社会人の学び直しに一番有効なものは思想・道徳!不幸な人生を卒業しよう!

今一番ホットな社会人の学び直しなら思想・道徳

こんにちは!Jimmyです。

学び直し、リカレント教育が注目されています。

 

今回は、現代社会人の学び直しとして、何が最も必要か、そして有効かについて書いていきます。

結論は、思想や道徳です。

わざわざ大学に入り直す必要もありません。

それでありながら、今の世の中に最も必要であり有効であると言えます。

 

学び直すということは、今の時代の変化の速さや、複雑化した世の中に合った考え方であると思います。

学生の頃は、それほど必要性を感じていなかった学びについて、社会を経験したことで必要性を認識することも少なくありません。

社会を経験したことで、より学びに対する意欲が高まることもあるでしょう。

北欧などでは、社会を経験してから、また大学に入って学び直すことが一般的なこととして認識されています。

 

日本は、大学に入り直して学ぶということは、一般的なこととしては認識されていません。

一方で、大学に入らなくても学べることはたくさんあります。

 

その中でも、道徳と思想については、今の時代だからこそ注目すべき分野であると言えます。

実際に、欧米などのエリート層が、東洋の思想や考え方を取りれていることはよく知られています。

その理由を含めて解説していきます。

 

閉塞感に溢れ不安になるのはスキル不足が原因なのか?

今忙しく働いていながらも、将来に不安を感じたり、今いる組織で閉塞感が漂っていたり、疲弊しているケースも少なくありません。

そんな背景もあり、学び直すことに活路を見出す人もいるのかもしれません。

 

日本を覆うような不安、閉塞感、疲労感。

原因にはもちろん経済が上向かないこともありますが、果たしてそれだけでしょうか。

 

私が思うに、お金を稼ぐこと(儲けることから、生活費を得ることも含む)が考え方の中心にあり、それがほぼ唯一の行動指針になってしまっていることが原因です。

経済状況が悪い中、必死でお金を求めてさまよっていれば誰だって疲れます。

 

今の時代、そのような考えのもとで、色々と試したりスキルをつけても、状況は打開できません。

打開できないどころか、このままではどんどん日本人は不寛容になって、金銭的にも精神的にも追い詰められていくことが想像できます。

理由は簡単で、経済成長の鈍化は、資本主義世界が進展すれば当然の流れであるからです。

右肩上がりの成長をもう期待することはできません。

 

ですからスキルを求めて学び直したところで、お金を求めて行動することを唯一の行動指針としているうちは幸せにはなれません。

ある意味考え方をガラッと変えることが求められています。

 

といっても難しいことではなく、多くの人の中に既にあるものを呼び覚まし鍛えるだけです。

それが道徳心であり、道徳心を培うのに思想が重要になります。

さらに朗報があるとすれば、大事なのは私たち日本人に馴染みが深い、東洋の思想と道徳心であるということです。

 

MBAやアナリストの数よりも不足している道徳者

社会人 学び直し

MBAブームに資格ブーム

大学(院)で人気のコースといえば、MBA(経営学修士)でしょう。

2000年代くらいから、今にいたるまで、MBAの人気は圧倒的に高く、多くの人が学んでいます。

社会人になってから取得する人も全世界で見ても少なくありません。

経営戦略論から、マネジメント論、マーケティング、リーダーシップまで幅広く学び、実社会でも役立っていることは確かです。

 

その他、金融工学なども注目を集めています。

大学に入り直すことはしないまでも、自分がこれまで学んでこなかった分野の資格を取ろうと勉強する人も増えています。

 

そのような背景もあって、MBA取得者ははもう珍しくはありません。

その他の資格も同様で、金融関係や、お金に関する資格取得者(〇〇プランナーや▲▲アナリストなど)も増えているようです。

 

そもそも、資格を取ることに夢中になる人が増えているとも言えます。

まさに空前の資格ブームです。

資格を持っている人を探せば、一昔前よりも希少性がなくなっていることに気づくでしょう。

 

道徳者が減っているという現実

一方、数が減り続けているのが、道徳や思想を学び身につけている人です。

 

道徳の授業などは小学生からあります。

義務教育でも大事なこととして子供に教えるわけです。

 

中学生の道徳の教科書を見てみましたが、重要なことが書いてあると思います。

ただし、考えることはやはり「いじめ」問題が中心になるでしょう。

道徳・思想は、まさに「実践してなんぼ、実践する中で考えてなんぼ」の世界です。

知っているだけでは意味がありません。

 

そういう意味では、子供の世界で実践して考えるとなると、やはりいじめ問題が中心になるのです。

そのため、大人になって考えると、また違った視点と角度で考えることができます。

社会を経験したからこそ考えられることがあり、新たな気づきや学びは比較にならないほど増えます。

 

つまり、大人になって、社会に出てからこそ学んで意義のある思想や道徳と言えるでしょう。

しかし、大人になってから学ばれていないという現実があります。

 

義務教育までで終わり!

思想・道徳なんて古い!

現実社会とはかけ離れている!と考えている人が多いのではないでしょうか。

 

資本主義の世の中で、長い間重要視されてきたのは西洋的な考え方であり、結果主義の世の中でした。

大学でマーケティングや金融工学は学んでも、小学生の時に教えられた道徳や思想は思い返すこともなくなっているのが現代の特徴でしょう。

こうした価値観が広まった結果、思想や道徳といった分野に注目する人は少なくなり、今の閉塞感漂う社会があります。

 

資格ホルダーや修士・博士課程を経ている人は増えましたが、道徳者と呼ばれる人は以前よりも減っています。

事業を軌道に乗せ、お金を稼ぐ術を心得ている人は増えましたが、倫理観のある人は減っています。

 

そんな中、欧米式のビジネスの最先端を行く人たちが、東洋の思想や伝統的な考え方を学んでいるという事実があります。

次に詳しく述べていきます。

 

思想・道徳に世界のエリートたちが群がる理由

社会人 学び直し

西洋思想、利益主義の限界

特に、近年になって資本主義社会の中でも弊害が目立つようになってきました。

資本主義の発展は、拝金主義と格差の拡大をもたらしました。

その結果、企業の不正や倫理観の欠如といった問題も指摘されるようになって久しい昨今です。

リーマンショックなどの金融危機の原因となったサブプライムローン問題なども、倫理観の欠如に起因しています。

 

求められるリーダー像の変化

さらに、技術の進化なども相まって、組織を引っ張るということは以前よりも難しくなっている傾向にあることは間違いないでしょう。

まず、組織のリーダーになるような人は、とにかく人よりも能力が高く、強く厳しいリーダーという従来の強権型のリーダー像では通用しなくなってきたという背景があります。

極端に言えば、今までは人格に多少難があっても、MBAを持っていれば活躍できたのです。

しかし、その結果としての拝金主義の蔓延や倫理観の欠如です。

そこで、より倫理観を持った人格的に立派な、人のやる気や能力を引き出すようなリーダーが必要であると考えられるようになりました。

欧米のビジネススクールでも、そのような視点でリーダーシップ論が語られれることが多くなりました。

 

幸福感の変化

リーダーではない人であっても置かれている環境は随分と変わりました。

経済成長が続く時代では、言われていることを黙々とやっていれば、賃金も上がり生活は豊かになり、幸福感を感じることができる時代でした。

この時代は、多少不都合があっても、理不尽なことがあっても、経済成長と生活の改善がそれらを凌駕して満足感をもたらしていました。

多くの人が希望を持って生きていたことは過去の証言や映画などから見ても明らかです。

しかし、今は一生懸命にがむしゃらに働いても、幸福感を感じられない時代です。

賃金も上がらず、生活環境も豊かになりません。

自分らしく生きること、お金だけではない精神的な豊かさを求めることが幸福感につながる時代になってきたと言えるでしょう。

 

蔓延するストレスと精神疾患

閉塞感、疲労感、ストレスが蔓延しており、日本でも欧米でも、アジアでも世界中で精神疾患を患う人が急増しています。

日本だけでも400万人、世界では4億人をを超える人が精神疾患を患っているという調査結果があります。

資本主義経済のもと、欧米式の合理的思考、方法論によってもたらされたものは成長だけではありません。

このような精神疾患や、人間性の喪失をももたらしました。

そんな中、注目されているのが東洋の思想や考え方なのです。

 

今こそ注目すべき日本・東洋の道徳観・思想

マインドフルネスは東洋思想

一番身近な生活で考えるのであれば、欧米でも、マインドフルネスや禅の考え方が世界的に流行していることが挙げられます。

日本だけではなく、世界のビジネスマンたちは皆疲れています。

欧米の軍隊などで活躍した人が、「精神集中」や「動じない心」を手に入れるための本を出版していたので読んでみたところ、日本でも古くから実践されている呼吸法や瞑想の類からヒントを得ていることがわかりました。

東洋の思想や考え方は、非常にわかりにくい部分もありますが、精神性を重視しているため、ストレスに立ち向かうための根本的な方法として、欧米でも注目されるようになったと考えられます。

 

瞑想について

瞑想の効果と意味の正直なところ【素人目線だからこそ勧めたいあれこれ】

 

ビジネスの最先端を行く人が東洋思想を学ぶ

そんな中、世界のビジネスの先端にいるような人たちが、東洋思想を積極的に学んで取り入れる傾向が強くなっているようです。

先ほどの禅の精神もその一つです。

儒教や仏教を中心とした考え方や思想が注目されています。

人格として引っ張るリーダーシップとしての基礎となる考え方を求めてそこにたどり着くようです。

スティーブ・ジョブズが禅に傾倒していたというのは有名な話です。

 

人としてのあり方、道徳的な考え方と言えば、やはり東洋思想ですね。

例えば論語のこんな一節があります。

子曰、導之以政、斉之以刑、民免而無恥、導之以徳、斉之以礼、有恥且格。

子曰く、之を導くに政を以ってし、之を斉える(ととのえる)に刑を以ってすれば、民免れて恥なし。これを導くに徳を以ってし、これを斉えるに礼を以ってすれば、恥有りて且つ格し(かつただし)。

人を導くのに、政策や刑罰をもってすれば、人は法の穴をみつけようとする。しかし、徳と礼をもってすれば、人はその身を正すようになるという意味です。

 

これに代表される通り、テクニックではない、根本的に大事なこと、人としてのあり方などを東洋思想から学んでいるということです。

先ほどのマインドフルネスなどの視点とあわせて考えると、より精神性の強い考え方で、人間の人格や道徳心へと入り込んでいく思想が、現代の閉塞感を切り抜ける方法として注目されているのではないかと思います。

 

東洋思想といえば諸子百家

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。孔子や老子、孟子など、学生時代に習って知っている人が多いと思います。儒教と言えば孔子です、論語は教科書にもありました。性善説の孟子、性悪説は荀子、無為自然の老子など、断片的に覚えている人も[…]

諸子百家

まとめ

現代組織では欧米式の考え方が基本になっていることが多いと思われます。

もちろん優れたところもたくさんあります。

一方で、弊害が出てきていることも事実です。

 

そこで、道徳や思想という日本でも古くから大事にされている考え方が欧米でも注目されるようになり、閉塞感を打開して幸福感を持って生きるための方法として取り入れられています。

私たち日本人でも、欧米式の考え方が主流となっているため、本来の日本や東洋の思想・考え方を忘れてしまっている人も少なくありません。

ここ数十年は軽視されてきたと言っても過言ではありません。

 

そんな中、時代の変化の中で、また注目され、必要とされる時代が来たように思います。

日本人にとっては決して難しい考え方ではありません。

昔から親や先生から言われていることの中には、まさに東洋思想と道徳観がそのまま反映されています。

これから学ぶことを考えるのであれば、日本人であれば仏教思想が最も親しみやすいでしょう。

昔、国語の授業でも習った論語をはじめとした中国の四書(大学・中庸・論語・孟子)から学ぶのもおすすめです。

今必要な学びは、道徳と思想です。

世界の先端を行くリーダーも東洋思想を学び取り入れています。

学び直しを考えている人は、是非道徳と思想の分野から始めてみてはいかがでしょうか。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい

仏教をもとにした考え方、道徳を養いたい方は是非こちらもご覧ください。学び直しのスタートとしておすすめです。

 

関連記事

こんにちは!Jimmyです。今回は、生き仏と呼ばれた天台宗の僧侶、酒井雄哉(さかいゆうさい)大阿闍梨から学ぶ人生の真理を紹介します。 一日一生とは、文字通り、一日を一生だと思って生きることを言います。[…]

一日一生

 

関連記事

本書の概要とその前にこんにちは!Jimmyです。今回は、稲盛和夫さんの著書、「稲盛和夫の哲学」を紹介します。哲学の重要性、今の時代だからこそ持つべき理由その前に、哲学と聞くと、何か難しいイメージを持っている人もいるかもし[…]

稲盛和夫 哲学

 

関連記事

人生に疲れたら立ち止まって読んでみようこんにちは!Jimmyです。日々慌ただしく過ごす毎日でも、時には人生について考えることもあるでしょう。忙しく働いているのに、仕事もそれなりに順調なのに、なぜか幸福感を得られないことも[…]

人生 疲れた

 

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

社会人 学び直し
最新情報をチェックしよう!