人格否定発言などに動じないために知っておくべき対処法と考え方

こんにちは!Jimmyです。

会社などの組織では、上司や先輩による人格否定発言に苦しむ人が少なくないようです。

真面目な人ほど、真に受けてしまい真剣に悩むということにもなりかねません。

職場で人格否定発言があるような場合、ほとんどは都合の良い、おかしな解釈に基づいていますので、

本当に気にすることはありません。

人格否定発言を気にする必要がない理由と、発言に対して、心を乱されないようにするための心構えを紹介します。

会社の上司・先輩による人格否定発言はこう考える

人格否定

意外とある人格否定発言

会社に所属していれば、上司や先輩から人格否定された経験を持つ人は少なくありません。

言う側も、あまり意識することなく感情任せに言っているケースもあるからです。

受け取る側にもよりますが、他のサイトなどを見てみると、

「本当に無能だな」

「だからお前はいつまでたってもダメなんだ」

「社会人としてどうなの?」

「親の顔が見てみたい」

といった発言があるようです。

 

私が直接言われたものばかりではありませんが、会社員時代にたびたび聞いた言葉は、

「人としてどうかと思うね」

「人格を疑うよ」

「お前はそういう(ダメな)星の下に生まれてきたんだ」

 

さらに、軽い伝説となっていたのが、

「お前なんか、精子からやり直せ!!!」

でした。

 

最後の二つなどは、横から聞いていれば、ギャグのレベルですので笑ってしまいそうですが、

それでも言われた本人からすれば相当なショックを受けかねません。

言葉のチョイスは色々ありますが、人格を否定するような発言は意外と少なくありません。

 

ミスと人格の問題を混同しない

「人格と関係ないでしょ・・」

と軽く流すことができればそれでもよいのですが、そうではなく気にする人が多いのは、仕事のミスに直結しているからでしょう。

何かミスをした時に、それを指摘されるはずが、飛躍して人格にまで問題を転嫁させられることがあります。

言われた方も、単なるミスと人格の問題を混同してしまっては、受け流すこともできません。

 

例をあげます。

若手社員が慌ただしく仕事をしていて、手一杯になって余裕がなくなり、やるべき手順を飛ばしてしまうということはよくあることです。

突発的な対応に追われてパニックになっていたところ、報告ラインとして一報入れておくべき人に報告を忘れてしまった。

結果、その上司にこう言われた。

「この案件でお前のために動いてやっているのに、お世話になっている上司を飛ばすって、人としてどうかと思うけどね。」

 

完全に上司のヘソを曲げてしまいました。

似たようなことは割とよくあることだと思います。

予期せぬことで目の前が手一杯になって、上司への報告や、御礼の言葉、やるべきことを飛ばしてしまうケースです。

 

この後にも述べますが、ミスをしただけの話です。

なぜなら、意図的に上司を飛ばしたわけでもなく、手一杯になって余裕をなくしていただけだからです。

上司もそれをわかっているケースもあるでしょう。

それでも、気分が悪いから「人としてどうなの?」

「使えない奴」、「ダメな奴」という言葉が出てしまうのだと思います。

 

ほぼ都合の良い押し付け

考えてみればおかしなことにすぐ気づきます。

 

まわりくどいですが、三段論法で確かめるとこうなります。

  1. お世話になっている人に、大事な報告を忘れることは人としておかしい。
  2. お前は、お世話になっている上司に大事な報告を忘れた。

よって、お前は人としておかしい。

 

となるわけですが、飾り言葉で惑わされないでください。

 

①の部分、要は、報告を忘れることは人としておかしいと言っているだけです。

お世話になっているかどうかも、大事かどうかもその人の主観です。

報告を忘れることなどは、ただのミスとわかるでしょう。

 

正しくは、

  1. 報告を忘れることは、ミスをしたということだ。
  2. お前は報告を忘れた。

お前はミスをした。

ただ、それだけのはずです。

 

余裕のある上司であれば、一番の問題が、若手が余裕をなくして慌てていることだとすぐに理解できるでしょう。

「落ち着いてやれ!顧客に迷惑をかけるようなミスになってしまうぞ!」

と声をかけてあげられるでしょう。

 

上司や先輩からの人格否定があった場合、都合の良い解釈によるマウントであることが多いと思われます。

ミスしたところを改めるということだけに注力するべきでしょう。

 

もし、この件で顧客に迷惑をかける話になっていたら、

上司に共有していなければ、迅速な対応を取れない可能性があった。

だからあのケースではすぐに報告を入れておくべきだったと冷静に何がいけなかったのかを反省するということです。

 

また、本筋とは異なりますが、しなくてもいいような無駄な報告や儀式のようなこともたくさんあります。

上司をうまく、優良案件に関わっているような形にはめ込んだり、気分よく認可してもらうために有効なことがあります。

このような(面倒な)ことは組織であれば必ず発生しますので、

組織で立ち回るお作法と、調整能力、おさえるべき人をおさえる人が上に上がっていく構図になるのです。

 

なお、もしかしたらですが、

中には本当に人としてよくないことをしている人もいるかもしれません。

そうであれば当然反省が必要なのですが、

それについては後ほどお話しします。

 

人格否定に屈しない自分作り

人格否定

なぜ人格否定発言を流せないのか?

客観的に他人のやりとりを見ていれば、そんな人格否定に悩む必要などないのに、と思えるのですが、

実際に自分がそのような状況に陥ると悩んでしまうものです。

 

仕事でこのようになるのは、多くの場合、自分の動く指針が明確でないからです。

言い換えると、怖がりながら仕事をしているということです。

 

私も経験しましたが、何のためにやっているのか不明確な状態になることがあります。

特に顧客のためにやっているのか収益のためにやっているのか、会社のためにやっているのかわからなくなるケース。

倫理観がブレて、プレッシャーに押し潰されそうになりながら、周りが見えなくなっている状態。

何が正解で、自分の取るべき言動がわからなくなってしまう。

そんな時に、うまくいかなかったりミスをしたりして人格否定されると、意外と真に受けて悩んでしまうものです。

 

持つべきたった1つの指針

自分の人としての正しさを持つこと。これだけです。

簡単なことではありませんが、若手であっても常に意識するべきことです。

何度も人としての正しさと、他の指針とのジレンマに悩むことになると思いますが、

人格否定されるような、人として間違ったことは絶対にしないという強い気持ちは持っておくべきでしょう。

 

このような頼るべき軸があると、言動も精神状態も少しずつ安定するようになります。

周りから否定されることがあっても、落ち着いて対応できるでしょう。

これがない結果、集団心理も働いて、違法行為にいつの間にか加担してしまうということがよく起こるわけです。

 

なお、悪い安定の例が、人としての正しさではなく、利益だけを軸にすることです。

そうなると、迷うことなくこのようになります。

利益をあげたのだから間違っていない、

文句を言う奴は妬んでいるだけ、負け犬だ、

俺を否定するなら収益をあげてから言え!

となってしまうわけです。

 

あわせて読みたい

和して同ぜず 難しい世の中だからこそ際立つ必須の考え方

 

師匠的存在は外部で作る

先ほど、中には本当に人として間違ったことをしてしまった場合は反省が必要だと言う話をしました。

気づかないところで、よくない考え方が定着している可能性もあります。

誰にでも起こりうることです。

 

そのため、人としての行動を注意してくれるような師匠の存在があることが望ましいと言えます。

現代組織の同じ職場にいる人はあまりお勧めできません。

損得勘定や強固な上下関係、利害関係があるケースが多いからです。

 

会社ではない外部の知り合いで数人、自分の言動を注意してくれるような人が必要です。

師匠と言っても、普通の人で問題ありませんが出来るだけ自分のいる分野と離れた人がよいでしょう。

私の場合は、会社員時代であれば、よくゴルフをご一緒する他業界のおじさん、居酒屋のオーナーさんなどから、

「お前は、まだまだ人間ができていない」と言われることがよくありました。

優位性を示す必要もない人たちです。

あとでこっそり振り返って、考えてみるよい機会になりました。

 

まとめ

職場で人格否定をするような上司や先輩が少なくないようです。

優位性を示したり、マウントを取ってきたりするケースが考えられますが、

ほとんどの場合、人格否定されるような筋合いはないことで否定されていると言えます。

 

それでも、仕事のミスと関連づけて指摘されるため、

真面目な人ほど、真に受けてしまうということが起こります。

 

いかにも人道的に間違っているという大ナタを振りかざして、「人としてどうか?人格を疑う」

といった発言をしてくる人もいますが、都合の良い押し付けであると考えていればよいでしょう。

 

多くの場合、冷静に考えれば、ミスをしたからそれを改善するよう注意を促せばよいはずなのに、

飛躍して人格否定するようになります。

 

冷静に、ミスした原因と改善策を考えることに集中していればよいのです。

 

それができるためには、普段から意識して、人として間違ったことはしないという行動指針を自分の中に持つことです。

少なくとも人として正しい行動を取るという軸があれば、ミスと人格否定を混同するようなことにはなりません。

自信を持って、人として間違ったことはしていないと思えばよいのです。

会社のルールや要請、各人の置かれた立場、利害関係など様々な要素が絡み合いますが、

だからこそ、時間をかけてでも、自分の中の正しさという軸を作ることが、迷いをなくす近道なのです。

 

持つべき行動指針や、働き方に関する考え方について、以下の記事も是非ご覧ください。

 

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。仕事で押し潰されそうなプレッシャーを感じて胃が痛いという人へ、今回は、過度なプレッシャーから解放されて、スッと気持ちが楽になる思考法を紹介します。過度にプレッシャーを感じる人に多い錯覚まず[…]

仕事 プレッシャー

 

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。突然ですが、「出世する人の特徴を思い浮かべてみてください」と言われたらどんなことが頭に浮かぶでしょうか。仕事ができて能力がある人、といった特徴だけではなく、要領のいい人、ず[…]

出世する人

 

あわせて読みたい

こんにちは!Jimmyです。サラリーマン時代を振り返って、当時の思考に本当に欠けていたとハッとする経験があります。いつの間にか、会社の中のことばかりに視野が行ってしまい、社会に目を向けることをしなくなっていたことです。[…]

サラリーマン思考

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

人格否定
最新情報をチェックしよう!