”仕事を辞める”ことをマイナスに考える必要はない理由

こんにちは!Jimmyです。

仕事を辞めることに対して、ネガティブな印象を持っている人は少なくありません。

日本人は特に、その傾向が強いと言えます。

前向きな気持ちで仕事を辞める人の足かせにならないよう、今回は、「仕事を辞めることをマイナスに考えない」というテーマで書いていきます。

「近頃の若者はすぐ仕事を辞める」は気にしない

毎年のように、「若者がすぐに仕事を辞める」ことがニュースになり、議論がなされています。

ベテランで年配の人からは、「近頃の若者は我慢ができない、根性が無い」という言葉を聞くことも多いと思います。

 

しかし、実はそのベテランの人たちも、新人の頃はそのように言われれきました。

いつの時代も、年配者にとって若者は、「根性がなく、礼儀知らずで、考えが甘い」のです。

 

私が社会人になったばかりの十数年前も、そのように言われました。

次に続く言葉は、「自分たちの頃は・・・」です。

 

そして30代も中盤となった今、私の同年入社組もどこかで、

「最近の新人は・・・」、「ゆとり世代は・・・」なんて言っているのではないでしょうか。

 

基本的に、新人は悪く言われるものです。

みんな、そのように言われてきたのです。

 

先輩社員たちはそのように言うことで、自分たちの優位性と正当性を再確認します。

 

最近では、転職に対する窓口も大きくなりました。

また、会社に縛られない働き方も注目されるようになりました。

 

会社を離れる、すなわち仕事を辞めるという選択肢が選ばれやすくなったという背景もあります。

頭ごなしに、仕事を辞める若者を批判する声に対しては、”ほどほどに聞き流す”くらいの感覚でよろしいかと思います。

逆の見方をすれば、社内にずっと残っているのは動けなかった人たちであるとも言えるわけです。

仕事に対する考え方は変わるもの

仕事に対する考え方

仕事を辞めるという決断をするということは、現状が、自分の考える理想と違うことを意味します。

会社に入ってすぐそれに気づく人もいますし、会社で働いているうちに、自分の奥深くにある価値観に気づく人、考え方自体が変わっていく人もいます。

多くの場合、仕事をしていれば学生時代とは比べものにならないくらい、自分の働き方について考える機会があります。

働いてみて自分の本当の価値観に気づくということも少なくありません。

 

考え方が変わり、新たにやってみたいことが見つかることは不思議なことではありません。

 

それが、全く違う業界であることもあると思いますし、全く違う働き方ということもあると思います。

 

同じ人間はいないので、考え方は千差万別です。

 

むしろ、日本では、今でも新卒で就職した会社にずっととどまっている人がこれほど多いのが不思議なくらいです。

会社側もそれを前提として採用プランを考えているようです。

もちろん、新卒で就いた職場が気に入り、輝いている人もいますが、自分の可能性や価値観を追い求めること、考えることを諦めた人も多いのではないかと思います。

あわせて読みたい

仕事のモチベーションが上がらない時に取るべき意外な行動

終身雇用を前提としないのが自然の流れ

最近では頻繁にニュースになっていますが、終身雇用は前提として考えないほうがよいでしょう。

終身雇用はいい部分もありますが、会社の効率、生産性は間違いなく下がります。

 

なぜなら、終身雇用は必ず「老害」を生むからです。

同じ環境にいると必ず「慣れ」が発生します。

 

手を抜いたり、ごまかしたりすることがうまくなります。

新しいことを嫌い、自分が築いた既得権益に執着します。

 

もちろんそういう人ばかりではありませんが、控えめに言っても、一定数は必ずそういう人はいます。

老害

そのようなベテラン社員たちは、給料は高くても生産性は低く、若手の邪魔になることすらあります。

 

自分で手を動かさない、若手の時間を奪う、若手のモチベーションを奪う。

さらに、狭い見識で若手の可能性を奪う、これが老害です。

このような人たちがいる効果としては「何もない」どころかマイナスなのです。

 

日本経済も岐路に立たされており、今のような終身雇用を維持することは難しくなっています。

自分の生きる道を会社に任せる時代ではなくなっています。

時流に合っていないと感じれば、仕事を辞めるという選択をすることが必要になってきます。

ほとんどわからないまま入社したという事実

就職活動で得られる情報は、本当に会社のごく一部です。

会社に入って、聞いていたことと違うということは珍しいことではありません。

入ってみて初めてわかることばかりです。

 

「理想と違っても、まずは我慢して少なくとも3年は働くべきだ」という主張の根底にあるのは、「そのうち慣れるかもしれない」ということです。

我慢しているうちに、仕事に慣れ、会社の雰囲気や考え方にも馴染み、負担に感じなくなることもあります。

これは一理あります。

 

しかし、それは自分の価値観を押し殺して妥協するという道にもなりかねません。

何より、それが原因で将来への希望を失ったり、病んでしまったりすれば意味がありません。

 

短期で見切りをつけることも選択肢の一つです。

 

これだけ転職市場や多くの働き方が登場している現在では若いうちに動くことが吉となることもあります。

客観的に見て、明らかに会社の理念や方針と合っていないと思える人もたくさんいます。

そのような人も含めて、何が何でも3年間は同じ会社にとどまり続けるべきだという主張はいささか強引すぎるのではないかと思います。

仕事を辞めることに対する不安を冷静に考える

今まで述べてきた通り、早期に仕事を辞めることに対しては、ネガティブな反応を持っている人が大勢います。

自分の中では、仕事を辞めるべきだと結論が出ても、仕事を辞めることに対して不安を覚えることもあるかもしれません。

 

不安を覚えたら、必ず不安の原因を掘り下げて考えてみることが大切です。

仕事を辞める=マイナス、ネガティブなことと捉える雰囲気が蔓延しており、不安を煽る役割をしてしまっています。

 

冷静に考えれば、仕事を辞めることが、それほど大したことではないことに気づくかもしれません。

 

以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

なぜあなたは会社を辞められないのか?

前向きな一歩はマイナスになり得ない

会社を辞める

仕事を辞めることに対してマイナスなイメージがいまだに多く付きまといますが、新たな門出と思って前向きに捉えていくべきです。

海外では、一度仕事を辞めて、大学で学びなおしたり、ふらっと旅に出てみたり、そしてまた就職したりと、多くの選択肢が普通のこととして捉えられています。

 

仕事をする中で、やりたいこと、興味があること、大切にしたいことを発見するのは普通のことですから、このような動きになるのは当然のことだと思います。

 

古い考え方に縛られて、無理に何年も不満を抱えたまま一つの職場で過ごすことは、自分にとっても周りの人にとってもよくありません。

 

仕事を辞めた後の自分の輝かしい姿のみをイメージして前向きに取り組むという決断も時には必要ではないでしょうか。

以下に、前向きな一歩を踏み出すために、プラスになる考え方を記事にしていますのでそちらも参考にしてみてください。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読みたい

「会社を辞める」と「会社に染まる」逃げてるのはどっち?

やりたいことがない人へ、本当に見つけたいならするべき1つのこと

気づいたら仕事人間という悲しい人生が多すぎる理由

 
 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

仕事 辞める
最新情報をチェックしよう!