歴史教育の問題点、日本の過ちは隠す教科書

学校で教えられる歴史は誰が決めているのか?

こんにちは!Jimmyです。

前回、歴史を学ぶ意義について記事を書きました。

 

今回は、歴史認識についての国家間の違いと、いかに自分たちの都合が悪いことを省略しているかということに触れて書きたいと思います。

 

まず、歴史教育における根本となる「何をどう教えるか?」についてです。

学校では教科書を使って授業が行われます。

 

私たちが当たり前のように使用していた歴史の教科書の内容。

誰が決め、誰が検査するのか考えたことはありますか?

 

私は子供の頃、教科書に書いてあることは正しいことだと思っていました。

ほとんどの子供がそう思うでしょう。

 

日本の歴史教育の内容を決定しているのは日本国(文部科学省)です。

教科書が発行され、生徒に届くまでは以下の通りです。(文部科学省HPより抜粋。)

一言でまとめれば、学校で使われる教科書は、全て国のお墨付きが必要ということです。

 

①各教科書発行者(民間の教科書発行業者)は、(国が作った)学習指導要領等をもとに図書を作成し、文部科学大臣に検定申請します。

②申請された図書は、文部科学大臣の諮問機関である教科用図書検定調査審議会に諮問されます。文部科学大臣は、審議会の答申に基づき検定の合否を決定します。

③採択の対象となる教科書について、学校の設置者である都道府県や市町村の教育委員会(国立、私立にあっては学校長)が、どの教科書を使用するか調査研究を行い、その地域、学校に最もふさわしい教科書を採択します。

④採択された教科書は、教科書発行者により発行(製造・供給)されます。

⑤供給された教科書は、児童生徒に届けられ,使用されます。

 

偏った情報を鵜呑みにしている可能性

日本の歴史教科書の内容について、関係各国と論争になることがしばしばあります。

近年では、「新しい歴史教科書をつくる会」によって作られた教科書が、物議を呼んだことを覚えている方も多いと思います。

 

時々ニュースに取り上げられ、話題に上がることもあるので、歴史認識が国家間で違いがあることは、日本人であればみんな知っていることでしょう。

 

しかし、日本の歴史認識が間違っていると思う人は少ないのではないでしょうか。

私もそうであったように、教科書に書いてあることは事実だと、基本的に子供はそう認識します。

歴史教育 問題

 

よく韓国や中国が、歴史認識の訂正を求めたり、謝罪を求めて過激な言動やデモをしたりといった光景を見ることがあります。

日本人の多くは、それを冷めた目で見ています。

 

特に韓国、中国の歴史認識は、最初から間違っていると決めつけているのかもしれません。

少なくとも私は、高校生の時に、このような外国からの主張を聞いた時、日本が間違っているとは全く考えませんでした。

特に韓国、中国はおかしな国であるという印象を持ちました。

 

国が国民を情報統制し、マインドコントロールをしているのだと思っていました。

正しい歴史を教えていない、だから、国民は間違った認識を持ってしまっている、それでデモをしているのだと本気で思っていました。

 

テレビニュースを見れば、翻訳されて伝わる外国の主張は、敵対的で、感情を煽るように聞こえます。

そのようにメディアが工夫しているのでしょう。

そのような報道を見ているうちに、一層韓国、中国に対する印象が悪くなっていきます。

 

ただ、今になって強く思うのは、自分の歴史認識を決めつけないことが重要、ということです。

色々な見方ができますが、メディアや学校教育は、あらかじめ決められた方針に基づいている場合が多いので、それを鵜呑みにしていると、偏った見方のまま人生を過ごすことになりかねません。

具体的には、次に書いていきます。

日本の報道に対する違和感

私は、7年半の中国勤務を通して、中国の歴史に対する見方について学ぶ機会がありました。

日本を離れたことで、客観的に日本を見るということも経験できました。

 

日本の報道も恣意的で、国が意図しないものは報道されないようになっているのだと気づきました。

 

そうであれば、教科書についても、都合の悪い部分を載せないようにしたり、授業を短くしたりすることは、どこの国でも行われているだろうと思ったのです。

考えてみれば当然ですが、愛国心を持たせることはどの国にとっても重要なテーマです。

際どい話題は、あまり表に出さないほうが得策であると、教える側は考えるでしょう。

 

そう考えるようになったのは、中国の経済に対する報道のされ方と、自分が目の前で見ている現状との大きなギャップがきっかけでした。

 

新聞やニュースでは中国経済についての記事が毎日のように書かれていますが、私が中国に着任した2011年当時から、「バブル崩壊目前」、「不動産価格が異常」、「大減速の兆候!」のような書きっぷりが目立っていました。

または、外国で中国人観光客が非常識な行動をして現地から批判されたという類のニュースもよく見ます。

 

実際に中国経済を肌で感じてみて、日本の報道内容には疑問を持つようになりました。

大減速どころか、個人消費には勢いを感じ、不動産需要が実需層によって支えられている現実を知りました。

 

実態を捉えるのであれば、もう少し、「中国はもっと成長するから日本としては何ができるのか」、とか「中国企業の強みやそれができる背景」という趣旨の記事があってもよいのかな、と感じたのを覚えています。

 

事実、2011年当時から今に到るまで、中国は成長し、目まぐるしく変わっていきました。

経済成長は日本も認めるところでしょう。

更に、民度という点でも急激に改善していきました。

歴史認識 問題

実際に私が知っている中国と、日本で報道された中国のギャップが非常に大きい、

この事実から考えると、歴史のように過去に遡った出来事を解釈するにあたり、自国が有利なように解釈するのは必然ではないかと思うようになりました。

 

つまり、日本も情報操作、少なくとも情報の選り好みをしているのだろうと考える方が自然です。

 

中国に来るまでは、日本での報道は正しいと思っていましたが、客観的に考えれば、それは偏った考え方なのだと思います。

 

第二次世界対戦中も、日本が劣勢に立とうとも、日本軍の快進撃ばかりが取り上げられていたように、

いかに限られた、恣意的な情報しか流されていないかがわかります。

学校で習った近代史は一瞬

さて、日本の歴史の教科書を見ると、近代、特に戦争(世界大戦)のあたりは、大変大事な部分であるにも関わらず、習った記憶があまり無い、もしくは少ない人が多いのではないでしょうか。

私の記憶でも、近代以降になると、なぜか早送りで授業が進められ、先生から詳しい解説をされた記憶がありません。

 

中国人は、満州事変から終戦までの出来事をみんな知っています。

歴史に関心があまり無いと言われる若い世代の人も、日本人よりは詳しく知っています。

 

私の妻は中国人で、歴史には大変疎いというか、興味が無いのですが、この辺りのことは知っています。

当時学校で散々教えられたようです。

東條英機はもちろん、山本五十六も中国人はみんな知っているとのことでした。

 

ちょうど昨日、山本五十六の記事を書いたところ、妻が見ていて、「この人知ってる、中国ではめちゃめちゃ悪い人だと教えられているからみんな知ってるよ!」とのことでした。

 

日本人は、中国や韓国が歴史のことで何でこんなに熱くなっているのだろうと不思議に思っている人が多いようです。

それは、この戦争期間中を含む近代史については、日本では、意図的に教える内容を少なくしているからではないでしょうか。

 

そのような背景もあり、海外からは、日本人が歴史認識について自分の意見を言えないことに疑問を持たれることもしばしばです。

第二次世界大戦の教訓は何か

実際に私たちが受けた教育(記憶が曖昧なことも確かですが、、、)も国が作った指導要領に基づいています。

では具体的に、第二次世界大戦について私たちが実際に習って、特に覚えていることは何でしょうか?

 

一番記憶にあるのは原爆ではないでしょうか?

 

広島と長崎に原爆が落とされた。

世界で原爆を落とされたのは日本だけ。

今でも後遺症に苦しむ人がいる。原爆は恐ろしい、戦争は恐ろしい、絶対に戦争をしてはいけない。

再び戦争を起こさせない、それが今を生きる日本人の責務であると。

 

このくだりはほとんどの人が知っています。

原爆ドームが教科書に載っていたのを覚えています。

 

また、国家総動員で、貧しい思いをしながらも、お国のためにと我慢した国民の生活、本土空襲での被害、神風特攻隊の話なども多くの人が知っています。

 

では、日本が東南アジアに侵攻して多くの人を殺害した話、中国での大虐殺、陸海軍、日本政府の戦争に対する姿勢や誤った判断について詳しく解説されたことがあるでしょうか?

私はほとんど記憶にありません。

あったとしてもさらっと、流れるように終わったと思います。

 

これでは、日本は戦争の被害者のような印象をもつ子供がいてもおかしくありません。

韓国、中国が歴史問題を取り上げてきても、キョトンとしてしまいます。

 

原爆は恐ろしいもので、それが再び投下されるようなことがあっては絶対にならない、これは正しいことだと思います。

しかし、第二次世界大戦から学ぶべきこと、考えるべきことは平和の尊さだけではありません。

 

日本の陸軍、海軍がどれほど世界に損害を与えてきたか、

当時の日本の指導者たちの慢心がどれほど自国に被害を与えてきたか、

つまり日本人は被害者ではなく加害者でもあり、政府も大きな間違いを犯す、大事な決断ができない人間は山ほどいる、

これは大変重要な示唆として一人一人が認識するべきことです。

 

私たちが属する組織や社会にも、当然同じようなことが当てはまります。

歴史認識 問題

中国の歴史認識に接触 918博物館

中国、瀋陽にある918博物館。

柳条湖事件からの日本の侵略、及び抗日戦線の歴史がジオラマ等を用いて展示されています。

虐殺された後の場面など、写真も交えて生々しく展示されてあるところもあります。

 

柳条湖事件が起こった1931年9月18日を中国人は全員知っています。

日本の侵略が始まった日とされています。

瀋陽に来たからには見ておかないと、という思いで行ってみました。

 

中国語はもちろん、英語、そして日本語の解説もあります。

正直、中国共産党が作ったものらしく、平和を訴えるというよりは、日本への恨みを全面に押し出し、愛国心を煽っているという印象がまず先立ちます。

 

日本がまた帝国主義に走らないように、中国人は正しい歴史を深く刻み込み、監視する必要があるという趣旨で締めくくられています。

全てが正しい情報とは思えないですが、中国人が学んだ歴史に触れることができました。

 

731部隊をご存知でしょうか。

918博物館の一画にも731部隊のことが展示されています。

731部隊 (コトバンクより)
旧日本軍の特殊部隊で、正式名は「関東軍防疫給水部」。旧満州(現中国東北部)ハルビン近郊の平房に設置された。ペストやコレラによる細菌兵器の開発にかかわり、実際に使用したとされる。「マルタ」と呼んだ中国人やロシア人の捕虜らに、伝染病感染や凍傷などの人体実験を繰り返し、多くの犠牲者を出したと言われている。

 

身の毛もよだつ話ですが、当時日本軍による人体実験が中国人、ロシア人捕虜を対象に行われていたとされるものです。

生きたまま実験し、感染し、死んでいく様子を観察したとされています。

 

これについては、日本側では、人体実験をしていた有効な証拠が確認されなかったことがアメリカの調査で明らかになっているので、人体実験自体がでっち上げだったと主張する説もあります。

 

当時人体実験をした事実を証言した日本人がいたのですが、戦後ソ連に何年も抑留されてからの証言である等の理由で信憑性に欠ける、とするのがでっち上げ派の意見です。

 

本当のところはどうだったのか、考えることしかできませんが、でっち上げ説の方が無理があると私は考えています。

いずれにせよ、この話を学校で習ったという人は少ないようです。

真偽はわかりませんが、日本ではあまり知らされていないことが、外国ではみんな知っているようなことだったりします。

 

日本の歴史が海外ではどのように認識されているのかを知ることは、視野を広げる意味でも、海外の人を理解する上でも大変有効です。

 

あわせて読みたい

中国から見た日本、本当の日本はどんな国?

なぜ公平な視点が必要なのか 世界地図で考える

歴史教育 問題

公平な視点で歴史を見ることをしないと、いつか同じ過ちを繰り返すことになります。

戦争は絶対に繰り返してはならないと思っているだけでは不十分です。

 

緊迫した情勢で人は集団心理に陥り、普段ではしない決断をしてしまうこともあるかもしれません。

 

日本は被害者であり、悪いことはしないと思っていては、いつか同じ過ちを繰り返すのではないかと思います。

偏った考えは自分にとってもマイナスです。

外国の人や異なった背景を持った人の考え方、価値観を理解する上で弊害になるからです。

昔、私が銀行員になったばかりの頃、当時の頭取からの訓示で「世界地図で考えろ」と言われたことを思い出します。

会社にいた頃、偉い人の話で唯一記憶に残っている言葉です。

今や、世界との関わりの中で生きていかなくてはならないと仰っていたのだと思います。

 

日本だけのことを考えているだけでは不十分です。

公平な目で世界を見ることが大事です。

日本人とだけ付き合っていくわけにはいきません。

 

やろうと思えば可能でしょうが、自分の可能性を大きく縮めてしまうでしょう。

より公平な視点に立ち、背景にある考え方を理解することが必要です。

 

日本の過ちや間違っている点、改善していくべき点を考えることができる人は、世の中の本質を見ることができる人です。

歴史から学ぶというのはそういうことだと思います。

 

反省をするというより、歴史から学んだことを生かすことの意義が大きいのです。

幸いにも日本は言論の自由があり、色々な立場で意見を主張をしている人がいます。

主体的に情報をとり、自ら考えることで、そのような公平な視点を養っていくことが肝要ではないでしょうか。

 

あわせて読みたい

歴史を学ぶ本当の意味と3つのメリット

おまけ: スポーツと文化の偉大さ

他国の人が持っている歴史的背景を学ぶことは、国際的なコミュニケーションの機会が増えている現代では大変重要です。

その人の考え方、価値観、日本人に対する見方等は歴史認識が大きく影響を与えるからです。

 

しかし、そういった歴史認識の壁を感じさせないのがスポーツと文化です。

 

少し地元の話になり恐縮ですが、1999年、中日ドラゴンズが優勝した年、韓国三銃士と呼ばれた選手がいました。

リードオフマン李鍾範、先発ローテーションの一角サムソン・リー、あとは任せた宣銅烈。

この韓国人3人が大いに活躍しました。

ドラゴンズを優勝に導いた立役者です。

当時の少年にとって、彼らは間違いなくヒーローでした。

 

日韓関係、日中関係が悪くなっても、イボミ、セキユウティン(ともにゴルフ選手)は人気ですね。

また、文化面で言えば、日本のことを侵略者として教育を受けた中国人の中にも、日本のアニメの影響で日本を大好きになった人も多くいます。

武士道に魅せられて、海外から学びに来る欧米人もたくさんいます。

 

スポーツと文化は国の軋轢をも超える、ものすごい力があるのだと思う一幕でした。

スポーツと文化から、外国に興味を持ち、そのルーツや考え方を理解していくことも、素晴らしい方法です。

 

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

あわせて読みたい

こちらの関連記事も是非ご覧ください。

関連記事

こんにちは!Jimmyです。今は時代の過渡期と言われています。日本の将来はどうなるのか?断言することはできませんが、過去の歴史を振り返ると、面白いことに定期的な価値観の大転換が発生していることがわかります。今回は[…]

日本 将来

 

関連記事

こんにちは!Jimmyです。情報操作が当たり前に行われる世の中になりました。選挙の結果に影響を及ぼすなど、世界の行く末も変えてしまいかねません。 人間の意思決定は、社会構造の影響を受けると言われてい[…]

情報操作

 

こちらもおすすめ

坂の上の雲(あらすじ)歴史に興味を持つのにオススメな理由

 
 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

歴史教育 問題点
最新情報をチェックしよう!