本当のリーダーシップとは何か?古今東西、究極のリーダー論まとめ

こんにちは!Jimmyです。

リーダーシップとは何か、古今東西様々なリーダーシップ論や、過去・現代の素晴らしいリーダーに関する書籍などをもとに研究し、自分の拙い実体験も踏まえて長年考えてきました。

 

今回、難しい現代を生きるリーダーにとって、必要なリーダーシップについてまとめた記事を書きます。

前半で、リーダーシップがますます重要になる背景、現代のリーダーに必須な条件を中心に紹介し、

後半には厳選したリーダーシップ論や偉人の話、書籍などを紹介することにします。

 

リーダーシップについて本気で考えている人の参考になれば幸いです。

リーダーシップとは何かを追求した10年間

リーダーシップの重要性がこれまでになく高まっている

リーダーシップの重要性は、過去に例を見ないほど高まっています。

理由となる背景は3つあります。

 

  • 組織や問題が複雑化し、対処しなければならない領域が増えていること。
  • 技術の進化により、変化のスピードが一昔前とは比べ物にならないほど速くなっていること。
  • トップの利己主義、拝金主義や、企業の集団不正など、リーダーシップに対する不信感が高まっていること。

 

つまり、より洗練されたリーダーとなる人が求められるようになったということです。

そうでなければ、難しい局面を引っ張っていくことは、今の時代とてもできません。

組織全体のためにも、また働く人たち一人一人の幸福のためにも、優れたリーダーが必要な時代です。

 

リーダー不足の世の中:私の経験より

特に日本の組織は本物のリーダーが圧倒的に不足しています。

組織に対しての肯定感や、働きがいがいを持っている人がいかに少ないかを考えれば明らかです。

ちなみに、日本人の会社員で、仕事に対して高い意欲を持っていると答えた割合はなんと6%です。(アメリカギャラップ社の調査より。)

 

私自身、大企業の組織の一人として12年弱働いた経験があります。

景気もよくない世の中とはいえ、能力、スキルという点では、大変優秀な人をたくさん見てきました。

素直にすごいと思えました。

成果を出す人、難しい事案をコントロールし、まとめる上司、自分よりもはるかに能力の高い人たちを前に圧倒されることもありました。

 

一方で、リーダーとしてどうかと考えると、とてもついていきたいとは思えないことばかりだったというのが正直な思いです。

はっきり言ってしまえば、リーダーとしての素晴らしい人格を持った人は非常に少なかったということです。

(もちろん”リーダー”として見ているのであって、一人の人間全体の人格を言っているのではありません。)

 

自分が描くリーダー像が理想的すぎるのか、現実離れしているのか、考え方が間違っているのか、

そんなことも何度か脳裏をよぎりましたがが、どうしても納得することができませんでした。

 

私自身、小さな拠点の課長職を経験させてもらいましたが、その中でも実践し、考え続けました。

会社を辞めるまで、そして辞めてからも考えることが続きました。

 

今後、自分が素晴らしいリーダーになるためでもありました。

様々な人と会って話を聞いたり、書籍を読んだり、セミナーに参加したり、様々な考えを巡らせました。

 

後ほど詳しく紹介しますが、端的にまとめると、3つの要素が素晴らしいリーダーには不可欠で、それが圧倒的に足りない人が多いという結論に至りました。

 

✅率先垂範

✅確固たる信念

✅自己を超越した目的意識・大義名分

全ての成功者に共通する先天的な性格や技能は無い

いくつかの研究の中でわかっていることは、全ての偉大な成功者に共通するような、先天的な性格や特定の技能は存在しないということです。

 

世の中で高く評価された成功者の中でも、特徴や性格は実に様々です。

得意とする技能についても様々で、成功するには絶対にこれを習得する必要があるというような法則はありません。

 

逆にいえば、どんな人でも、努力次第で、優れたリーダーシップを会得することは可能であるということです。

社交的で話好きの人ばかりではなく、どちらかというと内気な成功者もいます。

数字が苦手な成功者もいれば、クリエイティブではない成功者もいます。

 

一方で、多くの書籍や偉人伝などを参考にしていると、素晴らしいリーダーになるために備えなければならない条件にはいくつかの共通点が発見されました。

自分自身の経験も踏まえて、決定的に重要な要素があります。

次に詳しく紹介します。

 

リーダーの資質は、努力次第で身に付けることが可能。

古今東西から厳選、最強のリーダーに必須の3条件

率先垂範

1つ目の条件は、率先垂範、自ら人の先頭に立って、模範を示すことです。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これをしないリーダーが少なくありません。

特に大きな組織のリーダーにおいては、ほとんどいないと言っても過言ではありません。

 

リーダーになれば、自分から手を動かしたり、先頭に立つことは確かに少なくなります。

部下にやらせればよいからです。

そしてリーダーとしての職責(組織として定義されたやるべきこと)の中にも含まれていません。

 

何より、自分で動けば手間もかかり、かつ失敗のリスクもあります。

率先して動くことはすなわち、リスクを自分で背負うことです。

これについては、上司はとことん避けます。

自分の手を汚すよりは、部下の失敗の尻拭いの方がはるかに精神的にも体力的にもラクなのです。

 

席に踏ん反り返っているようなリーダーは今の時代、少しは減ったような気もしますが、率先垂範できるようなリーダーは少ないのが現状です。

実際には、率先垂範して模範を示して、だれよりも苦労をしてこそ、人はついてくるものです。

 

そんなことをすれば、他の重要な仕事ができなくなるという人が多いと思いますが、そういう人ほど実際には時間がたくさんあって、無益なことばかりをしています。

部下のやる気を引き出し、行動力や創造性を発揮させるという効果を考えれば、非常に優先順位は高くなるはずです。

 

率先垂範については昭和の軍人、山本五十六の言葉がぴったり当てはまります。(山本五十六の詳細については後半に記載します。)

やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ

まず一番はじめに「やってみせ」なのが肝要です。

 

母艦への着陸に失敗し、海に落ちそうになった部下が乗った軍機を、なりふり構わず走って追いかけ、尾翼を掴みにかかった姿を見れば、言葉で「部下を大切にしている」と何万回言うよりも、絶大な効果があるのです。

これは、実際にあった山本五十六のエピソードです。

 

率先垂範は、リスクをとり部下よりも苦労すること。だからこそ部下はついてくる。

確固たる信念

確固たる信念は、自分が生きていく上で、或いは仕事をする上で大切にしている絶対的な行動指針と価値観です。

信念のある人の行動は、それが無い人と比べて明らかに違います。

 

  • 困難な状況や、試練から逃げない
  • 行動性に一貫性がある
  • 責任を取る
  • 部下を本気にさせる

 

信念がないリーダーには、軸がありません。

自分を支えるような高邁な考え方も倫理規範もありません。

あるのは自己防衛と自己正当化のためのテクニックです。

 

そのため、信念のあるリーダーと真逆の性質を持っています。

そのようなリーダーは、どの職場にも必ずいるように思います。

 

自分の立場が危うくなりかけると、すぐに逃げます。

中にはあからさまに気づかれないように、上手にフェードアウトしていく人も少なくありません。

 

また、言うことがコロコロ変わる、責任を取ることができません。

基本的に行動指針は、自分の立場を守ることを第一とし、組織の方針に従うことだけを考えます。

 

そのため、何かしら部下に対して説得するような場合においては、

二言目には、「ルールだ、規則だ、会社の方針だ、あの役員の指示だから」という言葉しか出てこないのです。

自分の信念に基づいて部下をやる気にさせることも引っ張っていくこともできず、会社の規則や方針、職位を理由に動かすことしかできないのです。

 

確かに、今の時代、組織においては、会社の規則や上の指示に従うことは必要ですが、信念がないと、流されるだけの人間、或いは上手にやり過ごすことだけが得意な人間になってしまいます。

これでは人はついてきません。

能力を発揮させることもできません。

ついてきているのは上司に対してではなく、会社の規則があるから仕方なく従っているだけです。

 

過去の多くの偉人、そして世界中から賞賛されるリーダーは、トップでないときでさえ、確固たる信念を必ず持っていました。

そうでなければ、何度となく直面したであろう困難(しかも並大抵のものではない)に対して、組織や部下を統率して、乗り越えることはできなかったでしょう。

困難な状況でさえ、部下を惹きつける機会に変えてしまうのが、信念の力と言えるかもしれません。

 

日本一貧乏で財政破綻寸前の米沢藩を日本一豊かな藩に変革させた上杉鷹山などは、まさにその典型です。

立場、状況、全てが逆境の中でのチャレンジは、確固たる信念なしには到底できなかった偉業です。

(上杉鷹山についても後で詳細を記載します。)

 

困難な状況を乗り越え、部下から信頼されるためには、自分の信念を持っていることが不可欠。

自分を超越した目的意識・大義名分

自分を超越した大義名分のために行動できる力です。

ここまでは、一般組織のリーダーに求めることは難しいかもしれません。

しかし、素晴らしいリーダーシップを持った過去の偉人、現代の成功者たちは、必ず自分を超越した大義名分、利他の心を発揮しています。

 

多くの場合、利他、大義とは地位や名誉という立場、金銭的な欲望を超越した価値観に基づいています。

先ほど説明した信念の上に成り立つといってもよいかもしれません。

 

目先の自分の利益や立場にとらわれることなく、大局的な判断をすることができます。

極限の状態では、精神状態を正常に保つことは大変難しいと言えます。

 

「少しくらい・・」という気の緩みや、自分の立場や利益に目が眩んだことにより、不正や法律違反などの間違った道に進んでしまう事例は、最近では枚挙にいとまがないほどです。

 

優れたリーダーシップを持つ成功者も、同様にそのような難しい選択を迫られる局面はあったはずです。

そのような時に、正しい判断、冷静な判断を下すことができるのは、まさに自分を超えた一つ二つ段階の高い視点で物事を見ることができたからです。

 

京セラの創業者でJALの再建を見事に成し遂げられた名経営者稲盛和夫さんも、ご自身の著書で、繰り返し、「世のため人のために」という視点で考えることの重要性を説いておられます。

 

また、多くの優れたリーダーは、部下に対しても利他の精神を発揮します。

部下を自分ごとのように考えていたリーダーが多いことに驚かされます。

 

1400年前も昔、中国(唐の時代)の太宗は、部下のことを自分ごとのように扱うことの重要性を既に認識しており、それが貞観政要に記載されています。

大変優れた政治体制は有名で、長い中国史の中でも、最も安定した体制を作り上げたことで知られています。

 

部下を自分ごとのように扱い、部下に利することを考えてあげられるリーダーのもとでは、必然的に部下は団結し、能力以上のものを発揮するのです。

(稲盛和夫さんのお話、貞観政要の要点はこの後詳細を記載します。)

 

✅自己を超越した大義を持つことで、困難な局面でも一段高い視点に立ち、ブレない判断を下すことができる。

✅部下を自分ごとのように思う心があれば、組織は能力以上のものを発揮する。

 

あなたにあったリーダーシップを見つけよう!

ここからは、厳選した、特に素晴らしいリーダーシップに関する書籍や、偉人伝、リーダー論について紹介していきます。

自分の心を揺さぶりそうなテーマを見つけて、好きなところからご覧になってください。

 

厳選リーダーシップ論から学ぶ

最新のリーダー論と1400年前のリーダーシップ論をピックアップしました。

どちらも、大変オススメするリーダーシップ論です。

必見!MBAでも話題のオーセンティックリーダーシップとは?今必要な自分らしさ

オーセンティックリーダーシップ
MBAの授業で最も人気を博したことでも知られる最新のリーダー論、オーセンティックリーダーシップ(自分らしいリーダーシップ)について解説します。今の時代に必要な考え方が詰まっています。論文を参考に、身につけるためにやるべきこと、落とし穴や注意点を踏まえて説明します。

貞観政要に学ぶリーダーの要諦、1400年を経ても変わらない大切なこと

貞観政要
中国史上最も安定して理想的な時代を築いたと評される唐代の太宗から学ぶリーダの要諦を紹介します。貞観政要には太宗と家臣の問答がまとめられており、1400年が経過した現在でも多くの経営者やリーダーによって読まれています。

 

オススメの書籍から学ぶ

現代のリーダーが読むべき本を選びました。

基本的には要約かポイントを記載しています。

道は開ける デール・カーネギー

道は開ける
時代を超える超ロングセラー、D・カーネギーの「道は開ける」。人が不安に打ち勝つための方法を、膨大な人の実体験をもとに導かれています。要約とレビュー、お勧めする理由を書いています。

「超」入門 失敗の本質 全ての日本人が読むべき理由

失敗の本質
第二次世界大戦の日本軍の失敗を、経営学的見地から分析することで、日本に共通する組織的課題を考察した原書「失敗の本質」から、現代経営に通じるエッセンスを取り出し、現代企業の事例を交えてわかりやすく解説された良書です。現代のリーダーが読むべき内容です。
考え方
稀代の名経営者、稲盛和夫さんの名著「考え方」。人生の指針となる考え方について稲盛さんの経験から導かれた教訓を紹介されています。人生・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力。
人の上に立つ
人々を惹きつけ、物事を成し遂げるリーダーになる法則は何か。世界一のメンターと呼ばれる著者が、成功者の共通点から導き出されたリーダーが持つ21の人格的資質について書かれた本です。人の上に立つ多くのリーダーに読まれています。
大富豪アニキの教え
バリ島に住む日本人大富豪、アニキの教えを綴った本です。成功するための教えであり、正しい生き方を説く教えでもあります。今の日本人に足りないことを考えさせられる素晴らしい内容になっています。

 

歴史上の偉人から学ぶ

現代にも通じる、歴史上の偉人の考え方や実績を振り返ります。

いくつもの世代を超えて、今なお賞賛されている人ばかりです。

人がついてくる、そして成功を収めるためのリーダーシップとは何かを考えるきっかけになるでしょう。

ケネディも尊敬した究極のリーダー、上杉鷹山に学ぶリーダーシップ

上杉鷹山
日本一貧しい米沢藩を日本一豊かな藩に変革した上杉鷹山は後世の多くの偉人たちに影響を与えた真のリーダーです。鷹山がなぜこれほど高邁な人間になれたのか背景を探り、実際に行った施策を紹介し、困難を乗り越えることのできたリーダーシップの本質、鷹山の人格の真髄について考察します。
田中角栄
類まれなる胆力と人心掌握術を駆使して絶大な影響力を誇ったリーダー田中角栄の凄さの源流を探ります。当時の混沌とした時代に必要とされたヤクザ社会とそこから田中角栄が学んだことは大きな関係がありそうです。
乃木希典
乃木希典から日本人が忘れているリーダーの資質を学び取ることができます。乃木のリーダーとしての真髄は、無私無欲、覚悟、誠意(思いやり)に集約されると思います。そんな乃木大将の生涯とエピソードを紹介します。
山本五十六
今なお多くのリーダーの指針となっている山本五十六の言葉。批判もありますが、日本の運命を担う大事な場面で多くの人を引きつけたリーダーであることは事実です。今過渡期にある日本において必要とされる真のリーダー像を考えます。
土方歳三
かっこいい生き方の代表格、新選組の副長土方歳三の生き方は多くの人を惹きつけます。幕末という激動の時代を生き、新選組という荒くれ者の集団を率いたリーダーとしての土方歳三のすごさと人生を解説します。
シャルル・ド・ゴール
フランスを戦勝国に導き、歴史上に大変大きな影響を残したフランスの元大統領シャルルドゴールは知っておくべき人物です。真のリーダーとは何かを考える上で重要な示唆を与えてくれます。シャルルドゴールの功績、生き方を学ぶと、日本の弱点や有事への対応を考えさせられます。

私の主張!

信念とは何か?後悔しない人生のために、自分の信念の見つけ方

信念とは
個人の時代、働き方が多様化する時代でこそ、個人レベルの信念とは何かを考えることが必要になります。幸福感を持って自分の人生を迷わず生きるために必要な信念の見つけ方を、私の経験を交えて紹介します。これでもかというくらい自分史を振り返ることで本当の自分が見えてくることに気づくはずです。

尊敬できない上司がする指導の勘違い、愛のムチには器量が必要!

尊敬できない上司
尊敬できない上司は、間違った厳しさで指導するケースが多いです。部下の成長には厳しさが必要だとする言葉を金科玉条として自分よがりの行為を正当化しています。愛のムチは誰もが扱えるような簡単なものではなく、器量が必要なものです。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

LINE公式アカウントを設定しました!

今後こちらからの発信も計画しています。よろしければ友だち追加をお願いします!

友だち追加

 

今後のためのアンケートにご協力ください

 

いつもProject Jをご覧いただきありがとうございます。Jimmyです。

今後、より良い求められる記事を書くために、以下のアンケートにご協力をお願い致します。

また、別途オンラインサロンを企画しています。興味のある内容、こんなサロンがあったらおもしろそうだと思うものがあればチェック、もしくはご記入いただけますと幸いです。

 

ご協力いただきありがとうございます!!

リーダーシップとは
最新情報をチェックしよう!