社会人になる人へ、これから地獄にでも行くような顔していませんか?

私の就活と社会人1日目

こんにちは、Jimmyです。

これから、社会人になる人の中には、地獄にでも行くような一種の絶望感を味わいながら、最後の学生生活を過ごしているかもしれません。

今回は、そんな人たちへ、私が社会人になる時のことを思い出しながらエールを送ります。

 

これから社会人になろうとしている人、社会人になったばかりの人を見ると、自分が新卒で入社した時のことを思い出します。

10年以上前の春のことです。

特に、入社当日、会社の宿泊研修所に初めて入所する日のことを私は忘れられません。

”この世の終わり”のような気持ちでいたからです。

入所する研修施設が地獄の門に見えたのを覚えています。

社会人 地獄

社会人になるにあたって、もしくは入社を迎えて、同じような気分になっている人も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、学生の頃から主体的に情報を取り、自分のやりたいこと、進みたい道を明確にして、希望に燃えて入社を迎える人もいると思います。

 

しかし私のように、就職活動を何となくはじめてしまって、企業を見ていてもよくわからない、

結局自分が本当に何がしたいのかよくわからないまま決めてしまうという人も、実際には多いのではないかと思います。

 

私は、ベンチャー企業に惹かれることが多かったのですが、何の知見も経験もないので、その会社で本当にいいのか自信が持てませんでした

周囲からは、せっかく大企業の内定があるのだからと、まずは大企業を選ぶことを勧められました。

早く就職活動を終わらせたかったという思いも重なり、そのまま銀行員としての社会人生活をスタートさせることになりました。

 

そんな過程を経てのスタートです。

ワクワクする思いなど全くありませんでした。

 

入所当日、住み慣れた家を引き払い、通い慣れた大学の前の通りを通過すると、桜が満開になっています。

”地獄”へ向かう道すがら、あの桜が灰色に見えたのを今でもはっきりと覚えています。

こんなスタートで、これから大丈夫なのでしょうか。

これからがスタート 自分の価値観と向かい合う

私の入社経緯と、社会人になるにあたっての正直な心境を紹介しましたが、

完全に納得した形で社会人生活をスタートする人は意外と少ないものです。

 

考えてみれば、当たり前なのですが、就職活動という限られた機会と時間の中で、会社のことを全て把握することは不可能です。

非常に局所的な情報を得て、実際に入ったことのない組織を”想像”するしかありません。

 

そのため、入る前は非常に不安になりますし、入った後にイメージと全然違ったり、逆に考えてもいなかった良い面が見つかったりすることも少なくありません。

社会人 地獄

学生が持つ情報は本当に限られています。

その限られた情報の中で、本当に納得して職場を選ぶことなど、そうそうできるものではありません。

 

社会で働いたことがなければ、自己認識も正確なものではない可能性が高いです。

つまり、入ってから、本当の自分の価値観探しがスタートするのです。

間違っても、自己分析は、就活の時だけやるものではありません。

 

組織に所属すれば、様々な業務や人、組織の特徴、コミュニケーションを経験します。

そこで初めて気づくことが多くあります。

成功、失敗を繰り返す中で、色々な感情、発見が生まれ、そして新たな自分の中の価値観が必ずできていきます。

会社を辞めることも当然選択肢の一つ

初めて社会人を経験して、感じたことや考えたことは、学生の時に考えたことに比べて何倍も濃いものです。

もし、その組織が自分の価値観に合わないのであれば、転職という選択肢も当然出てきます。

会社を辞めることは後ろめたいことではありません。

 

その組織にいることに何らかの満足感や希望があるのであれば素晴らしいことですが、

就職前の情報の非対称性から考えても、全員がその組織に合った人間であることなどはあり得ません。

非常に僅かな期間と僅かな情報だけで就職しているのです。

さらに、時代はどんどん変化しています。

自分の人生

他に行くべき道や、もっと自分の価値観にふさわしいところが見つかって当然です。

会社についていけないと自信をなくしたり、自分の能力が足りないと思うのはまだ早いです。

 

会社を辞めていく人を、「我慢ができない」とか「根性が無い」と言う人もいますが、

人それぞれの価値観を考えずにひとまとめにすることはナンセンスです。

特に気にする必要はありません。

 

なお、「最近の若いもんは、、」という発言は、いつの時代でもあることです。

今のおじさん世代も、若手の頃は確実に言われていました。

代々の受け売り文句です。

 

私の会社員時代を振り返ると、その会社の仕事に希望やゴールもないまま、しがみついているだけの人が大変多くいました。

ある程度の年齢の人であればまだしも、20代でもそのような人がいます。

価値観を失くして彷徨っているのか、自分を捻じ曲げて納得させているのか、何れにせよこの状態は一番避けてほしい状態です。

なぜなら、そのような人たちには、他人に希望や勇気を与えることはできないからです。

 

そうなるよりも、自分の次の可能性を信じて動いた方がずっと建設的です。

石の上にも三年という言葉もあります、まずは必死にやってみるべきなのですが、

ひたすら会社の価値観に自分を合わせよう、なじませようと考えることは危険です。

次に、会社に入っても続けるべき、たった一つの重要なことを紹介します。

社会人になっても続けるべきたった1つのこと

社会人になると本当に多くの経験をします。

所属した組織の中で、そこに合った知識や技能、上司や先輩との関わり方、コミュニケーションの要諦を迅速に覚えることは大切です。

 

一刻も早く会社に慣れよう、馴染もうと思う気持ちも当然あります。

先輩の振る舞い方や、話し方などを真似して身につけていくこともあるでしょう。

 

しかし、もっとも大切なのは、自分の軸を見失わないために、自分の価値観を考え続けることです。

実際、正しいと思い込んでいる先輩社員の言動の中には、その組織でしか通用しないようなおかしなことも少なくありません。

 

時代遅れなことや、非道徳的な考え方、犯罪すれすれの行為すらあります。

それを当然のこととして取り入れてはいけません。

 

日々忙しい中で、何も考えられなくなることもありますが、必ず週末などを利用し、1週間に1度は立ち止まって考えることが肝要です。

 

実際にあったことを思い出し、自分はどう感じたか、なぜ不満なのか、なぜ嬉しかったのか落ち着いて振り返ることです。

充実感が無ければ、なぜそう感じるのかを考えてみてください。

 

私の場合、社会人になって5年くらいが過ぎたあたりでしょうか、一人で考えているとき、よくこの言葉が出てきました。

映画「さとうきび畑の唄」でお父さん役の明石家さんまさんが、上官からアメリカ兵を銃殺するように命令された時の台詞です。

 

「私は、、こんなことをするために生まれてきたんじゃないんですよ!」

 

社会人 地獄

特に印象に残っていたわけではないのですが、考えていると、不思議とこの言葉がいつも浮かんできて自分に言い聞かせていたのです。

 

では「こんなこと」とはどんなことか?

なぜ違和感や嫌悪感を感じるのか?

これは逃げているだけなのか?

何をするために生まれてきたか?

どんなことをすれば満足なのか?

自問することを繰り返してきました。

 

色々な葛藤はありましたが、最終的にはそのおかげで、自分の軸をしっかりと持った上で、会社を辞めて新たな挑戦に踏み切ることができました。

 

実際に辞めることを決意した時には、会社にも慣れ、ある程度の身の処し方、処世術もわきまえ、楽をしようと思えばすることもできるようになりました。

給料も30歳を過ぎてよくなったタイミングでした。

それでも動けたのは、明確な価値観をもとに考え、行動したからです。

 

会社を辞めないケースでも、自分の価値観と向かい合うことをしないと、組織の弱点や、よくない点を指摘することもできません。

軸を持たないまま組織に染まることは大変危険なことなのです。

 

あわせて読みたい

面接の定番、尊敬する人は誰?こんにちは!Jimmyです。就職活動や転職活動の面接の時に、尊敬する人は誰かを聞かれることは少なくありません。 面接では定番の質問で、準備している人も多いのではないでしょうか[…]

面接 尊敬する人

どんどん変わっていこう!

 

どんどん変わっていこう

新しい経験をすれば、新しい価値観にも出会います。

時代も、周りもどんどん変わっていくのですから自分もどんどん変わっていけばよいのです。

 

最初に就職した会社、業界にとどまらなければならない理由はありません。

もちろん、最初の職場でやりがいを見つけて、前向きに取り組むことができるのであれば、無理に職場を変えるような必要はありません。

 

どんな職場にいようとも、たとえ妥協して選んだ職場であったとしても、仕事をする以上は何らかの経験ができます。

そこで感じたことは非常に大事です。

それを考えることで自分の価値観を作っていく(気づいていく)ことができるからです。

 

就職前に、不安で希望が持てないのは、働いたことがなく、わからないからです。

嫌な職場だなと思っても、そこで自分と向き合い考え続けることで、本当になりたい自分へと変わっていくことができるのだと思います。

 

なりたい自分、やりたいことが見つかれば、行動を起こす原動力になります。

勇気も湧いてきます。

入社当日に、地獄へ行くような気分だった私も、経験を通して、自分の価値観を考え続けることで変わっていくことができました。

 

あわせて読みたい

自己分析に終わりはないこんにちは!Jimmyです。就活をしている人を見かけると、自分の頃を思い出します。今回は、就活するのに避けては通れない「自己分析」の方法と、知っておくべき落とし穴の存在について紹介します。&[…]

就活 自己分析 方法
あわせて読みたい

充実した社会人生活を送るためにこんにちは!Jimmyです。みなさん、充実した社会人生活を送っていますか? 社会人として生活するということは、仕事、職場との関係無しには語れません。やりたいことを仕[…]

一緒に働きたい人

変化に対応するには若さが一番の強み

これからどんな時代になるのか、はっきり言って誰にも確かな予測などできません。

時代が変われば、考え方や価値観を、時には大きく変えていく必要があるかもしれません。

 

AIの時代になると、人の職業が奪われるというようなネガティブな話題を聞きます。

しかし、人間にしかできないことがより注目され、新しい職業も生まれることでしょう。

新しい職業が生まれるときは、若い人の方がチャンスが大きいに決まっています。

新たな時代

重要なのは、変化に対応する一番の強みは若さであるということです。

年を重ねていくと、人はなかなか変われません。

新しい価値観を持つことが難しくなるからです。

 

変化の激しそうな時代こそ、常に自分の価値観を考えるために、定期的に立ち止まって考えることをおすすめします。

新しいことへの吸収も、対応も若さは武器になり、有利です。

新しい時代をリードするのは自分たちだという気持ちでいるべきです。

 

経験に勝る先輩社員に比べて自分の不甲斐なさを痛感したり、上司に迷惑をかけてしまったりすることもあるかもしれません。

しかし、それは当たり前のことで、組織に長くいる方が、やり方やコツを心得ているからです。

 

何度も壁にぶつかるかもしれませんが、都度失敗から考え、自分の価値観を強く認識もしくは形成することが、人生を意味のある、そして幸福感のあるものにする重要なポイントなのです。

 

本題については以上です。以下に関連記事がありますので、よろしければ是非参考にしてください。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

自分らしさが大事

排除した新人教育が従来の定番ですが、これからの時代そのような企業は苦境に立たされます。おかしな新人教育を施されていないか、こちらも是非チェックしてみてください。

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。今回は、新人教育現場が時代遅れであり、社会で活躍する人間を育てる弊害になっていることについて書いていきます。新入社員、若手社員の人たちには、「自分らしさを忘れるべきではない!」というメッセージとと[…]

新人教育

 

関連記事

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。日本は、精神論や根性論が大好きな国であると感じます。そう言いながら、私はそれ自体が間違っているとは思いません。むしろ、非常に大事であり役に立つこともたくさんあると思います。注目すべ[…]

精神論 根性論
あわせて読みたい

会社を辞めたほうが幸せになれる人こんにちは!Jimmyです。日常、生きている中で、こんなことを繰り返し思っていませんか? ・急成長するスタートアップの記事を見て嫉妬する。・同世代、自分より若い人が活[…]

会社を辞めるべき人
あわせて読みたい

職場で苦手な人だらけの12年間こんにちは!Jimmyです。誰しも職場には苦手な人がいるものです。しかし、苦手な人とでも一緒に仕事をしなければならないケースもまた、誰もが経験するものです。[…]

職場 苦手な人
あわせて読みたい

日本人の労働時間は意外と短い?こんにちは!Jimmyです。今回は、消極的な仕事人間が多いという現状について理由とともに解説します。日本人の年間労働時間プライベートや家庭よりも、仕事を大切にする仕事人間というのは日[…]

仕事人間

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

社会人 地獄
最新情報をチェックしよう!