フィンランドが幸福度ランキング1位、日本が幸せを感じない理由【2020年度】

2020年世界幸福度ランキング発表

こんにちは!Jimmyです。

今年も世界幸福度ランキングが発表されました。

 

日本は昨年の58位から更に順位を落とし62位という結果になりました。

参加国は153カ国です。

 

トップ10は以下のようになりました。

1位フィンランド

2位デンマーク

3位スイス

4位アイスランド

5位ノルウェー

6位オランダ

7位スェーデン

8位ニュージーランド

9位オーストリア

10位ルクセンブルク

 

ちなみに他の主要国はというと、アメリカは18位、イギリスは13位、ドイツは17位、フランス23位、アジアでは台湾が25位シンガポールが31位、フィリピン52位、タイ54位、韓国が61位、この辺りが日本よりも上位という結果でした。

 

世界幸福度ランキング2019

世界幸福度ランキング2020

 

幸福度ランキングは、以下の6つの各項目を指数化して決定されます。

・所得(GDP)
・社会的支援(困った時に頼れる人の有無)
・健康寿命
・人生選択の自由度
・寛容さ(過去1ヶ月に慈善団体に寄付をしたか)
・社会の腐敗度

 

これらが幸福度を完全に表しているわけではないとは思いますが、幸せを形成するための重要な要素の一部ではあると思います。

フィンランドが幸福度ランキング3年連続1位の理由

①フィンランドの項目別結果

毎年北欧勢がランキングの上位に入ります。

フィンランドは、北欧に位置する人口約550万人、面積は日本の90%ほどの小さな国です。

基本的に北欧は社会保障が手厚く、一人当たりのGDP、平均寿命も相応の水準であろうという印象をお持ちではないでしょうか。

 

実際にはどうなのか?

2020年の項目別の詳細順位をみたかったのですが、最新版では項目別の順位が現状見当たらなかったので、昨年の2019年の順位で見てみます。

GDPでは22位、

平均寿命は27位、

寛容さは47位とこれらが下位項目になります。

 

一方、社会支援は2位、

自由度は5位、

社会腐敗度は4位といずれもトップレベルの水準でした。

 

結果が示す通り、フィンランドの幸福度が高いのは、社会支援、自由度、社会腐敗度(の低さ)によるものです。

それぞれの項目について見ていきます。

幸福度ランキング フィンランド

②社会支援の充実

社会支援の充実という項目については、社会保障の手厚さが大きな要因になっていることは間違いないと思います。

北欧に多く見られますが、医療費、教育費が無料である国はこの項目で上位にきています。

 

大学には何度でも入れます。

医療についても大変充実しています。

 

フィンランドでは、「ネウボラ」という制度があります。

子供が生まれる前から小学校に上がるまでの成長をサポートする制度です。

 

全ての自治体で行われており、出産、育児の情報提供のほか、オムツや衣類等赤ちゃんに必要な数十種類のものが入っているベビーボックスが全ての人に対して無料に送られます。

生まれてくる全ての子供が、平等に人生をスタートできるようにというコンセプトです。

 

保育所も全ての子供に対して準備されています。

待機児童はいないようです。

 

③人生選択の自由度

フィンランドでは、一度就職して、それが自分に合わないと感じたら何度でも学び直す機会があります。

実際、大学に何度でも通っている人が少なくありません。

それが一般的なこととして認められており、偏見もありません。

 

また、大学も卒業する時期は決まっておらず、卒論が完成すれば、いつでも卒業できるようになっています。

そのため会社も、就職する時期はバラバラですし、終身雇用や年功序列という概念もありません。

 

学歴社会の概念もなく、世界大学ランキングで上位の大学を卒業することが就職に大きく影響することもありません。

義務教育が終了した後は、大学を見据えて高等学校に進学するか、職業訓練学校に進むかを選びますが、どちらが優れているという概念はありません。

 

一つの方向に進んだら、それで人生が決まってしまう、というような考え方ではないのです。

本当に自分がやりたいことは何かを考え、チャレンジする機会に恵まれています。

 

他の視点からも人生選択の自由さを垣間見ることができます。

フィンランドでは事実婚が認められていますし、近年では同性婚も認めらるようになりました。

 

婚姻関係という概念は、日本ほど強くはない印象です。

片方の申請のみで離婚が成立するようですし、離婚した後でも普通に付き合いは続けている人も多いように聞いています。

 

結婚に関してもフレキシブルな考え方であるため、結婚という固定観念に束縛されるということが少ないのです。

 

北欧では当たり前なのかもしれませんが、女性の社会進出という点も挙げておこうと思います。

保育所などの受け入れ態勢や企業の理解もあるため、子供を持つ女性が働きやすい環境にあると言えます。

企業は採用面接時に、「小さな子供がいるかどうか」を聞いてはならないルールになっているようです。

幸福度ランキング

④クリーンな社会・腐敗の少なさ

「あなたの国は政府、企業で腐敗がありますか?」という問に対する答えを基準に指標が作られているようですが、北欧のクリーンなイメージがそのままランキングに反映された印象です。

 

経済面では一人当たりGDPでは22位(2019年度)と比較的高い順位にありますが、アメリカやイギリスほど資本主義を崇拝していないことが大きな背景だと思われます。

 

政治に関してもクリーンな印象です。

直接関係があるかはわかりませんが、「仕事上の役割における自己」と「一人の生活者としての自己」を完全に分けて考えているようです。

 

例えば、一国の首相や、有名議員であっても地下鉄で見かけることも珍しくないようです。

通勤、帰宅の時なのでしょう。

駐日大使も黒塗りの高級車ばかりではなく、スタッフ車に乗ることもあれば、会議や夕食会の後、家が近ければ歩いて帰ることもあるようです。

 

社会的地位を生活の隅々までリンクして考えていない様子が伺えます。

仕事上の地位や役職に囚われすぎないところがクリーンなイメージを作っているのかもしれません。

日本人の幸福度はなぜ低いのか?

①寛容さランキング92位!!

ご存知の通り、日本は世界の長寿国であり、GDPは世界第3位です。

実際、指数化してもこの2項目は悪くありません。

こちらの項目別順位も2019年度のものを参考にします。

2020年も、おそらく大きくは変わっていないと思われます。

日本は、平均寿命で2位、所得では24位でした。

 

しかし、社会の腐敗度は39位社会的支援が50位と振るいません。

続いて人生選択の自由度は64位寛容さに至っては92位という結果です。

 

GDPや寿命でわかる通り、非常に豊かな国にいながら、社会的支援や人生選択の自由度が高い順位にいません。

 

これは、ある程度想像の範囲内であり、理由も想像できる人は多いのではないでしょうか。

敢えて調べていませんが、待機児童問題であったり、格差問題であったり、女性の活躍度合いであったり、失敗が許されない社会だったり、多くの理由が挙げられます。

 

もっとも見逃せないのがダントツでランキングの低い、「寛容さ」についてです。

大きく順位を下げた原因です。

 

では、寛容さとは何でしょうか。

定義によると、過去1ヶ月に慈善団体に寄付をしたかどうか、ということです。

 

ストレートに「他人に対して寛容かどうか」ではないようです。

想像していた寛容さとは違います。

 

日本人は寄付をあまりしないため、「寛容さ」は92位になってしまいました。

慈善団体への寄付をためらう理由として次のことが挙げられます。

・実際に寄付したお金、モノが真に有効に利用されているのかわからない、疑わしい。

・募集している団体自体が怪しい。

 

確かに、寄付や募金を募る詐欺は聞いたことがありますし、私自身、知らない団体を名乗る寄付の募集には消極的です。

当初この幸福度の指標を知ったとき、寄付の寡多で、寛容さの指標とするのは少し強引な気がしました。

寄付しないことがすなわち、寛容ではないことに直接繋がるとは思えないからです。

 

しかし、よく考えてみると、寄付をしない理由こそ、「寛容さに欠ける」日本が抱えている構造的な問題なのではないかと思うようになりました。

 

つまり、寄付の寡多で測定した寛容さの指標は、そのまま日本人の寛容さの低さとして当てはまっていると考えるようになったのです。

 

やはり寛容さのランクは92位くらいが適当か、もっと低い印象すらあります。

上記に挙げた、日本人が寄付をしない理由の大部分は、「疑わしいから」、「怪しいから」ということでした。

 

閉鎖的で、自分が所属するコミュニティ以外への関心が低く批判的、理解しようとすることに消極的なのです。

 

②不寛容な日本の特徴 無関心・批判的

幸福度ランキング 

問題の1つ目は他の人、コミュニティへの無関心です。

寄付が少ないのは、決して日本人はケチな人が多いからというわけではありません。

 

事実、地震災害等、誰でも理解できる事象が発生し、公共の電波を通じて呼びかけられた募金や寄付には多くの人が呼応します。

地震災害は日本人であれば誰の身にも起こりうる事象なので、理解、想像しやすいのではないかと思います。

 

その上、テレビや新聞からは悲惨な状況が情報として大量に入ってきます。

それでようやく動けるのです。

 

本当は、知ろうと思えば、団体のことや、寄付がどのように使われたかを確かめることは意外とできます。

最近のNPO法人の中には、自分の寄付がどのように使われてどんな結果に影響したかをしっかりレポートしてくれるような団体も少なくありません。

 

結局、無関心から来る疑いなのだと思います。

 

問題の2つ目は他のコミュニティ、人に対して批判的ということです。

海外で生活をしたことのある人に多い感想として、「日本に戻ってくると息苦しさを感じる」というものがあります。

これは、私も大いに共感するところです。

 

本当に困った時、助けが必要な人は助けますが、困っていないとき、つまり通常は、周りの目が大変厳しいのではないかと感じます。

つまり、正常に動ける人、困っていない人には敢えて優しくする必要はないという考え方です。

 

他人に対して、高い水準での常識的行動を求めます。

バスや新幹線の座席のシートを倒すだけでも気を使います。

小さな子供を連れて公共の場所に行くときも批判的な視線は必ずあります。

 

地下鉄にベビーカーを押して入ったところ、舌打ちされたなんていう話も聞いたことがあります。

「混んでいる時間にベビーカーなんて持ち込むのは迷惑だ、非常識だ」と思われるのでしょう。

 

人に迷惑をかけないことを考えるあまり、他人に対する寛容さが欠けてしまっているのかもしれません。

またサービスの質が高いばかりに、自分はある程度の水準のサービスを受けて当然という心持ちになっているため、些細なミスや失敗に対しても批判的になり、過敏に反応しがちです。

 

互いに寛容ではないため非常に窮屈な社会になってしまっているのではないかと感じます。

 

私自身、はっとした経験があります。

海外でバスや電車に乗っているとき、子供連れの母親が泣きわめく子供を気にする感じもなく堂々としているのです。

 

それを見て、私はこう思いました。

「子供が泣くのは仕方ないけれど、母親は少しは子供が泣きやむように対応するか、少なくとも気にするべきでは?」

母親の態度にイライラしていたことを認めます。

 

一方、周りの人たちをみると、不機嫌そうな様子はありませんでした。

それどころか、ニコニコしながら母親に何か話しかけて談笑を始める人もいました。

 

うまく聞き取れませんでしたが、非難をしていないことは明らかでした。

日本の生きづらいところは、まさにここだと思いました。

 

日本は礼儀正しく、モラルもある生活しやすい国だと思って生きてきましたが、自分も生きづらい日本の構成員だったのだと気付きました。

 

周りも怪訝そうで、周りを気にする母親も居づらい状況。

一方で、周りもおおらかで、母親も堂々としている状況です。どちらが清々しいかは明らかです。

今の日本の不寛容さの問題を痛感した出来事でした。

あわせて読みたい

傘の迷惑行為報道で感じた他人への「配慮」と「寛容」

生きづらい日本のこれからの課題

幸福度ランキング

幸福度1位のフィンランドを調べてみると、意外な事実がわかります。

フィンランドの国民性は日本人と似ている部分がかなりあるのです。

 

欧米を一括りに考えるのは少々強引ですが、私たちが一般的に持っている欧米というイメージからは大きくかけ離れていましたので紹介します。

 

これは、ある著書に書いてあった内容です。

フィンランド人とフィンランド通の日本人が対話形式でフィンランドを紹介するという本でした。

その中でフィンランド人の特徴について記載がありました。

 

例を以下に挙げます。

・(ビジネスでなくても)時間を厳守するのは当たり前。

・自慢話をあまりしない、褒められても謙虚。(本当はうれしい)

・決められた規則を守る。交通量がゼロでも赤信号は渡らない。

・口数が少ない。シャイ。「沈黙は金、口をきくのは銀」という諺がある。

・セミナーなどの最後に質問の時間が設けられるが、多くは質問しない。

・閉鎖的(み見られることがある)

 

幸福度ランキング総合1位のフィンランドですが、「寛容さ」の項目は、47位(2019年度)と他の項目に比べてダントツで低いことに着目します。

(自由度、腐敗、社会支援はトップ5以内、GDPは22位、寿命は27位、いずれも2019年度の項目別順位)

 

関係性は断定できませんが、生真面目でオープンではない性格の人が多い国は寛容さも低いと私は推定しています。

 

日本は社会のルールや周りの目にがんじがらめになっています。

そのため日本で生活をすることは便利で、安全である反面、息苦しさを感じることも多々あります。

 

海外にいる方が気持ちがリフレッシュでき、オープンになれるという人が多いのはこのためです。

 

今回の幸福度調査が、人の幸福度を示す完璧なものではないことは繰り返し指摘しておきます。

その上で、日本人が幸せを追求するにあたり必要なことは、社会の寛容さへの意識改革ではないかと考えます。

 

いくら安全で便利で豊かであっても、人との関わりの中で生きている以上、日々生きづらさ、息苦しさを感じながら生活していては幸福感も得られないでしょう。

 

人はそれぞれ違うこと、ルールはあくまで人間が作ったルールであり絶対的な価値ではないこと、違う人との関わりの中で成長できること。

 

当たり前のことですが、意識することで、無関心、批判的な気持ちから少しは抜け出せる瞬間があります。

まだまだ長い人生、眉間にしわを寄せて生きていたくはありません。

幸福をより実感するためにも、爽やかにおおらかであるよう毎日自分に言い聞かせています。

 

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

あわせて読みたい

気づいたら仕事人間という悲し人生が多すぎる理由

最高のおもてなしとは?日本人が失ってはならない利他の心

機嫌よく生きることの大切さと実践すべき3つの行動原則

 

こちらもおすすめ!

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。個性が大事、自分らしくありたい、などとよく言われますが、では「自分らしさ」とは何でしょうか。 「あなたらしいね!」学生の頃、何かをした際に、何かを発言した際に、[…]

自分らしさとは
あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。”感情をコントロールしたい、感情に振り回されずに生きたい!”ある意味永遠のテーマなのかもしれません。 感情をコントロールできないことで、失敗したこと、後悔したことは誰にで[…]

感情 コントロール
あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。資本主義社会が成熟し、かつてないほどの発展を見せている現在ですが、その反面、問題も多く存在しています。 その中でも、「生き方がわからない」と途方に暮れている人が多くなって[…]

生き方がわからない
 
 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

フィンランド 幸福度ランキング
最新情報をチェックしよう!