率が良いのです。

 

一方、ほとんどの場合、大人になってからの方が、教養を身につけたいという意欲や目的意識はより明確になります。

周辺知識や経験も大人の方が多いわけですから、思考量も大人になってからの方が多くなります。

感覚的に身につくものは、子供にはかないませんが、それでも教養を身につけるのに遅すぎるということはありません。

 

まとめ

教養を身につけることの意味は、自分の人格を形成するのに役立つこと、そして自分の人生を、より望ましい方向へと導くための大きな力となることです。

世の中の動きを理解したり、自分なりの考え方を構築するには、自分が専門に学んできたことや、現在就いている仕事の知識、ノウハウだけでは対応できません。

教養が多いほど、世の中の様々なことを深く考えることが可能になります。

 

重要なのは、そこから新たな考えに発展させることができたり、他の教養と結びつけて考えたり判断できたりすることです。

また、変化の時代と言われている現代において、変化に対応すること、また自ら変革を起こすことは大変重要なのは明らかです。

変革を起こすには、現状のやり方や常識を疑うことが必要ですが、変えるべき常識を考えたり判断したりするのは誰でもできることではありません。

その力をもたらすのも、多様な分野における教養あってのことなのです。

 

教養を身につけるのに遅すぎることはありません。

自分の興味関心のある分野、もしくは尊敬する人物や偉人の本から学ぶことをオススメします。

仕事とは関係がない分野であっても、教養は、人格を作る上で大きな影響を及ぼすということを認識しておくべきです。

 

最後になりますが、繰り返し「自分の人生を生きるための教養」という意義を強調したいと思います。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい

関連記事

こんにちは!Jimmyです。孔子や老子、孟子など、学生時代に習って知っている人が多いと思います。儒教と言えば孔子です、論語は教科書にもありました。性善説の孟子、性悪説は荀子、無為自然の老子など、断片的に覚えている人も[…]

諸子百家

 

関連記事

人生を変えるために本の力は絶大であるこんにちは!Jimmyです。人生を変えるために、自己啓発セミナーや書籍にきっかけを求める人は多いと思います。私も、サラリーマン時代、これらのものに頼りながら自分の人生を考え続けてきまし[…]

自己啓発 本 おすすめ

 

関連記事

今一番ホットな社会人の学び直しなら思想・道徳こんにちは!Jimmyです。学び直し、リカレント教育が注目されています。 今回は、現代社会人の学び直しとして、何が最も必要か、そして有効かについて書いていきま[…]

社会人 学び直し

 

関連記事

こんにちは!Jimmyです。世の中には、成功者、人格者と呼ばれ、尊敬される偉人がいます。そんな人を、「別世界の人間」のような感覚で見ていないでしょうか。そんな人にはなれるわけがない、生まれ持ったものが違う、[…]

人は変われる

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

教養を身につける
最新情報をチェックしよう!