嫌いな上司との接し方、嫌いなままで無理なく続けられる秘策

無理しなくてもよい!嫌いなものはなかなか変えられない

こんにちは!Jimmyです。

今回は、嫌いな上司との接し方について書いていきます。

 

Twitterや掲示板などを見ていると、嫌いな上司に不満を募らせている人は少なくないように感じます。

どんな人とでもうまくやっていける、どんな人でも許容できる豊かな心の持ち主であれば良いのですが、そんな人はなかなかいません。

 

私も銀行員時代は、お世辞にも、苦手な人、嫌いな上司ともうまくやってきたとは言えません。

それでも12年弱、大きな問題もなく(自分自身、組織ともに)過ごすことができました。

 

あれこれ自分の考え方を変えたり、相手に気づかせたりする方法を指南するサイトもありますが、それを考え続けていると精神的にもよくありません。

 

根本的に嫌いな上司はどう考えても嫌いです。すぐに変えられるものではありません。

嫌いな上司の接し方

そうであれば、それを受け入れて、嫌いな前提でいた方が自然で無理がありません。

本来考えるべきこと、注力すべきことに集中することができます。

そんな考え方を簡単にご紹介します。

嫌いでも最低限の努力は必要

 

努力

嫌いな上司がいると、仕事の効率を落とすことに繋がります。

自分自身も幸福感を持って働く時間が少なくなります。

出来れば、嫌いという感情は持たないに越したことはありません。

 

上司を嫌いだと感じていたら、まずは自分に原因が無いかを振り返ってみることは必要です。

例えば、自分のやるべきことをしなくて上司に毎日怒られる、だから上司が嫌いということであれば、自分の能力を上げれば改善するかもしれません。

 

なぜ、上司が嫌いなのか、冷静に考え、上手にやっていく方法(仕事を最も効果的に進められる方法)を一度は考えてみることは必要です。

 

上司に限らず、職場で苦手な人がいる場合、対処法を3つのステップで解説しています。以下のページをご覧ください。

 

あわせて読みたい

職場の苦手な人との関わり方を改善する3ステップ

 

人のせいにしない、自分のせいにしない

組織の中で働く以上、他人とうまく協働する能力は必要です。

しかし、「何でもかんでもうまくやらなければ」、「嫌いだと感じるのは努力が足りない」、「自分の動き方を変える必要がある」と自分にばかり原因を追求し続けることはやめるべきです。

 

逆に、相手だけが悪く、自分はいつも正常だと考えることもよくありません。

 

人対人の関係ですから、相性は必ずあります。

 

相性

価値観も様々です。

どれだけ譲歩して最低限はうまくやっても、嫌いなものは嫌いで仕方ありません。

 

一度冷静に振り返り、反省し、改善できそうなことを何度か試して、それでも嫌いであれば、嫌いな上司なのです。

 

合わないという言葉をよく使いますが、合わない人はどんなに歩み寄っても合いません。

不思議とそのような存在はどちらが悪いわけでもなく、互いに悪意もなく、お互いにとってよくない影響を及ぼし合います。

 

まずは、この上司は嫌いであるという感情を受け入れてしまいましょう。

ただしそれ以上、相手に変化を求めたり、自分に改善を求めたりすることはやめるべきです。

 

人間には相性があって、その嫌いな上司とはとても相性が悪いのだと認めてしまいましょう。

大切なのは、自分だけが悪いわけでも、上司だけが悪いわけでもないということです。

嫌いな上司をどう考えるか 実践編

①嫌いな上司は反面教師という学びの機会

嫌いな上司に対して、私が常々心得ていたことは、反面教師としての学びの機会であるということです。

嫌いな上司のことが、なぜ嫌いなのか、

それは自分が大事にしている核となる価値観、信念に反する言動をとっているからではないでしょうか。

 

そうであるなら絶好の反面教師です。

こうなってはいけないというお手本がすぐ近くにあると思っていました。

 

なぜこの人は(嫌いな上司は)、こんな言動をとるのか、どこに価値観をおいているのか、こうならないためにはどうすれば良いのかを考える材料にしました。

 

本で読む失敗談もためになりますが、目の前に生きたお手本があるわけですから学ぶには大変効果的です。

 

②嫌いな上司ではなく学びの機会に感謝する

宇宙の法則

人生には試練があります。

いいこともあれば悪いこともある、悪いことがあるから、いいことがあった時に幸せに思えるというのが真理です。

悪いことがあるからこそ、そこから学び、成長の余地が生まれます。

試練が訪れて、それによって個々人の成長をもたらすということは、「宇宙の法則」なのかもしれません。

(これを「神様」、「天」などに置き換えたほうが考えやすいという人もいるかもしれません。)

 

そのような大きな存在が、嫌いな上司を派遣するという形で、自分に学びと成長のチャンスを与えてくれていると思うようにしていました。

 

嫌いな上司に感謝することは難しいですが(気分も悪いです)、このような大きな存在に対して、機会を与えてくれたことを感謝するのです。

 

この人(嫌いな上司)は、そういった法則によって私に与えられた成長のためのステップで、そのためにここにいるのだと思うようにしました。

勝手に存在意義を変えてしまうのです。

 

③どんなに嫌な人でもその人を必要としている人がいる

 

家族

人間ですから、嫌いな上司に対してどうしても怒りが収まらない時もあるでしょう。

そんな時は、クールダウンが必要です。

 

こんな人でも、家族がいる。奥さん、子供もいれば、親もいる。

 

その人たちにとってみれば、この人はかけがえのない存在で、いなくてはならないのだろう。

 

自分目線では、どう考えてもそのような優しい視点では見られませんが、

その人の家族のことを思うと、少し怒りの気持ちが和らぎます。

 

少し冷静になって、また反面教師としての役割に当てはめていけば良いのです。

最後に 

銀行員として働いているとき、「こ○したいリスト」という言葉が、ほぼ共通用語として認識されていました。

会社内でどうしても許せない人を表す時、「こ○したいリスト」に追加すると言います。

 

他の会社でもあるのかもしれませんが、多くの人が交わる組織では、損得、利害、競争、ある意味生き残りをかけたせめぎ合いをしています。

 

「相手のいいところを見つけよう」など生易しい対策だけで片付かない世界だったと今振り返っても思います。

 

そんな中で、いかに自分の気持ちを前向きにし、目標に向かって努力していけるかが重要です。

 

他人を変えることよりも自分の心の持ち方を工夫したほうがずっと簡単です。

接し方も変わってくるはずです。

 

他人との関わりや人間関係について以下の記事も参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

関連記事

こんにちは!Jimmyです。あなたの周りのめんどくさい人はどんな人でしょうか。めんどくさい人は、いつの時代も必ずいます。年々、めんどくさい人が増えているようにも思います。さらに言えば、日本人にはめんどくさい人[…]

めんどくさい人

この記事を読む

関連記事

コミュニケーションはテクニック?こんにちは!Jimmyです。仕事におけるコミュニケーション能力は、どこの組織にいても必要とされています。 一方で、コミュニケーションが苦手だという人も少なくありません。[…]

コミュニケーション  苦手

この記事を読む

関連記事

こんにちは!Jimmyです。世の中への不満で、よく聞く「言ったもん勝ち」という言葉。 結論から言うと、現在の世の中は言ったもん勝ちです。これは変えようもない事実です。 無神[…]

言ったもん勝ち

この記事を読む

関連記事

人嫌いでもいい!こんにちは!Jimmyです。仕事や社会生活において、人が嫌い、人と関わることが苦手だと認識している人はどれくらいいるでしょうか。人嫌いを克服するためにはどうすればよ[…]

人嫌い

この記事を読む

 

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

上司 嫌い
最新情報をチェックしよう!