住みにくい日本を脱出?海外移住する人が増え続ける理由

平成の30年間で2倍!増え続ける日本脱出

こんにちは!Jimmyです。

日本を脱出して海外移住する人が増え続けています。

 

多くの人が知っている通り、日本の人口はピークを超えて、減少局面に入っています。

それにもかかわらず、海外移住する人は年々増え続けている現状があります。

日本の総人口と海外移住者の推移

 

上のグラフ(総務省統計局のデータより作成)の通り、平成の時代を振り返ってみると、海外移住者は右肩上がりに増えていることが一目瞭然です。

 

ちなみに、海外移住者とは、仕事や学業などで海外に長期滞在している人を含みません。

つまり、永住権を取得して、そこで長期的に生活を営むことを目的にした人だけになります。

 

平成の約30年間で海外移住者は2倍に増えました。

50万人近くもの人が海外に移住しているのです。

 

海外各国を見てみれば、決して移住は珍しいことではありません。

中には内戦や宗教上の理由などから、命に関わる状況のために止む無く海外に移住する人も少なくありません。

 

しかし、当然日本ではそのような状況はありません。

私たちが小さい時から言われてきたのは、「日本は一番住みやすい国」だということです。

 

ではなぜ、こんなに多くの人が日本から離れ、しかも年々移住者が増え続けているのでしょうか。

明らかに増え続けている海外移住者のペースを見ても、問題が無いとは到底言えません。

増え続けているのには理由があります。

 

実際に多くの富裕層や若者が日本を離れています。

今回はその理由について書いていきます。

住みにくい、息苦しい国、日本!

日本に住んでいると、息苦しいと感じる人は少なくありません。

特に海外勤務や留学などを経験して、数年単位で海外に滞在したことのある人からは、よくこのような感想が聞かれます。

 

世界各国と比較して、日本は便利で安全であることは間違いありません。

それに意を挟む人はほとんどいないはずです。

 

(今のところは)インフラ、社会保障も整備されており、平和に安心して暮らせる環境は整っていると言えます。

それでも日本から離れる人がこれだけ多くなるのは、インフラや制度以上に、日本で生活することに対して大きなネガティブな原因があると言わざるを得ません。

 

日本 息苦しい

不寛容、無関心な社会

強い常識的規範を社会全体に求めているのが日本です。

公共の場所で、人の迷惑になるような行動はしてはならないという観念は多くの人が持っています。

 

日本人は特に、他人に対する気遣いを大事にします。

小さい頃から散々言われてきたことです。

 

これらは、ルールや常識を守ることで、公共の場所でも、お互いが安心して気持ちよく過ごせることが目的のはずです。

 

しかし、実際はどうでしょうか。

 

確かに、多くの人が非常に統一された常識的判断基準を持っています。

ところが、本来の目的である、みんなが気持ちよく過ごせるような社会になっているでしょうか。

なっているとは思えません。

 

お互いが監視し合い、牽制しているような感覚を持ったことはありませんか。

 

小さい子供が泣きわめいていると、途端にピリピリした雰囲気になり、迷惑そうな顔をしている人が多くなります。

そのイライラの矛先は小さい子の親に向けられます。

 

多くの小さい子供を持つお母さん(お父さん)が、そのような周りからの鋭い視線にどぎまぎした経験を持っています。

 

子供の例だけではありません。

相手の状況は関係なく、自分はしっかりルールを守っているのだからということで、周りに対しても高い常識的行動を当たり前のこととして求めます。

 

お金を払っているのだから、それに見合う(もしくはそれ以上の)サービスや恩恵を受けるのが当然の権利だと疑わない人がどれほど多いでしょうか。

 

今の日本は、社会全体に不寛容が蔓延しています。

他人の幸せに無関心で、お互い様という感覚がありません。

心に余裕が無いのです。

 

さらに悪いことに、その影響は子供にも及びます。

子供も不寛容でピリピリした人格形成を余儀なくされます。

 

所得も比較的高く、生活レベルも高い家庭であっても、子供の問題は絶えません。

荒んでいると言った方がよいケースも多々あります。

 

学童保育で長年勤務されているある先生は、都心(東京で言えば23区内)の子供ほど問題行動が多く、対応に苦労していると仰っていました。

都心に暮らすことができるのは、基本的には、所得が相対的に高い世帯です。

 

生活に困らないほどのお金の余裕はあっても、心の余裕は無いのです。

所得が多い分、激務をこなしているのかもしれません。

心の余裕が無いため、その余裕のなさが子供にも伝わります。

 

学校や保育施設に対して、少しのことでも大クレームになる事例はよく聞きますが、

忘れてはいけないのは、子供もそれを見て育つということです。

子供の問題行動も多くなるのは当然です。

 

そんな環境で子育てをしたくないと思う人が増えることも、息苦しい生活に嫌気がさす人が増えるのも不思議ではありません。

 

あわせて読みたい

以下に、モンスターペアレントが今いかにひどくなっているかについて記事を書いています。

興味のある方はこちらもご覧ください。

モンスターペアレント対応が悲惨な現状

 

働き方が異常

日本人の働き方は本当に異常です。

特に、被雇用者(サラリーマン)として働いている人たちの状況は年々悪化しているように見えます。

 

経済成長は何十年も低空飛行です。

ほとんど成長していません。

 

それでも、企業間では、既存のパイを奪い合うため、生き残るための競争が繰り広げられます。

一部の業界を除いて成長余地もない、商品の機能や性能にそこまでの大きな差はない、サービスにおいてもほとんど変わらないという状況です。

 

そんな状況で、他社にリードするために残された選択肢は、3つです。

新たな市場(ブルーオーシャン)を探り当てるか、徹底的にコストカットするか、人を使い倒すかです。

 

簡単に言うなと言われそうですね。

それもそのはず、

ブルーオーシャンを簡単に見つけられれば苦労しません。

コストカットは、もはやどこの企業でもやり尽くされています。

 

そこで、人を使い倒すのです。

当然人は疲弊します。

 

働き方改革については、いくらでも解釈の余地があります。

企業側からすればすり抜ける余地があるということです。

社員に残業代を申請させないようにするなどは朝飯前です。

 

サービス残業が当たり前の社会です。

成果や責任感につけ込み、勤務時間の正直な申請すら自主的にさせないようにしています。

つまり、記録に残らないようにするのです。

 

派遣業法の改定により、さらに企業が人を切りやすく、使いやすい状況を作り出しました。

大量生産時代に育まれた日本人サラリーマンの伝統気質も相まって、異常な働き方が蔓延するようになりました。(詳しくは以下の記事を参考にしてください)

そんな日本企業で働きたくないと考える人が増えています。

 

日本人特有の残業してしまう特性はこちら

日本人の働き方は異常、残業がなくならない理由

あわせて読みたい

日本の労働生産性がダントツで低い本当の理由

 

自分を見失いたくない

海外移住

長時間労働に代表される異常な働き方、不寛容な社会も相まって、自分の生き方を見失う、「生き方迷子」になってしまう人が増えています。

中には精神的な疾患を患ってしまう人も少なくありません。

 

日々あくせく働いて、自分はどこに向かっているのかわからなくなってしまうのです。

 

先ほど示した、教育現場の子供の例からもわかるように、余裕の無い親の元で育った子供は、なかなか希望や前向きな人生を想像することはできません。

生き方迷子になっていては幸せな人生は送れません。

 

日本人の幸福度(2019年)は世界で58位と参加国の中で真ん中よりも少しいい程度です。

GDPは世界第3位、平均寿命は世界一の国としては驚くほど低いランクす。

 

自分らしく、自分の人生を歩むために海外移住を決めた人も少なくないのです。

 

収入は日本より少なくても、多少不便でも、自分らしく幸福感を日々感じながら生きていく道を選んだということです。

 

あわせて読みたい

幸福度1位のフィンランドと幸福を感じない日本

 

税金、経済、諸々の事情

当然、海外移住する人の中には、金銭的な成功者も多くいます。

お金持ちにとって日本は、税金が安いとは言えません。

 

税金面からくる住みにくさから、海外に移住する人は必ず一定数はいます。

また、金持ちに批判的な日本と、金持ちが(比較的)尊敬される他国という図式も影響しています。

 

日本ではお金持ちに対して良い感情を持たない人が多いので、お金持ちになったら、平均的な所得の世帯とはほぼお付き合いする機会はなくなるでしょう。

 

金持ちからすれば、何を話しても「上から目線だ」、「調子に乗っている」などと勘繰られてしまうという話はよく聞きます。

そこで感じる面倒臭さや住みにくさもあるのでしょう。

 

なお、日本より税金が安い国は以前からたくさんあり、また、金持ちに批判的な雰囲気も昔からあまり変わっていませんので、海外移住者が近年急激に増加している要因ということにはならないでしょう。

 

一方、日本の経済的な発展や将来の社会保障の崩壊などを危惧して、海外に移住してしまおうという人は年々増えているように感じます。

これも先ほどまでに挙げた、不寛容や異常な働き方などの現状と、どうせ将来も明るくないのであればという考えが相まって決断に至ることが想像できます。

 

中国で暮らした感想と正直な比較

私は、仕事の関係で、7年半の間、中国で生活していました。(長期滞在)

赴任前は、日本人にとっては、日本が一番便利で暮らしやすい国であることに疑いを持ったことはありませんでした。

 

海外移住する人は、よほど海外の特定の文化が好きなのか、結婚などの事情でそうするのだろうと思っていたのです。

ましてや、私たち昭和生まれ世代にとって、中国と言えば当時、発展途上国という印象が当たり前でした。

 

加えて、食品への不安や日中関係を中心とした政治体制、マナー問題など、日本にいれば中国のマイナスイメージを持つのに事欠きませんでした。

 

しかし、実際に赴任して生活してみると、印象は全く変わりました。

 

食品問題、大気汚染などは引き続き心配な点ではありましたが、利便性やインフラといった部分では、日本よりも便利ではないかと思えることも多々ありました。

 

そして何より、(仕事以外の生活では)外に出るにも、何かをするにしても、気持ちが楽なのです。

 

もちろん言語は母国語ではない中国語なので、苦労することはありますが、それでも気持ちは楽なのです。

 

それは、周りの人が皆てきとうだから(いい意味でも悪い意味でも)ということもありますし、あまり他人の目を気にしていない(こちらもいい意味でも悪い意味でも)ことが大きな理由です。

 

オフィス街であっても、日本人のように、気難しい顔をして歩いている人はあまりいません。

人に何か聞いたり聞かれたり、物を買うにも、道を歩くのも、日本のような相互監視による息苦しさは全くありませんでした。

(監視カメラや関連当局の監視という意味では怖さはありましたが、これはまた別の問題です。)

 

日本を出て初めて、日本の息苦しさに気づきました。

問題もたくさんある国ではありますが、日本にはない良さもたくさんあります。

 

東南アジアでもヨーロッパでもアメリカでも、それぞれの良さがあります。

敢えて息苦しい日本でずっと暮らすという選択肢をしないという人がこれだけ多いのも納得できます。

 

中国に関する記事はこちら

カテゴリー:中国

日本脱出

伝統的な日本人の美徳をなくし、日本を息苦しくする企業文化

これまで、海外移住をする人が急激に増えている理由を書いてきました。

 

✅無関心、不寛容な相互監視社会

✅異常な働き方

✅生き方迷子にならない自分らしい幸福感を求めて

✅税金等の理由

 

一方で、もちろん日本の良さが全て消滅しているわけではありません。

 

例えば、スポーツ観戦後にゴミを拾うサポーターの姿や、外国人旅行客に親切な田舎の人たち、

震災などの非常時でも食料配給にしっかり列を作る姿など、これらは度々外国の人たちから称賛されています。

日本人が誇るべきアイデンティティーだと思います。

 

昔から、日本人にあった単純な損得勘定を超えた美しい行い、このような光景は、お国柄に関係なく称賛される行為です。

 

思いやりに満ちており豊かな心を感じさせます。

 

しかし、残念ながら、「ビジネス」の場になると、なぜか日本人の美しい心はどこかへ行ってしまいます。

ずる賢さと陰険さに溢れています。

 

日本の企業で働く外国人の多くは、日本人の働き方や考え方に賛同できません。

親切なはずの日本人はどこにもいません。

 

ずる賢く、陰険な日本人上司に悩む外国人社員は大変多いのです。

 

私が知り合った日系企業に働く外国人社員の多くは、日本人の上司に対して尊敬や肯定的な感情は持っていません。

 

日本人は、ビジネスの場では余裕がなくなり、相手が外国人であろうとも部下であれば日本人と同じような行動を求めてしまうのも特徴です。

 

日本でサラリーマンという働き方が一般的になったのはここ100年ほどの話です。

長い歴史の中で見れば、ごく最近の話なのです。

 

そんな短期間のうちに、あっという間に日本人に染み付いたビジネス時の人格が、働き方を異常にしているだけでなく、不寛容さや、余裕の喪失、迷子の生き方、そして幸福感の喪失を誘発しているように思えてなりません。

 

会社のために他の大切なことを犠牲にするべきという間違った忠誠心、

利益目的の犯罪すれすれの行為(完全な法律違反も最近では目立ちます)、

善意や弱い立場につけ込んでも良心の呵責すら感じない完全な拝金主義、利己主義、

これらが蔓延しているのが今の日本大企業です。

 

日本を脱出して海外移住を決める人が年々多くなっているのは、日本の近年の企業文化に端を発しているというのが私の考えです。

 

このままでは、間違いなく、今後も有望な日本人の流出が増え続けます。

 

所得を増やし、生活水準を豊かにすることだけを追い求める人生がもてはやされた時代はもう終わりです。

 

人として、何が本当に豊かなことなのか、どんな生き方が本当に幸せなのか、時間をかけて価値観を少し変えてみることが今の日本人に最も必要なのかもしれません。

 

人生の悩みを抱えた人に向けて根本的に自分と向き合うための記事を書いています。以下の記事も是非参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

関連記事

こんにちは!Jimmyです。これまで、人生の悩みを相談したり、解決方法を探したりしてきたけれど、効果がなかった人、今も悩み続けている人に向けて、根本的な問題と考え方を伝えるための記事を書きます。人生相談や人生の悩みに関するたくさ[…]

人生相談

この記事を読む

 

 

その他オススメ記事

関連記事

こんにちは!Jimmyです。相手を思いやることは、人と関わる上で必要であると多くの人が認識しています。一方で、相手を思いやること、共感することは簡単ではないなとよく思います。思いやりの程度が低すぎてもダメで、高すぎて[…]

相手を思いやる

この記事を読む

関連記事

「変わってる人」と言われて否定された気持ちになる人へ「変わってるね」に対してネガティブにならない!こんにちは!Jimmyです。日本人は特に、人から「変わってるよね」、「変わった人ですね」という評価に対してネガティブになりがち[…]

変わってる人

この記事を読む

関連記事

こんにちは!Jimmyです。今回は、中村天風さんの名言が詰まった、「幸運をひらく166の言葉」という本を紹介します。心の状態が不安定な時に読むことをおすすめします。中村天風 幸運をひらく 166の言葉(著者)中村天風 (公益[…]

中村天風

この記事を読む

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

海外 移住
最新情報をチェックしよう!