体育会系は就職に有利?なぜ大企業は体育会系人材を選ぶのか

こんにちは!Jimmyです。

体育会系の部活に所属している人は就職に有利なのか?

就職を考えたときに、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

 

特に大企業では、一定数は必ずバリバリの体育会系が存在し、営業などで活躍しています。

ここでいう体育会系とは、体育会系の部活に所属していた人はもちろん、体育会系の考え方を持っている人も含みます。

体育会系 就職 有利

もちろん、体育会系に所属していた人でも、違う考え方を持っている人もいるとは思いますが、私の経験から感じたことを素直に書いていきます。

 

はっきり言って、体育会系は就職に有利に働くことが多いです。

業界に対する知識は高くない、志望動機も平凡、それでも採用されるということがよく起こります。

何故なのか、ズバリ理由を解説します。

能力の高すぎる人間は要らない

会社の成長のためには、能力の高い人をたくさん採用すべき、というのが通常の考え方です。

しかし、実際は能力はあまり重視されていません。

少なくとも一番重要な項目ではありません。

 

これには、大企業ならではの組織の特徴が関係しています。

大企業の縦長組織は、本当に長いです。

 

実際に私が大企業に所属していたときは、一つの決裁を取るのに何人に回覧するのかと嘆きたくなることがよくありました。

 

一つ実例を示しましょう。

1、アシスタント
2、担当者
3、係長クラス
4、副課長クラス 
5、課長 
6、部長 
7、副社長(現法レベル) 
8、社長(現法レベル)
9以降、本社役員(常務、専務など)

これは一つのラインにおける職位を順に示しただけで、部署を一つ跨げば、さらに登場人物が増えます。

辟易するほど登場人物が多いのです。

 

関わる人が多くなればそれだけ統制が難しくなります

企画一つとっても、賛成の人と反対の人、賛成の中でも、細かい意見は様々だったりします。

 

ある社員が立案した企画を10人の上司、役職者が決裁するとしたら、意見をまとめるのは大変難しいことは想像に難くありません。

それを可能にするのは、年次という一つの大きな価値観の軸があってこそです。

上の顔色を見ながら、その要求や意向を汲み取り、下に指示を出せることが統制のポイントです。

 

時には、上席者の考え方の大局を捉えて、即座に指示を変更する、黒いものでも白ということを厭わない精神も必要です。

冷静に客観的に会社を見て、上司が何と言おうと正論を言う人間は敬遠されがちです。

そんな人がいっぱいいたら、とても統制できないからです。

仕事に必要な体力、愚直な実行力

多くの仕事がそうであるように、基本的には体力は必須です。

体力と勢いがあり、言われたことを愚直に実行できる人間、そんな戦士が求められています。

 

それと忠誠心。

忖度でき、どんな環境にも自身を適応させていくことで、将軍(上司)の満足と評価を獲得するのです。

それらを、図らずとも、学生時代から体現できているのが体育会系なのです。

 

全員(もしくはほとんどが)単一の価値観に基づいて行動するので、非常に統制がうまくいきやすく、トップダウンでことを進めるのに最適な体系と言えます。

日本の伝統的な大企業は特に、トップダウンで、一糸乱れぬ統制された組織というのが特徴です。

事実、それを強みとして高度経済成長期を支え、グローバル競争に勝ってきたのです。

体育会系

年功序列

日本の大企業の多くは、いまだに年功序列の体制が色濃く残っています

体育会系の人は、大学時代、同じ理屈の組織で過ごしているので会社に入っても馴染みやすく、管理もしやすいと言えます。

 

能力によらない絶対軸、それが「年次」です。

信じられないかもしれませんが、非常に多くの人が、年次を大変気にします。

社内会議の前には、初対面の場合、相手の年次を必ず確認します。

 

もし自分が上だったら、それだけで一歩目はリードしたかのように思うのです。

話し方や態度も大きく変わります。

1日でも先輩(年配)なら、そこに上下関係が成立するようです。(実際に、そう言っている先輩がいました。)

そのような考えに抗うような言動は、軋轢を生み、組織の中でやりにくさを感じることになるかもしれません。

体育会系は多様性の対極

 

体育会系 就職 有利

そういうわけで、大企業には体育会系社員が多いので、採用する側も体育会系になります。

体育会系は、集団を作り、大きな一つのベクトルに他人を取り込みます。

つまり、増殖機能があるのです。

 

そうなると自然に選ばれる人も似たような人が多くなります。

体育会系の特徴は、多様性を認めず同じ一つのベクトルを目指すことです。

 

部活でいうと、強いチームはみんな同じ目標に向かって、苦楽をともにするわけです。

そうでないと全国優勝するような偉業は達成できないからです。

 

しかし会社は、部活ではありません。

様々な背景を持った人が同じ職場で働くので、当然考え方が違います。

 

仕事は生活費を稼ぐための手段に過ぎないと思う人もいるでしょうし、仕事こそ生きがいだと思う人もいるでしょう。

家族との時間を一番に考える人もいれば、職場での飲みニケーションが大好きな人もいるでしょう。

 

ましてやグローバル化が進んだ時代、国籍や宗教、信条はみんな違って当然です。

 

しかし、体育会系の考え方は多様性の対極にあるので、多様性を受け入れられない人が驚くほど多く存在します。

同じ考え方を持っているのが当然で、そうあるべきだと考えている人が多いのが実態です。

 

あわせて読みたい

就活で感じる8つの不安と対処法

社会人になる人へ、これから地獄にでも行くような顔していませんか?

最後に生き残るのは多数派集団

体育会系の人は、同じような考え方の人を集めて集団を作るのが得意です。

より多くの人を集めて多数派にしてしまうのです。

よく言えば結束力のある組織を作るとも言えるのですが、馴染めない人は変わっているとみなされます。

そういうマイノリティにとって、そういう組織は非常に居心地が悪いものです。

体育会系 就職 有利

結果、マイノリティは自然とやめていくので、残るのは体育会系の同じような考えを持った人間になります。

こうして、価値観が画一化された組織が出来上がっているのが現状です。

 

実際、多くの日本企業は、中途採用よりも、新卒入社組が多く、同じ企業文化で長年働いてきた人たちの、不文律のような常識があることが多いと言えます。

新卒の人員比率が90%を超えている企業は珍しくありません。

最後に 

体育会系の需要は、特に大企業では必ずあるので、就職活動の際は、部活での協調性や努力を述べれば印象はいいと思います。

体育会系の考え方が好きだという人は、このような大企業でもうまくやっていけることが多いです。

 

そうでない人は、少し考えなければならないと思います。

私は、体育会系の考え方はあまり好きではないので、大企業組織にいて違和感を覚えることは少なくありませんでした。

居心地が悪いと感じていたというのが正直な感想です。

自分を偽りながら、嘘の協調性を演出して、場の空気になじもうとしたことも多々ありました。

 

大企業の全てが体育会系の組織であると断定するつもりはありませんが、同じ価値観に基づいた、同じような人が集まっているという特徴は多くの組織に共通して言えることです。

 

当然、それはそれで、いいこともあります。

同じ価値観で団結できれば、結束力を持って取り組むことができ、チームとしてのモチベーションも上がります。

 

大企業であれば、世の中にインパクトを与える大きなことに関わる可能性もあります。

ただし「関わる」のであって一人でやることは絶対ありません。

日本的なチームワークを求められる職場でどう生きるかが重要です。

気をつけなければならないポイントは、自分がマイノリティーな考え方に属していた場合、やりづらさや違和感を感じる機会も多いということです。

 

もし、体育会系組織に対して不安があれば、大企業以外の選択肢も一度は考えてみることをお勧めします。

こんな記事も参考にしてみてください。

時代遅れの体育会系会社の実態と見分け方

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

あわせて読みたい

就活に疲れた人へ、後悔しないための就活体験談

普通の就活がおかしいと感じたら、アウトロー採用も選択肢

和して同ぜず 難しい世の中だからこそ際立つ必須の考え方

 

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

体育会系 就職 有利
最新情報をチェックしよう!