毎日充実!ささやかな幸せの見つけ方

あなたの”幸せ”とは何ですか?

こんにちは!Jimmyです。

山あり谷ありの人生、毎日を前向きに生きていますか?

仕事やプライベートにおいて、将来こんな風になりたい、こんな暮らしをしたいという理想は誰もが持っていることでしょう。

 

将来は素敵な車を買いたい、

若いうちに大金を稼いで悠々自適な生活を送りたい、

今いる会社で役員になりたい、

両親に家をプレゼントしたい、

などなど簡単ではない目標、理想の幸せを達成するためには、懸命に努力する必要があります。

忍耐力

日本人は我慢を美徳とする文化があり、今のうちに苦しい思いをすることが、将来のために必要だとする考え方をよく聞きます。

実際私もそのような考え方のもと、幼少期から長い間過ごしてきました。

 

苦労をすることは、大きな目標を達成するために必要なプロセスである場合が多いことは確かです。

しかし、歯を食いしばって先を見ることと、現在の幸せを犠牲にすることは違います。

 

大きな幸せや先のことばかりに目を向けていると、目の前の余裕が無くなります。

また、長い人生でその幸せを掴みとった時、もしくは達成ができなかった時に、次の幸せを見つけることが大変困難になってしまうという危険性もあります。

 

それに気づいてからは、身近でささやかな幸せを見つけることを毎日のように意識するようになりました。

目の前のささやかな幸せがいかに大切で、それをどのように探せばよいのか、私の経験をもとに紹介します。

余裕のかけらもないサラリーマン時代

今思えば、私はサラリーマンの頃、たくさんのささやかな幸せを見逃してきました。

ささやかな幸せを探すのがとても下手な人間だったのです。

今振り返ると、それが大きな問題でした。

 

当時私は、仕事に行くのを苦行であると思っていました。

平日の楽しみは特にありませんでした。

将来の大きな目標は、あるにはあったのですが、それだけでは身が持ちません。

 

よく言われる話ですが、近くにいくつも目標設定する必要があります。

では一番近い目標(幸せ)をどこに設定していたのか。

一番よい例は休暇です。

毎日カレンダーを見て、休暇までの日数を数える日々でした。

ささやかな幸せ

あと15営業日を乗り切れば、バリ島に行ける!といった感じです。

一日中携帯をオフにして、人気のないビーチでお酒を飲みながら寝そべることだけを思い描いていました。

その時の私の唯一の幸せはそれだったのです。

 

休暇の1ヶ月以上前からカウントダウンをしていたのをよく覚えています。

これだけでは平日の幸福感は感じられませんし、精神的に余裕の無い状態が続きます。

更に大問題なのがバリ島に着いてからです。

 

妻との旅行でしたので、妻の希望もあります。

人混みから逃れるためにやってきたバリで、また人が多いところに行くのは面倒です。

 

しかし妻は、雑誌に載っている夕日の見えるおしゃれなレストランに行くことを楽しみにしていました。

当然雑誌で注目されるようなレストランは混んでいます。

行列を並んで待っているときは、せっかくバリまで来ているのに疲れを感じました

 

極端に感じるかもしれませんが、ささやかな幸せを考えることのなかった人はこうなってしまうのです。

どんな時でも我慢という感覚が先に立ち、苦痛と隣り合わせでした。

日々、幸福感からは遠ざかり、苦行と休息(逃避)を繰り返すようなイメージです。

 

ささやかな幸せ

ささやかな幸せを感じる習慣が必要な理由

残念ながら、私のような人間にとって、ささやかな幸せは、習慣を変えない限りなかなか気づくことができません。

その半面、習慣にすることができれば、自分の意識を少し変えるだけでささやかな幸せは簡単に手に入ります。

ひとときの気分転換や幸福感が、その日に他人に接する時の態度や話し方、感情に影響されます。

 

習慣にしておかないと、気分の優れない日が多くなります。

気づかないうちに周囲にも悪い影響を及ぼすことも、年齢を重ねるほどによく考えなければなりません。

 

あまり想像することはないかもしれませんが、悲惨なのは老後だと思います。

以前それについて、妻からも心配されていました。

 

私は起業して成功することを目標にしています。

それ以外に趣味はゴルフくらいです。

仮に事業がうまくいったとしても、どこかで引退は必ず迎えます

 

体が固く、よく身体中の筋がつってしまう私です。

趣味のゴルフもいつまでできるかはわかりません。

 

以前サラリーマン時代に、親しくさせていただき、よくゴルフをご一緒した方がいます。

当時60歳を迎える年でしたが、大変お上手で、「まだまだお前なんかには負ける気がしない」と言われていました。

ところが60歳を超えたところで、体調を崩されたあたりから、ゴルフができなくなる時期が続きました。

復帰はされたのですが、「ゴルフできるのもあと数年かなあ」といつになく弱気な口調で仰っていたのをよく覚えています。

仕事も引退し、趣味も出来なくなったら自分はどうなるのか、考えると恐ろしさがこみ上げてきました。

毎日充実

現に、仕事一筋で働いてきた人で、寂しそうな老後を過ごされている人が多いことを見聞するにつけ、人ごとではないと感じるようになりました。

社会的に居場所も無くなり、楽しみもなく、挙句キレる老人になるか、無気力な老人になるのではないかと思うのです。

 

妻以外の人と接点がなくなる自分を容易に想像できました。

そうなっては妻も幸せではありません。

 

ささやかな幸せを見つける習慣がずっと無かったため、周囲がいくら誘って仕向けようとも、見つけることができないのです。

ほんの数年前の話ですが、これを機に、ささやかな幸せを大事にすることを考えるようになりました。

苦行を我慢することが成功の近道ではない

多くの偉人や成功者たちが、並々ならない努力を積み重ね、成功を掴みとったということは誰もが知っていることです。

しかし、それらの成功者は、成功するまでは苦難しかなかったかというとそうでもありません。

 

当然人一倍の努力や苦難も経験しているのですが、息抜きや気分転換、モチベーションコントロールを上手に実施できている人が多いのです。

 

京セラの創業者稲盛和夫さんは、京セラを一から作り上げた稀代の名経営者で、人の何倍もの努力をされてきました。

フルマラソンを全力疾走するというような表現で自身の働き方を表現されてきた稲盛さんです。

 

毎日、どれだけストイックに過ごされてきたことかと想像していましたが、著書で当時を振り返り、うまく楽しみを見つけて、息抜きをしていたエピソードが紹介されていました。

 

全く同じ時間に同じことをやるにしても、幸せを見つけられるか、見つけられずに苦労と感じるかはその人次第ということにようやく気がつきました。

ささやかな幸せ

ささやかな幸せはこんなにある お手本は身近な人

 

ささやかな幸せ

ささやかな幸せ探しが超がつくほど下手だった私にとって、周りの人の多くが良いお手本になりました。

特に女性は、日常のささやかな幸せを見つけるのが上手だと思います。

 

当時は、つまらないことに一喜一憂していると思って見ていましたが、それこそが人生を豊かにする近道なのだと今では思います。

 

まずは、大人になって凝り固まった自分をほぐす作業が必要です。

先ほど述べた、引退後の男性に多い寂しい老人は、プライドや固定観念に縛られているため、新しいことや、今まで自分が関心を示さなかったことを頑なに拒否します。

 

だから、地域社会に溶け込んだり、新たなコミュニティに参加するのをためらったりするのです。

その気持ちはとてもよく理解できます。

私も以前は予備軍でしたので。

 

一方女性の方が楽しみを見つけ出し、楽しそうに外に出かけていく姿が多いように思います。

私の妻の母、祖母共に退職後も色々な趣味や習い事、知人との交流を楽しんでいます。

表情も豊かで、些細なことでもみんなで大笑いしています。

 

妻も、弱音を吐くことはありますが、ささやかな幸せを感じるポイントをたくさん持っています。

それを真似するようにしました。

 

ささやかな幸せを感じることで、本当に気分が晴れやかになります。

一瞬であってもそれが大事です。

1日を前向きに過ごすエネルギーになります。

  • ご飯が美味しくできたとき
  • 忙しい1日を終えて夜夫婦で一息ついているとき
  • 休日に夫婦で散歩をするとき
  • そこで美しい花を見つけたとき
  • 天気がよく清々しい風が吹いたとき
  • 可愛らしい動物の動画を見たとき(我が家では決まって、犬)
  • いつもよりお得な買い物ができたとき
  • 友人が連絡をくれたとき


ささやかな幸せ

当たり前のことを幸せだと感じることがポイントです。

最初は若干の違和感を覚えることもありますが、毎日繰り返していればささやかな幸せを感じることが習慣になります。

 

ちなみに、今の仕事が好きでなければ、仕事があるから幸せだと無理に思う必要はありません。

これは私も何度も試みましたがサラリーマン時代は無理でした。

 

まずは、日常生活の小さなことから、ささやかな幸せを感じ、それに感謝することから始めるとよいでしょう。

気持ちが前向きになれば、考える視野も広がり、意欲も湧きます。

四六時中そのような気持ちにならなくても、一瞬でも大事であると思います。

仕事を含めて、本当の幸せのために、どう生きていくべきかを考えられるようになります。

最後に

サラリーマンを辞めた後、起業に向けて歩み始めましたが、大企業の手厚い待遇は無くなりましたので、生活は不安定になりました。

自慢にもなりませんが、そんな中でも毎日ささやかな楽しみを見つけることができたおかげで、充実した毎日を過ごすことができたのは事実です。

日常で遭遇する、ささやかな幸せを感じるポイントはたくさんあり、それを感じるかは自分次第です。

自分で選択できることですから選択しない手はありません。

今まで長い間、「労働の対価」、「苦しいことを我慢した自分への気休め」、或いは「当然のこと」として捉えてきたことを、ささやかな「幸せ」と捉えることができれば、人生はずっと前向きに明るくなります。

当たり前のように知っている人もいますが、私のように30歳を超えて気づく人もいるかもしれません。

ささやかな幸せを感じる機会が少なかった人は、この機会に意識を少しだけ変えてみることを試してみてはいかがでしょうか。

日々前向きに、幸福感を持って過ごされることを祈っています。

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい

フィンランドが幸福度ランキング連続1位 日本人が幸せを感じない理由

休日の大学を散歩、都会で無料の気分転換法

当たり前のことに感謝することで人生を変える方法

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

ささやかな幸せ
最新情報をチェックしよう!